« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月30日 (木)

ちょっとずつ回復の兆し

なんか、ココログおかしくなってますね。サイドバーのマイリストの文字が妙にでっかい
コメント入れるときも、スパム防止の認証入力が必要です。ココログ以外のブログからきて下さるお友達、なんじゃこりゃーっ とお思いでしょうが・・・お手数をおかけしちゃいます(T_T)。

少しずつ回復の兆しが見えてきました\(~o~)/。
立ち上がったり階段の上り下りするときにまだめまるときがありますが、かなりゆるくなってます。

昨日は10日ぶりにひとりで外に出てみました!

英会話サークルの集会(?)に参加したのですが、椅子に座ってるときの感覚がヘン。すーっと、滑り台を降りているような感じがずっとしていました。やっぱりバランスがおかしいんだなー。

ゆっくりゆっくり歩きながら出かけました。駅の階段も、手すりにつかまりながらボチボチと。こういう状況で外に出てつくづく思ったのですが、みんな歩くの早いですねー。ついこの間まで、私もこの中の一人だったのね・・・。

今回のことでスローライフを余儀なくされて、発見がひとつ。なんか私、これまですごく焦ってたのかなあって。心の中が、ちょっとせかせかしてたかもしれない。
生活の合間にゆっくり深呼吸をする、ゆっくり味わって食べる、静かに何かに耳を傾ける、とか・・・。めまいは、こういうちょっとした安らぎの瞬間を大切にしなさい、というメッセージだったのかもしれない・・・と、外に出て改めて感じました。

集会のあと、夫と合流してラーメンを食べに行きました。
けっこう有名なラーメン屋さんだったんだけど、私のつけ麺のつけ汁のなかに、なぜかたこ糸を発見! お店の人に「こんなの入ってましたよ~」と伝えたら、「チャーシューを縛ってあった糸でした。申し訳ありません」と平謝り。さらにつけ麺代金を返してくれました。もちろん、麺はすっかり平らげたので、結果はラッキー(^^)v。

桜も拝めて大満足の一日。でも、油断するとまたぶりかえしそうなので、スローライフは忘れずに。4月に泊まりでディズニーリゾートに行く計画を立てていて、ジェットコースター系のアトラクションにいっぱい乗りたいのです。
それまでに治りますように・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

最悪な日々の過ごし方

少しずつですが、めまいが軽くなってきました。まだ完全に治まったわけではないのですが、回り具合が小さくなってきて、かなりラク。

先週の1週間は最悪。起きていても寝ていても回りまくって、気持ち悪いのなんのって。
薬もあまり効いてないような気がしたし、もしかしてずっとこのままなんじゃないかって、昼間ひとりでいたとき、ついつい泣いてしまいました。

テレビも読書もダメ。クッションを抱えて座って目を閉じて、ラジオに耳を傾けたり音楽を聴いたり。でも、ラジオもどんなのが面白いのかさっぱりわからないから、語学番組ばかり聞いていました(^_^;)。最近の英会話番組は、ずい分バラエティに富んでるなあとか、そんなことを考えながら。

リラックスできそうな音楽も大活躍。
姫神はかなりオススメ。おだやかな波の音や優しいメロディが心を落ち着かせてくれます。
エンヤもいいです。夫がCDを買ってきてくれました。
ヤマトの組曲も心を和ませてくれます。何十年絶っても飽きのこないメロディはすごいと思います。そういえば、作曲された宮川泰さん、亡くなってしまいました。アニメ音楽の礎を作られた方でした。ご冥福をお祈りします。

とにかく動くとフラフラなので、買い物も食事のしたくも洗濯も、何もかも今は夫まかせ。でもたまにはいいのかな(^^ゞ。こういうときは彼も優しいので、ついつい甘えてしまいます。

早く治ってくれ、という焦りは少し消えました。焦ってもしょうがないかなって。この辛い経験も、きっといつか何らかの形で役立つでしょう。そう考えると、今の状況も少しは肯定できそうです。

sakura1 夫が桜の写真を携帯で送ってくれました。
会社の近くの神社。私も同じ会社に勤めていたので、この神社でよくお昼を食べていました。
もうほとんど満開なのね。今年は早いなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

めまいの原因

検査を受けてきました。

聴覚は問題なし。頭痛はしないし、眼球運動も問題なさそうなので、脳でもなさそう。頚椎も良くはないけど、めまいの原因ではないようです。

で、問題はどうやら内耳。まだはっきりしたことはわからないのですが、内耳の中にある石が浮いてしまって、傾いたりするとめまいを感じるとか。といっても、内耳の中を見ることができるわけじゃないんで・・・。
(実は本人もよく分からない。付き添ってくれた夫が理解してると信じよう(^_^;)。しかし耳の中に石があるなんて知らんかった)

とりあえずお薬をもらい、1週間ほど様子を見ることになりました。今は薬が効いていて大分ラクです。

ついでに頚椎もしっかり調べてもらうことになり、来週にMRI検査です。私はまったくそのつもりなかったんですが、付き添いが強引に検査の予約を取り付けてくれました(T_T)。

「耳鼻科の女医さん、美人ぽっかったよね~」と私が言うと、亭主め、ニヤけてやがった(ーー゛)。大きなマスクしてたので真実は?ですが、目を見る限り美人っぽかったんです。

整形外科の先生は、面は私の好みでしたが、やる気がなさそうで先生の方が病人みたいでした。レントゲンを見た限り、頚椎とめまいは関係なさそうだったからだと思うんだけど、夫が、「めまいとは関係なく、徹底的に頚椎を調べてください」と言ったとたん急に目が輝き出して、てきぱきと検査の手配を開始。その変わり身の早さがおかしくて、診察を終えてから夫と二人で大笑いしてしまいました。次の外来が楽しみです(結果じゃなくてね)。

長時間の読書・テレビ・PCは禁止されてしまいました(T_T)。ブログもしばらくお休みかなあ・・・それでもせっかく復活したブログだし、できる限り書いていきたいので、みなさん、どうか長い目でみてやってください。

仕方がないので、災害時に備えてあったラジオを引っ張り出してきました。何かオススメの番組があったら教えてください。

お仕事が入ってなかったのが不幸中の幸いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

めまい

こんなタイトルの映画、昔あったような気がするなあ・・・。

日曜日から、グルグルめまいに襲われています。今日の午前中に総合病院の急患受付に行って注射を打ってもらったのだけど、まだ良くならないです。

もともと頚椎が悪いので、多分そのせいじゃないかって言われたけど・・・それにしても、こんなに何日も続くのは初めてです(T_T)。

常に回っているので、常に車酔いのような状態。長いこと画面に向かっていても気持ち悪くなります。お友達のブログもまったく巡回できない・・・ううっ、寂しいよお。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

掃除機を買いました。

写真を見ると一見スティックタイプですが、実はハンディタイプ。
でも、ちゃんとカーペットや絨毯でも使える、回転ブラシつき。
写真はずっと下。

小さいのがずっと欲しかったんです。

我が家は元々狭いアパートだけど、さらに物が多いので、小回りのきかない大きな掃除機は使いづらくて、掃除はイライラの連続でした。特に私は腕力が極端に低いので、大きな掃除機を運ぶのが大変(T_T)。

家電屋さんをいくつか回って、回転ブラシ付きのものをやっと見つけました~。やったー(#^.^#)。

充電式なんで、吸引力はさほど強くありません。でも、ピンポイントのゴミ取りには十分。猫の毛やトイレ砂もちゃんと吸い込んでくれます(それが商品の謳い文句でもありました)。うちはピンポイントだらけだから(笑)、ちょうどいいです。

実はこの掃除機を買う前、テレビショッピングでスイブルスイーパーというのを見て欲しくなりました。でも、長い糸がからむと聞いて迷ってしまって・・・なぜなら、うちの絨毯はボロボロであちこち毛ばだっているから。これもちろん、ソーキチの爪とぎのあと。しかもどこもかしこも絨毯だらけの我が家なので、からみやすいスイブルスイーパーは無理かなあと。
(スイブルスイーパーを使ったことのあるかた、使用感をコメントください)

ホンネ言うと、今回買った掃除機も絨毯の毛が絡みます。でも、サイズが小さいのでお手入れがラク。

これです↓

 ただし、吸引力が低いので、すきまノズルはまったく役立たずです。

cleaner 横から見た写真です。
 かわいいデザインです。部屋に立てかけておいても大丈夫。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

漢字バトン

お喋りなひまわりのakoさまから漢字バトンをいただきました。遅くなりましたが、トライしてみたいと思います。
え~と、けっこう難しいそうです(^_^;)。がんばって行きましょー!

★好きな漢字三つ★

う~ん。。考えてことないなあ・・・そうだなあ・・・。

愛、優、祈

なんか宗教みたいになってしまいましたが(^_^;)。


これを定義することはとても難しいです。でも、なんかこの言葉にはすごい力があるような気がするので選びました。


優秀というより「優しい」意味の優。本当の優しさってなんなのかなあと日々問いかけています。


幼稚園がプロテスタントでして、お祈りの時間がありました。無宗教のそこそっこですが、当時からなぜかお祈りが好きで、家でも寝る前とか真剣に手を合わせていました。それが今でも続いています。心にピッタリくるお祈りの言葉とか考えるのも好きです。

★前の人からタッチされた漢字に対してのイメージ★

貧、呑、楽ですね~。


う~ん。お金はあったほうがいいなあ(^・^)。もちろん、すべてではないけれど・・・


20代の頃はのんべえ(^^ゞ、ひとりで日本酒一升を空けたことも・・・。でも、今まではほとんど呑みません。


音楽は「音を楽しむ」。人生、辛いこともたくさんありますが、できるだけ楽しく過ごせるように工夫したいです。

★次の人にタッチする漢字★



特に意味はありません。

★大切にしたい漢字3つ★

最初の好きな漢字と重なりますが、


お祈りはこれからも続けていきたいです。


夢中になれるもの、自分を支えてくれるものをこれからも持っていきたい。


のろけるなーっとお叱りの声が聞えてきそうですが・・・彼は私に光を与えてくれた人。とっても感謝してます。てれっ(●^^●)

★漢字をどう思う?★

外国語を学んでいると、漢字はすごいっていつも思います。見ただけで意味がわかるのはとても便利。組み合わせに意味があるのも奥深いです。大好きです。

★好きな四文字熟語★

一期一会
出会いは偶然、別れは必然・・・。どんな出会いも、最後には感謝したいです。

因果応報
きょわい(>_<)。

極楽浄土
相手に与える場所だそうです。

自画自賛
せめて自分くらいは自分をほめてあげよう。「今までよくがんばってきたね!」と・・・。

春夏秋冬
日本に生まれて良かった~♪。

★次に回す人を漢字イメージ付で7人★

ひとりだけ。

雨音先生、どうですか~。
このバトン、雨音さんも好きそう。私も興味ある。

雨音先生の漢字イメージはお名前そのまんま、「雨音」です。

お疲れ様でした~。
難しかったけど楽しめました。私って、こんなこと考えてるんだなーってわかりました(#^.^#)。akoさん、ありがとうございました♪。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

スキーをやらないスキー旅行 その2

スキーをしないスキー旅行2日目。
朝食はバイキング。同じく朝からテンション高かった。みなさん元気です(^・^)。

午前中はスノーシューです!
(スノーシューってなに? という方はこちら

重ね着の上にさらに登山用のレインウェアを羽織り、マイ・ストック(登山用を持参)を手にして準備完了。
その姿を見た仲間のひとりが、

「そこそっこさん、今日はイキイキしてるね~」

もちろん!せっかくスキー場に来たのだから、ウィンタースポーツも楽しまねば。

スノーシューは2回目です。以前、夫と一緒に日光で経験しました。

今回は自然学校のスノーシュープログラムに申し込みました。2種類のプログラムのうち、「動物の足跡探検」を選択。コースがラクそうだから(^_^;)。
私たちのグループからは3名、他に女性が1名、合計4名。この人数にガイドさんがついてくれます。なんてぜいたく(^・^)。

リフトに乗っていざスタート!

深雪を踏みしめる音が響き渡ります。快感です。

上のほうから下へ歩いて降りるのですが、林の中はまるで自然を利用したアミューズメントパーク。

雪をかぶったトンネルの中を、小さな穴からすべり台のように滑りました。想像以上にスピードが速くて、気分はクール・ランニング映画、ご存知ですか?

あらゆるスロープがすべり台に早代わり。童心に戻ってきゃあきゃあ大騒ぎです(^O^)/

若い3人でスロープの駆け下り競争。よーいドン!

休憩時間、ガイドさんが雪に穴を掘って椅子を作り、コーヒーとクッキーをサービスしてくれました。クッキーは安比の牧場で作ったもの。おいしくて、あとでお土産用に買いました(もちろん自分用)。

動物の足跡があらゆるところに見えます。ウサギ、リス、キツネ・・・。日光でも足跡見ましたが、こんなにたくさんあるとは!

2時間、たっぷり歩きました。初心者コースだからへのカッパ、とタカをくくっていたのですが、けっこうな運動量。午後のきついコースを選ばなくて良かったです>^_^<。

スノーシューを終えて、スキー組と合流し、かまくらの中でお昼を食べました。

チーズフォンデュ。ガーリックトーストや野菜を、牧場で作ったまろやかなチーズにくるんでいただきま~す(~o~)。
目の前にコンロの火があるし、ひざ掛け毛布を貸してくれるので、さほど寒さは感じません。でも利用時間は1時間のみ。あまり長時間火を使っていると、かまくらがとけてしまうから(当たり前か)。

お昼を食べたあとは、私以外のメンバーはスノーモービルに興じていました。男性群は非情なるレースバトルに突入、スタート前から熱気むんむん。その間、私はインストラクターのお兄さんと雑談。偶然にも、前日にタンデムしてくれた人だったのです。

楽しい旅も終わりに近づき、みんなでお土産を買いました。夫にはビーフジャーキーとサラミ。ビールのおつまみです。

さてさて、気になるのは家に残してきた夫とソーキチ。夫を置いての旅行は初めてだったので、申し訳なさ半分、喜び(?)半分。
途中で何度か自宅に電話をしましたが、そのたびに聞えてくるのは彼の寝起きの声(^_^;)。のんびり体を休めていたようです。
2日間、何食べてたの?と聞いたら、「ひたすらカレー」。お鍋いっぱいのカレーを見事に平らげてくれたようで・・・。
おみやげのジャーキーをさっそくかじっていました。「私にもちょーだい」。しかし時すでに遅し。全部食べられていました。
ちなみにソーキチは、夜は私の枕に頭を乗せて寝ていたそうです。

初めてがいっぱいの旅は、こうして無事に終わりました。

スノーシューやチーズフォンデュのもっと詳しい様子や写真は、やはりシュガコさんのブログでお楽しみください(^^ゞ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

スキーをやらないスキー旅行 その1

安比リゾートへ男女6人で行って来ました\(~o~)/。
みんなほどほど年齢も近くて、まるでスキー合宿(笑)。

実はそこそっこ、男女のグループでワイワイ旅をするの初めてだったのです。この年でこんな楽しさを味わえるとは・・・人生、何が起こるかわかりません。

ダンナさまとソーキチはお留守番です。前日に山ほどのカレーを作っておいたから、飢えることはまずないでしょう、よしよし。

けっこう朝早い新幹線に乗り、3人がけのシートを向かい合わせて、朝から全員ハイテンション(^_^;)。

スキーがメインの旅行なんですが、私、スキー滑れません。しかも足の靱帯を痛めているので、転びやすいスポーツはちょっとやばい・・・。でもメンバーのなかにスキーをしない人がもうひとりいたので、スキー以外のことを楽しみました。
う~ん。スキー場へ行ってスキーをしない ・・・大胆な試みです。

幸い、安比リゾートは施設が充実してます。ラッキー(^・^)。

まず、スノーモービルを体験しました!

・・・ところがここにも障害が(>_<)。

そこそっこ、運転免許を持っていません。いえ、持っていなくても運転して良いのですが、とにかく「エンジン」みたいなものを載せた乗り物を運転するのが怖いのです。小学生のころ、鈴鹿サーキットのゴーカートでハチャメチャな運転をしたのがトラウマになっているらしく・・・。

でもそこはさすが安比リゾート。タンデムといって、インストラクターが運転してくれるコースがあるのです。やるじゃんっ。

せっかくだから、ちょっと足を伸ばして林間コースへGo!

ひょえ~、寒い!! でも気持ちいい~!!!

高原まで足を伸ばしました。雪をかぶった連峰(名前はわからない)が遠くに見渡せます。

自分で運転するのはダメだけど、後ろに乗って風を切る のは大好きなのです。バイクの後ろとか、ジェットコースターとか・・・。タンデムにして正解!

でも、スノーモービルはあっという間に終わってしまいました。
さて次はどうする。

なんと、スカッシュをすることに決まりました・・・。
(スキー場でスカッシュやるかー!???なんて言わないでネ(^_^;)。

テニスはやったことありますが、スカッシュもこれまた初めて。
まさスカッシュをやることになるとは思ってなかったので、Tシャツなんかありません。長袖・ジーンズで挑みました
暑~っ(;・_・;;)

でも楽しかったんです~。中学生のころ、あるテニスマンガに夢中になって、よく壁打ち練習してました。そのときの成果がこんなところで発揮されるとは!
それに、足を痛めて以来、激しい運動からわざと遠のいていたのですが、30分のスカッシュが平気だったので、自信がつきました♪

スキー組と合流して、夜。

おいしい焼肉をお腹いっぱい食べたあとは、もちろん卓球(^_-)-☆
(旅っていったら、夜はこれっきゃないでしょう!)

2組に別れ、ジュースを賭けた熱戦 が繰り広げられます!
してその結果は・・・
運動音痴のそこそっこが足を引っ張り、負けてしまいました。今、この場を借りて深くお詫び申し上げます・・・ゴメンなさい(>_<)。

大浴場で疲れを癒し、早々と休みます。

明日はスノーシューが待っています。続く。

写真は、一緒に行ったシュガコさんのブログで堪能してください(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

どうなる結婚記念日

みやびさんのブログで結婚記念日の話題が出たので、こちらも便乗しちゃおうっと(^・^)。

私たちの結婚記念日、2ヵ月後に迫っております。今年は4周年。

3周年のときは二人とも忘れていて、思い出したのは翌日の午前12時でした。
どっちが先に思い出したんだっけ? 二人して「あーっ!!!」と叫んだのは覚えています。

2周年のときは二人とも覚えてました。
ちょうどその夜、私は英会話サークルに参加して、今日は結婚記念日だと話したら、「こんなとこ来てていいの!?」と心配されました。
どっちにしてもその日は平日。夫は帰りが遅いので、サークルの終わる時間に最寄り駅で待ち合わせして、「ふぐ」を食べに行きました。彼からのプレゼントは待ち合わせ前に購入したらしいネックレス。私は・・・何あげたんだっけ? なんにもあげてないような・・・(^_^;)。

そして1周年。
実は私、忘れていました。ええそうです、完璧に忘れていました。

記念日の数週間前、夫に聞かれたんです。「○月○日の夜、空いてる?」と。
空いてると答えたら、じゃあ7時に××で待ち合わせしようとの返事が。行ってみたい飲み屋でもあるのね、なんて軽く考えていたから、どこへ行くのか深く追求しなかったんです。

そして当日。

体調があまり良くなくて、外に出たくなかったんですが、なんか今日は行かなくちゃいけないような気がして(←でも記念日だと気づいていない)、化粧もそこそこに出かけました。

待ち合わせ場所に着くと、夫が大きな紙袋を持って待ってました。「それなに?」と聞くと、「仕事の資料」と答えました。それ以上気にも留めず、彼の後をついていくと、大きなビルのなかに入っていきました。そしてエレベータに乗り、なんと最上階のボタンを押して・・・。

「どこ行くの~????」

扉があくと、そこはなんとフレンチ・レストラン! 高そう・・・(*_*;。
(↑まだ気づいていない)

ところが夫は受付でこう言ったのです。「予約した○○ですが」。

「予約ぅ?? 予約なんてしてたの~? なんでえ? ジーンズで来ちゃったよぉ」
(↑まだまだ気づいてない)

ワケがわからないまま待合室に通されて、考えること数分・・・。

「あっ!!」 ←やっと気がついた。

窓際の席で夜景を眺めながらのフレンチ、最高でした~♪。

cake1 記念日のケーキも出ました。お店に頼んでおいてくれたんです。

お店の人がポラロイドで写真も撮ってくれました。もちろんサービス。

flower プレゼントはクマさんをアレンジした花。紙袋の中身はこれだったのです。
もっとも、これは会社の人に「買っていけ!!」とたきつけられたからだそうで・・・(^_^;)。

ところが妻はというと、忘れていたから夫へのプレゼントは当然なにもなし(-_-;)。悪妻と呼んでくださってかまいません(>_<)。

忘れててごめんね、と平謝り。でも彼は、「おかげでびっくりさせることができて良かった」と言ってくれました・・・。うるうるっ(:_;)。
(反面、2周年を私が覚えていたのはつまんなさそうでした・・・)。

ちなみに言い訳さえてもらえば、結婚記念日の数日前が夫の誕生日なんです。だから私のほうは毎年、そっちに気持ちが集中しちゃうみたい(^^ゞ。

すでに「懐かしい」と思える年月がたってしまいましたが・・・今年の記念日は忘れたふりをしておいたほうがいいかも。もっとも、覚えている自信はまったくありませんが・・・(^_^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

厳冬北海道2006 その2

北海道旅行2日目。今日は流氷を見に行きます!

・・・・・・・ところが・・・・・・・・・・・・。

私たちが北海道へ旅立つ前日、オホーツクの天気は強風。

氷が40km沖に行っちゃったあああ!

ウトロか羅臼あたりに行けば見れると聞いて、夫が悩む・・・
流氷のあとは、川湯に住む友人を訪ねる予定です。でもそれをキャンセルすれば、ウトロあたりまで行けるかも。
ところがですね、夫は自宅に携帯電話を忘れてきていて、友人の電話番号がわからない、連絡がとれない。さすがそこそっこの亭主、粗忽者 です"^_^"。
これはきっと、冬の北海道へまたいらっしゃい、という神様の思し召しだよ。
と、二人で勝手に決めつけて、とりあえず船に乗りました。運が良ければあざらしと出会えるかもしれないし。
砕氷船おーろら号が、今日はただの遊覧船(ーー;)。

あざらしさん、姿を見せてくれませんでした・・・。私たちがデッキに出たのも一度きり。寒そうにデッキに群らがる観光客を、ぽかぽかの船内で観察してました(何しに行ったんじゃ(__)

港を後にしてバスで網走駅に直行。川湯に向かって出発です。鈍行列車で2時間。

川湯温泉駅へ降り立つと懐かしさがこみ上げます。これで何回目の川湯かなあ。

ashiyu1 駅の隣にある「あし湯」。
(そこそっこが写ってますが、顔は非公開^^ゞ)。

夫が携帯を忘れてきたので、友人に到着のお知らせができません。でも大丈夫。行くことは事前に伝えてあるし、家も知っています。彼の家は駅からかなり近い場所にあるのです。

友人と無事合流して、駅の隣にある「オーチャードグラス」という雰囲気たっぷりのカフェで、名物のビーフシチューに舌鼓。何度食べてもサイコー。シチューが口のなかでまったりとろけるぅぅ★。
デザートのチーズケーキも美味。甘すぎずまろやか~(^・^)。

昼食後、友人が鶴居村までドライブに連れて行ってくれました。
旭川と違って道路に雪が残っていません。これなら都会人でも運転できるかも(とは夫の希望的観測)。

tanchou タンチョウの集団。釧路湿原で双眼鏡越しに見たことがありますが、こんなにたくさんは初めて!
求愛ダンスも初めてナマで見た~!

飛び立つタンチョウを撮りたくて、夫は夢中でシャッターを切っていました。でもなかなか難しいようで・・・。

友人はアイヌです。ウタリ協会の支部長をやっていて、アイヌの文化復興に熱心です。
以前、私が英会話サークルのスピーチでアイヌの文化を紹介したことを話したら、言葉の話題で盛り上がりました。彼は最近、アイヌ語検定試験(のようなもの)を受けて見事合格。これを取るとアイヌ語の講師ができるそうです。
助詞があったり語順が同じだったり、アイヌ語と日本語は似ていますが、アイヌ語の場合は動詞が不規則変化どころか、まったく違う単語になるんだって。覚えるのが大変そう。
また、アイヌ語は長いこと使用が禁止されていた言語なので、近代的な単語(例えばテレビとか電話とかコンピュータとか)が存在しません。だからこれからそういう単語を作っていかなくてはならないとか。

24時間、アイヌのことを考えている」とは彼の言葉。
何らかの使命や夢中になれるものを持つっていいなあ・・・。

彼はアイヌの活動のほかに、アイヌ伝統文様のアクセサリーや携帯ストラップを作ってお店に卸しています。

strap balleta 携帯ストラップとバレッタを買いました。模様がめちゃ細かいの。
素材に使っているエリマキ(ツリバナ)という木はすごく固いので、しばらく水につけて柔らかくしてから彫るそうです。
夫もストラップとブレスレットを買って、毎日身につけています。私たちのお守りです。

川湯温泉駅で友人と別れ、網走に戻り、網走からバスで女満別空港へ。

自宅に着いたのは夜中の12時近くで、ソーキチの夕飯が遅れてしまいました。玄関の鍵を開ける前から「遅いニャーッ、腹減ったニャーッ」という声が聞こえます。ごめんね~。

sokichi1 夕食後にくつろぐソーキチ。ちょっとスネてます。
こんなときは「スネキチ」と呼んでいます。

たった一泊二日の旅なのに、何日も出かけていたような充実度でした♪。

万全の計画を立ててくれただんなさま、旅先でお世話になった皆さん、いい子でお留守番をしていてくれたソーキチくん、ありがとうございました(^・^)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

厳冬北海道2006 その1

春が近づいておりますが、時間を少し巻き戻して冬にさかのぼります。

2月、夫と二人で北海道に行ってまいりました!
有給休暇が取れなくて、土日を利用した一泊二日の強行スケジュール。

旅行に行くたび、夫が「旅のしおり」を作ります。ええ、その旅がたった二人っきりでも、たった一泊二日でも作ります。

しおりに書かれた旅のタイトルは、

厳冬期の北海道/旭川・網走・川湯2日間の旅

寒そ~!!

当日の朝は早いっす。朝の4時に支度開始。外はまだ真っ暗・・・(:_;)。
超夜型の私は貫徹しました(前日の夕方に少し眠っておいて正解)。
ソーキチは今回ひとりでお留守番。餌やり器を2台駆使して、後ろ髪引かれながら出発しました。

ペット自動給餌器★わんにゃんぐるめ★クリアブルー ←うちで使っている餌やり器。シャッター、タイマー、保冷剤付き♪

飛行機で旭川に降り立つと、雪、雪、雪! 上着をたくさん着込み、タクシーをつかまえました。道路、ガチガチです。アイスバーンなんてもんじゃない、スケートリンク! なのに運転手さんはほとんど手放しで運転してるし、しかもよくしゃべるし(:_;)。
赤信号でブレーキをかけたのに、車がスルスル自動直進。停止ラインを完全に超えました。
「たまにハンドル取られそうになるんだよねー、わっはっは」。
だったらちゃんとハンドル握ってください! こわいよ~(;O;)
旭川では、道路も運転手さんの口もよく滑るらしい・・・。

目的地の旭山動物園に到着。雪が降ってるのにけっこうな人出。団体客もいっぱいいました。

事前に夫が「旭山動物園のつくりかた」という本を熱心に読んでいたので、私は旅のしおりとパンフレットを片手に彼の後をついていくだけ。

まずはアザラシ館

azarashi こんな風に、ガラス(?)でできた太い柱にアザラシ君が泳いでいます。プクプク泡を立てて、サービス精神旺盛(^O^)/。写真はクリックすると拡大します。

ペンギンの散歩は午前と午後、二回とも見れました。リーpenguingroupダーにくっついてのヨチヨチ歩きは本当にかわいい! でもペンギンさんたち、と~ってもマイペースなので、なかなか進まない・・・後ろをついて歩くスタッフのみなさま、寒そうでした。おつかれさまです・・・。

ペンギン館の中は透明なトンネルになっていて、左右上下からペンギンの水中遊泳が観察できます。海の中にいるみたいで、目が回る~(◎o◎)。

bear 白熊クン。寒くないんかな~。
ホッキョクグマ館の壁は水槽。目の前に飛び込んで泳ぎを披露してくれました。迫力満点~(~o~)。

fukuro ふくろう様。
穏やかな微笑みです。こんな表情で毎日を送りたいものです。

taka1 鷹の生態を学ぶコーナー。写真は飼育係のお兄さん。念のため、お顔は隠させていただきました。

実際にオオタカを飛ばしながら生態の講義をしてくれるのですが、鷹を使うお兄さんの姿、かっこよかったよお。はっきり言ってホレました。

講義の途中で、「誰か腕に乗せてみたい方、いませんか?」
夫が一番乗りで手を上げました。手袋をはめて次の瞬間・・・

鷹が舞い降りた!\(@0@)/

乗せさせてもらえると噂には聞いていて、でも半信半疑だったのです。まさか念願かなうとは・・・。これだけで彼はもう大満足!

monkey オラウータン館
さて問題です。写真の中にお猿さんはどこにいるでしょう!?
お猿さんたちが自然に近い形で暮らせるように、色々工夫されていました。

旭山動物園は至るところに工夫や手作りの味があります。例えば、他界した動物をお知らせするために、檻のところに「喪中」と書かれた看板があり、亡くなった動物さんの名前やイラストが手書きで添えてあります。

自然への配慮も少しずつなされています。普通のトイレにほかにバイオトイレというのがあり、水を使わず、オガクズで排泄物を分解する仕組みになっていました。このトイレ、イヤな匂いがまったくありません。オガクズで分解された排泄物は肥料になります。

園内の道はつるつる。夫が派手に転んで、周りから(妻にも)笑われました。ケガがなくて何よりです、ハイ。
(こんなこともあろうかと、密かに夫の健康保険証を持参していた私。うひゃひゃっ)

冬季の入園時間は短いのですが、小さい動物園なので目いっぱい堪能しました。夏にまた行きたいな~。

動物園を出て、次は網走へ移動です。
特急で4時間ですよ、4時間! やっぱり北海道は広いです。

網走に到着したとき、時間はすでに夜の9時近く。そのまま旅館に直行しました。ちなみにタクシーに乗るとき、夫がまたしても転びました。やっぱり笑うっきゃない>^_^<。
(保険証は使わずにすみました。ほっ)

旅館の夕食時間はとうに過ぎていたのですが、前もって代理店に頼み込んで(というか脅迫に近かったかも・・・(*_*;)、特別に出してもらいました。

カニ尽くしメニュー。カニの刺身、カニのしゃぶしゃぶ、カニのみそ汁、ゆでカニ、カニ雑炊・・・。私、カニはあまりたくさん食べられません。でも夫はカニが大好きなので、私の分まで平らげてしまいました。

お風呂に入って部屋の戻ると、お布団が敷いてない・・・(T_T)。フロントに聞いてみたら、スタッフはみんな帰ってしまって、残っているのは警備のおじさんだけ。ガーン・・・。
しかたなく自分たちで準備しました。夕食のムリを聞いてくれた旅館だっただけに、ちょっと残念。

明日も朝が早いっす。続く。

それにしても、ココログの障害&メンテナンス、長かったな~(-"-)。
フリーが問題ないって、どいういうこっちゃ~(--〆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

日記ブログ復活!

日記ブログ、復活しました!

との喜びもつかの間・・・なんと、なんと今度は

「実践+情報館」を削除しちゃった!! 
びえ~\(◎o◎)/!

またやってしまった・・・(T_T)・・・しかも今度はバックアップ取ってないし・・・。

コメントをくださったみなさま、本当のごめんなさい・・・・・・・・・・・・愚かな私をお許しください・・・。

嘆いても削除しちまったものはいた仕方ない。幸い、統一場心理学の教科書も出版されたことだし、皆さんには本家本元を読んでもらえればそれでいいかな♪。

ということで、気持ちを切り替えて、ココログのプランもベーシックに戻しました。これで毎月、500円の節約になるな~。やっぱり主婦はこうでなくっちゃ。へへへっ。転んでもただでは起きないゾ。

過去記事のバックアップがあるのですが、うまく復元できなかったので公開はやめました。

何もかも心機一転、タイトルも変えました。

「桜の花の咲くころに。。。」。

そこそっこの誕生日は4月10日。生まれ故郷では桜が満開の時期。
自分が生まれた季節、毎年桜の花が咲くころに、少しずつ脱皮していけたらなあという願いを込めました。

みなさん、再びよろしくお願いします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »