« 厳冬北海道2006 その1 | トップページ | どうなる結婚記念日 »

2006年3月10日 (金)

厳冬北海道2006 その2

北海道旅行2日目。今日は流氷を見に行きます!

・・・・・・・ところが・・・・・・・・・・・・。

私たちが北海道へ旅立つ前日、オホーツクの天気は強風。

氷が40km沖に行っちゃったあああ!

ウトロか羅臼あたりに行けば見れると聞いて、夫が悩む・・・
流氷のあとは、川湯に住む友人を訪ねる予定です。でもそれをキャンセルすれば、ウトロあたりまで行けるかも。
ところがですね、夫は自宅に携帯電話を忘れてきていて、友人の電話番号がわからない、連絡がとれない。さすがそこそっこの亭主、粗忽者 です"^_^"。
これはきっと、冬の北海道へまたいらっしゃい、という神様の思し召しだよ。
と、二人で勝手に決めつけて、とりあえず船に乗りました。運が良ければあざらしと出会えるかもしれないし。
砕氷船おーろら号が、今日はただの遊覧船(ーー;)。

あざらしさん、姿を見せてくれませんでした・・・。私たちがデッキに出たのも一度きり。寒そうにデッキに群らがる観光客を、ぽかぽかの船内で観察してました(何しに行ったんじゃ(__)

港を後にしてバスで網走駅に直行。川湯に向かって出発です。鈍行列車で2時間。

川湯温泉駅へ降り立つと懐かしさがこみ上げます。これで何回目の川湯かなあ。

ashiyu1 駅の隣にある「あし湯」。
(そこそっこが写ってますが、顔は非公開^^ゞ)。

夫が携帯を忘れてきたので、友人に到着のお知らせができません。でも大丈夫。行くことは事前に伝えてあるし、家も知っています。彼の家は駅からかなり近い場所にあるのです。

友人と無事合流して、駅の隣にある「オーチャードグラス」という雰囲気たっぷりのカフェで、名物のビーフシチューに舌鼓。何度食べてもサイコー。シチューが口のなかでまったりとろけるぅぅ★。
デザートのチーズケーキも美味。甘すぎずまろやか~(^・^)。

昼食後、友人が鶴居村までドライブに連れて行ってくれました。
旭川と違って道路に雪が残っていません。これなら都会人でも運転できるかも(とは夫の希望的観測)。

tanchou タンチョウの集団。釧路湿原で双眼鏡越しに見たことがありますが、こんなにたくさんは初めて!
求愛ダンスも初めてナマで見た~!

飛び立つタンチョウを撮りたくて、夫は夢中でシャッターを切っていました。でもなかなか難しいようで・・・。

友人はアイヌです。ウタリ協会の支部長をやっていて、アイヌの文化復興に熱心です。
以前、私が英会話サークルのスピーチでアイヌの文化を紹介したことを話したら、言葉の話題で盛り上がりました。彼は最近、アイヌ語検定試験(のようなもの)を受けて見事合格。これを取るとアイヌ語の講師ができるそうです。
助詞があったり語順が同じだったり、アイヌ語と日本語は似ていますが、アイヌ語の場合は動詞が不規則変化どころか、まったく違う単語になるんだって。覚えるのが大変そう。
また、アイヌ語は長いこと使用が禁止されていた言語なので、近代的な単語(例えばテレビとか電話とかコンピュータとか)が存在しません。だからこれからそういう単語を作っていかなくてはならないとか。

24時間、アイヌのことを考えている」とは彼の言葉。
何らかの使命や夢中になれるものを持つっていいなあ・・・。

彼はアイヌの活動のほかに、アイヌ伝統文様のアクセサリーや携帯ストラップを作ってお店に卸しています。

strap balleta 携帯ストラップとバレッタを買いました。模様がめちゃ細かいの。
素材に使っているエリマキ(ツリバナ)という木はすごく固いので、しばらく水につけて柔らかくしてから彫るそうです。
夫もストラップとブレスレットを買って、毎日身につけています。私たちのお守りです。

川湯温泉駅で友人と別れ、網走に戻り、網走からバスで女満別空港へ。

自宅に着いたのは夜中の12時近くで、ソーキチの夕飯が遅れてしまいました。玄関の鍵を開ける前から「遅いニャーッ、腹減ったニャーッ」という声が聞こえます。ごめんね~。

sokichi1 夕食後にくつろぐソーキチ。ちょっとスネてます。
こんなときは「スネキチ」と呼んでいます。

たった一泊二日の旅なのに、何日も出かけていたような充実度でした♪。

万全の計画を立ててくれただんなさま、旅先でお世話になった皆さん、いい子でお留守番をしていてくれたソーキチくん、ありがとうございました(^・^)。

|

« 厳冬北海道2006 その1 | トップページ | どうなる結婚記念日 »

旅:厳冬北海道2006」カテゴリの記事

コメント

そこそっこ様
いやー凄い旅でしたのね。一泊二日とは到底信じられない充実した旅行でしたね。
そうねえ、せめて一度冬の北海道にもゆかなくてはねぇ・・(ため息)
旭山動物園是非一度行ってみたいと思ってます。ああ、蟹三昧も羨ましいし。
特にご主人の腕に鷹なんて!吃驚!
流氷とアザラシ君は残念だったけど、そう、又ご主人におねだりの理由になりますね。
ケ~っ!ビーフシチュウ滅茶苦茶美味しそう。
丹頂さんのダンスも見られたのですねぇ、うらやまし~い;;;
アイヌの方達は辛い歴史を負われているのですよね。
そうですね、自分の使命や信念を貫く方々は尊敬に値すると思います。
えへへっ!「スネ吉」君めっちゃ可愛い!
そうよそうよ、ご主人様達はすっごく楽しんでらっしゃったのだから、拗ねたら良いの。
思いっきり拗ねて甘えてね***:


投稿: ako | 2006年3月10日 (金) 21時21分

充実の旅になりましたね。私は夏にしか
北海道に行ったことがないので・・・
やはり冬も行かなければならないなぁ。
タンチョウの集団見てみたい!
旭山動物園も行ってみたい!
アイヌのバレッタ、すごく素敵!私もアイヌ
工芸品はいくつか持っていますが、素敵
ですよね。
楽しい旅行記、堪能させていただきました。
ソーキチくん、えらかったね!

投稿: みやび | 2006年3月10日 (金) 23時45分

よくぞいらっしゃいました。冬の北海道。旭川や道東は寒かったっしょ。旭山動物園は全国でも2位の動物園なのだ。(^-^)。でも、流氷が見れなかったのは残念。また来年こいばいいっしょ。
アイヌの方とお知り合いなのですね。札幌でもとんとみかけなくなりました。昔は、あの彫りの深い顔つきで、アイヌの方ってすぐわかったのだけれど、今はあまり見ないなー。混血が進んでいるのでしょうか。
ってことで、夏のラベンダー畑も良いわよん。

投稿: くりにゃー | 2006年3月11日 (土) 03時19分

akoさん

冬の北海道は寒いので、暖かい支度をしてぜひ行ってみてください。夏でも冬でも楽しめる北海道はおすすめですよ~。
自然がお好きなakoさんなら、動物、タンチョウ、流氷に感じるものがあると思います。


みやびさん

友人が作る工芸品は一つ一つが心のこもった手作り。同じものは2つとないのが嬉しいです。写真のバレッタは、彼にとっても最高の出来だったと、彼の奥さんが言ってました。本人は照れて謙遜してましたが・・・(^_^;)。


くりにゃーさん

旭山動物園、人気あるの頷けます。小さな動物園だけど、スタッフの心がこもっていました。
アイヌの混血は進んでいると思います。友人自身もハーフですから(でも歳を取るごとにアイヌっぽい顔立ちが目立ってきてるかも)。奥さんは丸ごとアイヌさんですが、今では珍しいのかも。
私はさほど寒いとは感じませんでした。私の故郷も昔はけっこう寒かったので、その頃を思い出していました。
ラベンダー畑もぜひ行ってみたい場所です♪

投稿: そこそっこ | 2006年3月11日 (土) 20時50分

>そこそっこちゃん

鳥は守備範囲外なのでよく分かりませんが鶴の写真、撮るの難しそうですね。

アクセサリの写真がサムネイルと同じ大きさとか、ソーキチ君の切り抜きがやけにぞんざいとか、そういうことは私は全然気にしてませんよ。

投稿: seamall | 2006年3月11日 (土) 21時15分

seamallさん

鳥は難しいです・・・。けっこう長くその場にいたんですが、なかなか飛び立ってくれません。しまいには足がすごく冷たくなって「もう車に戻ろうよ~」とごねてしまいました。

>そういうことは私は全然気にしてませんよ。

素人&不器用なんで、見苦しさは許してやってください。私自身、気になっている部分です(^_^;)。
アクセサリは、ブログをアップする前に急いで携帯カメラで撮ったので、あの大きさが目いっぱいです。やっぱりデジカメ欲しいなあ・・・スキャニングもめんどくさいし。

投稿: そこそっこ | 2006年3月11日 (土) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/9018760

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬北海道2006 その2:

« 厳冬北海道2006 その1 | トップページ | どうなる結婚記念日 »