« 日記ブログ復活! | トップページ | 厳冬北海道2006 その2 »

2006年3月10日 (金)

厳冬北海道2006 その1

春が近づいておりますが、時間を少し巻き戻して冬にさかのぼります。

2月、夫と二人で北海道に行ってまいりました!
有給休暇が取れなくて、土日を利用した一泊二日の強行スケジュール。

旅行に行くたび、夫が「旅のしおり」を作ります。ええ、その旅がたった二人っきりでも、たった一泊二日でも作ります。

しおりに書かれた旅のタイトルは、

厳冬期の北海道/旭川・網走・川湯2日間の旅

寒そ~!!

当日の朝は早いっす。朝の4時に支度開始。外はまだ真っ暗・・・(:_;)。
超夜型の私は貫徹しました(前日の夕方に少し眠っておいて正解)。
ソーキチは今回ひとりでお留守番。餌やり器を2台駆使して、後ろ髪引かれながら出発しました。

ペット自動給餌器★わんにゃんぐるめ★クリアブルー ←うちで使っている餌やり器。シャッター、タイマー、保冷剤付き♪

飛行機で旭川に降り立つと、雪、雪、雪! 上着をたくさん着込み、タクシーをつかまえました。道路、ガチガチです。アイスバーンなんてもんじゃない、スケートリンク! なのに運転手さんはほとんど手放しで運転してるし、しかもよくしゃべるし(:_;)。
赤信号でブレーキをかけたのに、車がスルスル自動直進。停止ラインを完全に超えました。
「たまにハンドル取られそうになるんだよねー、わっはっは」。
だったらちゃんとハンドル握ってください! こわいよ~(;O;)
旭川では、道路も運転手さんの口もよく滑るらしい・・・。

目的地の旭山動物園に到着。雪が降ってるのにけっこうな人出。団体客もいっぱいいました。

事前に夫が「旭山動物園のつくりかた」という本を熱心に読んでいたので、私は旅のしおりとパンフレットを片手に彼の後をついていくだけ。

まずはアザラシ館

azarashi こんな風に、ガラス(?)でできた太い柱にアザラシ君が泳いでいます。プクプク泡を立てて、サービス精神旺盛(^O^)/。写真はクリックすると拡大します。

ペンギンの散歩は午前と午後、二回とも見れました。リーpenguingroupダーにくっついてのヨチヨチ歩きは本当にかわいい! でもペンギンさんたち、と~ってもマイペースなので、なかなか進まない・・・後ろをついて歩くスタッフのみなさま、寒そうでした。おつかれさまです・・・。

ペンギン館の中は透明なトンネルになっていて、左右上下からペンギンの水中遊泳が観察できます。海の中にいるみたいで、目が回る~(◎o◎)。

bear 白熊クン。寒くないんかな~。
ホッキョクグマ館の壁は水槽。目の前に飛び込んで泳ぎを披露してくれました。迫力満点~(~o~)。

fukuro ふくろう様。
穏やかな微笑みです。こんな表情で毎日を送りたいものです。

taka1 鷹の生態を学ぶコーナー。写真は飼育係のお兄さん。念のため、お顔は隠させていただきました。

実際にオオタカを飛ばしながら生態の講義をしてくれるのですが、鷹を使うお兄さんの姿、かっこよかったよお。はっきり言ってホレました。

講義の途中で、「誰か腕に乗せてみたい方、いませんか?」
夫が一番乗りで手を上げました。手袋をはめて次の瞬間・・・

鷹が舞い降りた!\(@0@)/

乗せさせてもらえると噂には聞いていて、でも半信半疑だったのです。まさか念願かなうとは・・・。これだけで彼はもう大満足!

monkey オラウータン館
さて問題です。写真の中にお猿さんはどこにいるでしょう!?
お猿さんたちが自然に近い形で暮らせるように、色々工夫されていました。

旭山動物園は至るところに工夫や手作りの味があります。例えば、他界した動物をお知らせするために、檻のところに「喪中」と書かれた看板があり、亡くなった動物さんの名前やイラストが手書きで添えてあります。

自然への配慮も少しずつなされています。普通のトイレにほかにバイオトイレというのがあり、水を使わず、オガクズで排泄物を分解する仕組みになっていました。このトイレ、イヤな匂いがまったくありません。オガクズで分解された排泄物は肥料になります。

園内の道はつるつる。夫が派手に転んで、周りから(妻にも)笑われました。ケガがなくて何よりです、ハイ。
(こんなこともあろうかと、密かに夫の健康保険証を持参していた私。うひゃひゃっ)

冬季の入園時間は短いのですが、小さい動物園なので目いっぱい堪能しました。夏にまた行きたいな~。

動物園を出て、次は網走へ移動です。
特急で4時間ですよ、4時間! やっぱり北海道は広いです。

網走に到着したとき、時間はすでに夜の9時近く。そのまま旅館に直行しました。ちなみにタクシーに乗るとき、夫がまたしても転びました。やっぱり笑うっきゃない>^_^<。
(保険証は使わずにすみました。ほっ)

旅館の夕食時間はとうに過ぎていたのですが、前もって代理店に頼み込んで(というか脅迫に近かったかも・・・(*_*;)、特別に出してもらいました。

カニ尽くしメニュー。カニの刺身、カニのしゃぶしゃぶ、カニのみそ汁、ゆでカニ、カニ雑炊・・・。私、カニはあまりたくさん食べられません。でも夫はカニが大好きなので、私の分まで平らげてしまいました。

お風呂に入って部屋の戻ると、お布団が敷いてない・・・(T_T)。フロントに聞いてみたら、スタッフはみんな帰ってしまって、残っているのは警備のおじさんだけ。ガーン・・・。
しかたなく自分たちで準備しました。夕食のムリを聞いてくれた旅館だっただけに、ちょっと残念。

明日も朝が早いっす。続く。

それにしても、ココログの障害&メンテナンス、長かったな~(-"-)。
フリーが問題ないって、どいういうこっちゃ~(--〆)。

|

« 日記ブログ復活! | トップページ | 厳冬北海道2006 その2 »

旅:厳冬北海道2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/9017645

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬北海道2006 その1:

« 日記ブログ復活! | トップページ | 厳冬北海道2006 その2 »