トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月 1日 (水)

勉強を始めよう!放送授業とテキストのしくみ

さて、入学が許可され授業料を納付したら、放送大学から印刷教材(テキスト)が送られてきます。そしていよいよ、放送授業が開始します。

学期完結型の放送大学では、4月1日と10月1日がそれぞれの学期の放送授業初日になります。土日祝日カンケイなし! 通う必要がないから当然ですネ。

もちろん、授業はビデオ、テープに録画・録音しておくことをオススメします。一回聴いただけでは消化できません。フリップなどやCGを使った解説もありますから、それをノートに書き写すためには、一時停止などの機能がとても便利です。わからなかった箇所は繰り返し聴いて理解を深めることができます。

しか~し。

ここからはナイショ話しですので、真面目な方はあまり読まないほうがいいかも(笑)。

私は放送授業をあまり熱心に利用しませんでした・・・(>_<)。特にラジオはまったくといっていいほど聴いていません。なぜなら、内容のほとんどは印刷教材に書かれているものと同じだからです。

どの科目の印刷教材も、全部で15章に分かれています。放送授業も全15回です。教材と放送授業は互いにリンクされていますから、教材の第1章の内容は、放送授業第1回目と同じ内容です。しかも学生に配布する教材をそのまま読むだけの講師が多いのです。ですから別の放送を聴かなくても、印刷教材をしっかり読み込こんでおけばOKな場合が多いのです。

ところが、そんな風に手を抜いていたあるとき、一筋縄では行かない事態が勃発しました。

あれは「ユング心理学」というラジオ授業の科目を履修したときのことです。ちょうど通信指導(中間テストのようなもの)の提出が差し迫っていた時期でした。印刷教材を片手に選択問題と格闘していたのですが、いくら教材を読んでも答えがわからない問題ばかりに出くわすのです。
まさかと思って、私は慌てて放送授業のテープを回しました。一本のテープを聴き終わったとたん冷や汗だらり(・_・;)。
そうです。その科目の放送授業では、教材に載っていない内容が延々と話されていたのです! 

問題が解けないのは当たり前でした。私は他の科目の通信指導をほっぽり出して、ためていたユング心理学の放送授業を聴きまくり、必死でノートを取りました。

こんなこともあるのです。やはり放送授業は、最低でも一回は聴いておかないとあきまへん(^_^;)。真面目な人が最後には勝つ。それが放送大学です。

でも実際、特にテレビの放送授業は面白いものが多いのでぜひ観てほしいと思います。例えば私が履修した「世界の教育」や、高橋先生の「国際政治」、「コミュニティ論」、「地球環境を考える」などは、世界各国の現状をテレビカメラとともに現地取材していますから、資料映像としてもすばらしいものばかりです。

英語のテレビ授業もなかなかのものでした。NHKのテレビ語学番組並みのクオリティの高さ。しかも一回の授業時間がNHKと比べて長いので、解説もていねいです。
ドラマや映画で学ぶ英語なんてのもありまして、同じドラマを同じシーンを、一回の授業の中で4、5回は流すという贅沢さです。もちろん、ドラマで使われた表現の応用コーナーもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学費・学割について

学費についてお話しましょう。
入学金やら授業料やらは今後変わる可能性もあるので、細かい数字はこちらを見てください。

ただ面白いのは、放送大学では「年間いくら」ではなく、「1単位いくら」という形で授業料を徴収しています。休学中や授業を履修できない学期は、一切の学費を払う必要がありません。なので卒業までのだいたいの総額は、

入学金+1単位の金額×履修科目数

になります。これに各自必要に応じて面接授業で使う教材費や、面接授業や単位認定試験のときの交通費が加算されます。回数券・普通乗車券については学割がききますが、通信制なので定期券の購入はできません

ついでに学生証の話しも。映画・美術館・博物館などの施設を大学生料金で楽しむことができます。大学生割引の設定がある施設に行くときは、学生証を携帯しましょう。私はこれで映画のほかに網走監獄・古代エジプト展・アイヌ資料展など、色々な展示を楽しみました(笑)。あ、何かのパソコンソフトも学割で買ったような記憶が。でも旅行などの長距離運賃に使えないのは残念です
学生証は写真入りなので、運転免許証を持っていない私には身分証明書の代わりにもなり、TOEIC受験のときなどに大活躍でした。学生証、取り戻したいです(>_<)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

願書提出⇒入学時期・科目・学習センターを決める

放送大学で学ぼう! と決めたら、願書を入手します。願書を出したのはもうずい分前の話しなのでほとんど覚えていませんが、記憶をふりしぼりましょう(^_^;)。

願書は大型の書店に置いてありますし、放送大学のホームページから取り寄せることができます。その際、新規入学者用と再入学者用の2種類があるので気をつけましょう。ここでは、新規入学についてお話します。

まず入学時期について。放送大学は1年を2学期に分けています。基本的には1学期完結型(ただし、卒業研究は春から一年間の履修です)なので、春(4月)、秋(9月)のどちらでも好きな時期に入学できます。

願書には「履修希望科目」を記入しなければなりません。放送大学は無試験で入れるので、願書提出=さっそく科目申請 になっているのです。

専攻を決めたら、願書に同封されている授業科目案内をよく読んで、初めての学期に勉強したい科目を決定します。案内には、専攻ごとの科目履修モデルも載っているので参考にしましょう。
通常の大学のように、1、2年は一般教養を学ぶという制約が放送大学にはありません。共通・専門科目に限らず好きな科目を選んでよいわけですが、単位認定試験の日程に注意してください。

各学期の終わりに単位認定試験を受けるわけですが、科目申請の時点で試験の日程が決まっており、複数の科目が同じ日、同じ時間に設定されています。しかし同じ日時に複数の試験を受けることは物理的に不可能です。付属の単位認定試験の日程表とにらめっこしながら、試験日時が重ならない科目を選んでください。また、願書提出の時点では面接授業の申請ができません。

願書には「所属学習センター」も記入しなくてはなりません。学習センターとは、面接授業や単位認定試験を受けたり、放送授業のビデオやテープが視聴できるところです。各地域にありますので、その中から自分が行きやすいセンターを選びましょう。

その他の必要事項を記入したら、いよいよ提出です。全科履修生として入学したい方は、高校卒業や大検の証明書も提出します。しかし、母校へ証明書を受け取りに行かなくても大丈夫。証明書の代わりに卒業証書をコピーして同封してもいいのです。私は入学当時、故郷から離れて暮らしていましたが、幸い高校の卒業証書が手元にあったので、それをコピーしました。もちろん、なんの問題なく入学が許可されました。

全科履修生の3年次編入を希望される方は、以前の大学で取得した単位証明書を提出しなければなりません。詳しい手続き方法はちょっとわかりかねますので、各自で調べてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送大学で取得できる資格

放送大学で学ぶことにより取得できる資格がいくつかあるようですが、残念ながら私は自分の専攻した心理学についてしかわかりません。他の資格についてはこちらを参照してください。ここでは心理学関係の資格について説明したいと思います。

日本心理学会 認定心理士

まず、学会のホームページからこの制度の目的について引用させてもらいます。

「認定心理士―心理学の専門家に対する資格認定とは心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と技能を修得している、と日本心理学会が認定する制度のことです」。

要するにですね、これは「大学で心理学を勉強しましたよ」と証明するための資格制度なのです。なんでそんな制度が必要かというと、心理学という学問は“心理学部、心理学科”と呼ばれていない学部や学科でも勉強できるからです。例えば教育学部とか福祉学部とか。そうなると、学部の名前を見ただけじゃ本当に心理学を勉強したのかわからない。逆にいうと、「心理学科」という名前がついた専攻で勉強していれば、この資格を取る必要はないともいえます。

ぶっちゃけて言いますと、この資格を持っていても、即「心理の仕事」に就けるわけではありません。ただし、初級産業カウンセラーの資格を取りたいとき、この資格を持っていれば1次の筆記試験が免除される可能性があります(詳しく調べていないので、あくまでも想像です)。
また、ボランティアで電話相談員などを希望する場合、最低でも大学で心理学の基礎を習得している必要があります。そんなとき、この資格があれば便利です。

この資格の取得条件を学会のホームページから抜粋してみました。

(1) 16才以降少なくとも2年以上日本国に滞在した経験を有する者。

(2) 学校教育法により定められた大学、または大学院における心理学専攻、教育   心理学専攻、または心理学関連専攻の学科において、別表に掲げる科目を履修し、必要単位を修得し、卒業または修了した者、および、それと同等以上の学力を有すると認められた者。

(2)に別表の科目を履修するとありますが、この表は各学習センターの事務局でもらえます。履修しなければならない科目がけっこうあるので油断できません。ですから、在学中からこの表を手に入れて、しっかりチェックをしながら履修する科目を選んでいきましょう。

その際、特に注意しなければならないのが実習関連です。放送大学では実習は面接授業で取得するわけですが、この面接授業、必ず希望の科目を取得できるわけではありません。特に心理系の面接授業は履修希望者が多い割りに開設授業数が少ないため、抽選待ち(優先順位待ち)になる可能性があります。なので、なるべく早いうちから実習の履修希望を出しておきましょう。きっと何度も抽選から落とされます。それでもこの資格を目指すのなら、めげずに気長にトライすることが肝心です。

別の大学で別の学科を卒業している方は、すでに大学卒業の条件を満たしているため、選科履修生として心理学を学ぶ道もあります。しかし面接授業の履修は全科履修生が最優先になるため、全科履修生の3年次に編入して再度卒業を目指すか、必要な単位が取れたら途中退学する人が多いようです。

大学を卒業して必要な単位を取得したら、学会に審査申請書類を提出します。審査料が何万円は取られます。OKが出たら認定心理士として認められ、履歴書の資格欄に書くことができます。

ちなみにそこそっこはまだ取得していません・・・早くしないと、年々審査が厳しくなるなあ(T_T)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どんなことが学べるの?―専攻・科目・単位数

放送大学は教養学部だけの単科大学ですが、専攻がいくつかに分かれています。

生活と福祉・・・衣食住などの生活学全般を取り扱っています。看護学や健康科学をはじめ、国内外の福祉制度などについても学べます。私は「社会福祉の国際比較」や「家族と生活ストレス」などを履修しました。女性に人気の専攻です。

発達と教育・・・心理学と教育学について学びます。そこそっこが所属していた専攻でもあります。予備知識として心理学を学ぶ看護士さんもたくさんいらっしゃいます。放送大学でもっとも学生数の多い専攻でもあります。特に主婦に人気。

社会と経済・・・社会・経済・政治・法律の科目を学びます。高橋和夫先生の国際政治関連科目もここに所属します。私が自分の専攻の次にお世話になった分野です。心理学を学ぶうえで、人間を取り巻く社会や文化について知ることは欠かせないと考えていたからです。

産業と技術・・・私にはまったく縁のなかった専攻です(笑)ので多くは語れません。経営管理を学びたい方が多かったと思います。あ、でも地球環境についての科目をひとつ取ったかな? 科学技術と環境問題は切っても切りはなせません。面接授業では、コンピュータのプログラミングについても学べるようです。

人間の探究・・・文学・芸術・文化人類学・哲学・歴史に興味のある方はこちらですね。私も文化人類学や哲学でお世話になりました。哲学は心理学の生みの親(されど理解は超困難)。「生きる」ことの深淵を教えてくれた分野でもありました。

自然の理解・・・これもほとんど縁がありませんでしたねえ(笑)。数学・物理・生物などなど理系科目が目白押し。私は唯一「動物の行動と社会」を学びました。これ、面白かったですよ(今は科目名が改訂されてますが)。動物の社会も人間世界に劣らず多様なのです。

放送大学でいう「専門科目」は、これら専攻のどこかに所属しています。

専門科目のほかに「共通科目」というものがあります。これは通常の大学でいう「一般教養」に当たるものです。一般教養科目は大きく、人文系、社会系、自然系に分かれています。

そのほかに基幹科目・主題科目という独特の科目もあります。一応、共通科目の単位として加算されるものですが、これらの科目のキーワードは「学際」。つまり分野の垣根を越えて学問を追求するのが狙いです。
私が履修した「地球環境を考える」「共生の時代を生きる」などの科目はまさに斬新な試みでした。例えば「地球環境を考える」では、理系・文系・社会系の各分野の教授が登場して、それぞれの観点で環境問題を定義しています。教材作成の裏側では、教授同士がそれぞれの意見をぶつけあって、かなり熱い討論になったという噂も聞きました。

いちから学んで学位取得を目指す人は、トータルで124単位を取得しなければなりません。共通科目・専攻科目・放送授業・面接授業、それぞれで取得するべき単位数が決められています(詳しい単位数は今後変わる場合もあるので明言は避けます)。

しかし放送大学のテーマのひとつは「学際」ですので、なるべく幅広く自由に学ぶことを求められます。そのため、専攻にかかわらず自由に取得できる単位数が、他の大学に比べて多いのではないかと感じます。

そのほかに必修として以下の科目があります。

外国語科目・・・英語、フランス語、ドイツ語などなど。第1・第2外国語という分け方はしていません。トータルで6単位取得していれば、英語だけで6単位とってもいいし、英語やフランス語、ロシア語など、色々組み合わせてもOK。最近は韓国語が人気。私も面接授業で勉強しました。みなさん、苦労しておられます(^_^;)。

保健体育・・・実技(面接授業)と放送授業に分かれていますが、2単位取ればどちらで履修しても構いません。私は超・運動音痴なので、放送授業2単位ですませてしまいました。しかし内容はメチャ難しかった。筋肉の断面積の求め方とか出てきてもさっぱり意味不明(泣)。運動が好きな人は面接で取った方が断然ラクです。
編入生の場合、前の教育機関で保健体育に相当する単位を取っていれば履修不要のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生の種類と入学条件

放送大学には3種類の学生が在籍しています。

全科履修生 → 学位取得を目的とした学生です。4年以上在籍し卒業するための必要単位を取得します。在籍可能期間は10年。普通は8年ぐらいと聞いているので、長いほうですね。なお、すでに他の大学を卒業されている方や、専門学校・短大を卒業されている方は3年次へ編入可能です。その場合の在籍可能期間はもう少し短くなります。

選科履修生 → 卒業はしなくてもいいから、1科目~数科目だけ勉強したい学生です。在籍期間は1年間(2学期)です。

科目履修生 → 選科履修生と同じく、卒業は考えなくて1科目~数科目だけ勉強したい学生です。こちらの在籍期間は半年(1学期)です。

このうち選科履修生科目履修生については、入学時に15歳になっている人であれば誰でも入学できます。

全科履修生は18歳以上で大学入学資格を持っていれば、書類選考のみで無試験で入れます。書類選考といっても、願書に必要事項を記入するだけで大抵はパスすると思います。

また、中卒の方や高校中退の方でも全科履修生になれる方法があります。

通常、大学入試を受けるためには大学入学資格検定試験をパスしていなければなりませんが、放送大学の場合大検をパスしなくても学位を取得する道が開かれているのです。

その方法とは、選科履修生として入学し16単位を取得する、というものです。ただしこの16単位は、共通科目(一般教養科目)の中から、人文・社会・自然の3分野に渡って取得する必要があります。放送授業は原則として1科目2単位なので、一年間で8科目頑張れば何とかなる計算です。取得した16単位は、もちろん全科生としての単位に換算してもらえます。

私が知り合った放送大学の学生さんのなかにも、この方法で全科履修生を目指していらっしゃる方がたくさんいました。実際に全科生として入学を果たした方もいらっしゃいます。

私、ここが放送大学のシステムのすごい所だと思うんです。過去は関係ない、今ここで頑張る人にチャンスを与える。まさに生涯学習の基本理念を貫いていると思いませんか?

ただし、16単位を取っても他の大学の入学資格にはなりませんので、ご注意ください

最後にもうひとつ。入学はラクですが卒業するのは案外大変です。放送大学は決して、普通の大学入試に通らない人たちが集まっているところではありません。単位認定試験に合格するのは、実は容易ではないのです。

その話も、また次の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやって勉強するの?

レビの地上波やスカパーのチャンネルをゴチャゴチャ回していると、スーツを着た白髪交じりの先生らしき人が教壇に座り、何のBGMもなくひたすら小難しいことをしゃべりまくる番組を見かけたことがあるかと思います。それが放送大学です。

放送大学は文部科学省に認可された正規の大学です。卒業要件を満たせば「教養学士」がいただけます。最近は大学院もできて修士号も取れるようになりました。

放送大学の謳い文句は「自宅で学べる、一科目から学べる」。

ではどうやって学ぶかといいますと、ざっと次のような流れになります

① 申請した科目の講義をテレビ・ラジオで視聴する(放送授業)。それぞれの科目には印刷教材があるので、それも並行して勉強する。

② 通信レポートを提出し、添削を受ける(「通信指導」と呼びます。中間テストのようなものですね)。合格すれば③へ。

③ 単位認定試験を受けに行く。これは自宅では受けられません。所属する学習センターへ行きましょう。合格すれば晴れて単位認定です。

これが一学期(半年)の流れです。

このほかに「面接授業」と呼ばれるスクーリングもあり、学位取得を狙う学生は規定の単位数を面接授業で取得することが義務づけられています。

実は私、入学するかなり前から放送大学の存在を知っていて、ずっと勉強したいと思ってたんです。でも、当時住んでいたアパートでは何故か地上波の放送大学がキレイに拾えなくて、講義を受けるのはムリだな~と諦めていました。スカパーに入る経済的余裕はなかったし。仕方がないから、印刷教材だけ手に入れて読んでいました。印刷教材は大きな書店に並んでいましたから。

その後、心理カウンセリングを受けることになりまして、担当のカウンセラーが放送大学の卒業生だったんですね。で、私は言いました。「私も放送大学で心理学を勉強したい。でも放送がキレイに入らないんですよね」と。ところが、カウンセラーの先生はこう答えたのです。

テレビ見なくても単位とれますよ」。

!?」。生来生真面目な(?)私は耳を疑いました。

つまり、放送を見なくても印刷教材をしっかり読み込めば、何とか単位は取れるということなのです。大きな声じゃ言えない話しですが。

そんなわけで望みをもらい、入学を即決しました。

しかし世の中はそうそう甘くないものです。やはり講義をちゃんと聴かないとダメな科目もあるんです。このへんの話しはまた後ほど。

ちなみに、通常の国立大学の講義はひとコマが100分と文科省で定められています。ところが放送大学の放送授業はひとコマ45分しかありません。本来ならば100分にしなくちゃいけないのですが、放送大学には印刷教材というものがありまして(いわゆる教科書です)、これを読み込むことに残りの45分を費やし、合計で100分の勉強をこなした、と考えているようです。

放送大学におられるみなさん、印刷教材は真面目に読みましょう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

序章:なぜか笑えた卒業式

2005年10月1日、大学の学位授与式に列席しました。

私は放送大学で勉強していました。放送大学には「学習センター」と呼ばれる場所が各地域にあり、秋学期の学位授与式はそこの一室で行なわれます。今期の列席者は50人ほど。2度目3度目の参列という人も少なくありません。再入学を繰り返していくつもの専攻の学位を取る学生がたくさんいるからです。

会場の一番後ろに用意された付き添い人用の席には、卒業生のご主人や奥さんがほとんど。中にはベビーカーに乗せられた赤ちゃんの姿も。式の間ずっとグズリ気味でお父さんが一生懸命あやしていました。お母さんが卒業生なんですね。お母さんの席の隣には5歳くらいの息子さんが座っていました。大学側が用意した特別席。う~ん、普通の大学じゃ、まず見られない光景だろうな~。

私の場合も夫に付き添ってもらいました。卒業の暁には一緒に参加してもらおうと、ずっとずっと前から決めていたのです。他の卒業生も同じ気持ちなのだろうな。社会人大学生にとって、一番のサポーターは家族。

学位証授与は専攻ごと代表者のみが壇上に立ちました。卒業決定の感動はすでに味わい尽くしていたので冷静に式に臨んだつもりなのですが、自分の専攻の代表が学位証を受けとるときはさすがに目頭が熱くなりました。ああ、何とかやれた、頑張ってきた。私だけじゃない、ここにいる人たちはみんな、本人も家族も大変だったに違いない。こうして卒業できたのは幸せなことなんだ。そんな思いをかみしめたのです・・・。

さて、私の所属する学習センターには、メディア出演で有名な高橋和夫助教授がいらっしゃいます。国際政治スペシャリストで、アメリカ同時多発テロ以来、メディアに引っ張りだこです。

放送大学の歩く広告塔を自認される先生の祝辞は傑作! まず冒頭の挨拶。

えー、今日の式には、かなり若い付き添いの方がおられますが(赤ちゃんと少年のことです)、その方がいずれ大きくなられたときには、放送大学で学んでくださるはずだと信じております。(一同笑)

最後の締めのことば。

アメリカの大学では卒業式のことを、commencement exercises と呼びます。つまり「始まりの儀式」という意味です。卒業は終わりではなく始まりです。ですから皆さん、これで終わったと思わないで、再び放送大学に入学して別の専攻を勉強してください。お願いします!(一同大笑)

高橋先生の放送大学を愛する気持ちが十分に伝わり、大きな拍手喝采。

式の終了後、事務スタッフの手で一人ひとりに学位証が配られました。配り終えたスタッフが「もらってない方、いらっしゃいますか?」と聞くと、例の少年が手を上げて、場内大爆笑。20年たったらぜひ卒業してくれたまえ(^・^)。

いうわけで、高橋先生の熱意にほだされて(!)、「放送大学で学ぶ」というコーナーを作ることにしました\(~o~)/。

放送大学ってNHKのテレビでやってるやつ? とか、放送関係者の教育機関? とかよく聞かれるのですが、まったく関係ございません。単位を満たせば教養学士をもらえる、れっきとした正規の大学、それが放送大学。
ただ普通の大学とはシステムが違うので「へ~」と思われることがたくさんあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »