« 「ありがとう」という言葉 | トップページ | 旅バトン »

2006年4月23日 (日)

「猫本」

「ねこもと」と読みます。

猫本

作家や漫画家には、何故か(=^・^=)好きが多い。
この真実に気がついた「週刊モーニング」の編集部が実現しました。

人気作家23人による猫を描いたマンガ本!

このブログのサイドバーで紹介しているチーズスイートホームの作者。
先日紹介したとりぱんの作者。
他にも好きな作品として、
天才柳沢教授の生活→飼い猫タマとの話しを今回用に書き下ろし。
猫マンガの老舗、What's Michale?の作者自選ベスト作を掲載。
そしてなんと、萩尾望都さんの作品も。→多分、書き下ろし。

漫画家さんたちがいかに猫を愛しているかが覗ける一冊です。

(もちろん、これだけの作家が集まると、それぞれの作品に好き嫌いがあると思いますが・・・すごく倒錯的なのもあるし^^;)。

|

« 「ありがとう」という言葉 | トップページ | 旅バトン »

ペット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うわー。面白そう。
猫本ですね。
早速オーダーしよっと。

投稿: くりにゃー | 2006年4月23日 (日) 19時06分

う~ん、面白そう。
猫を題材にすると、おもろい漫画多いですなぁ。

投稿: あきちゃん | 2006年4月23日 (日) 23時29分

猫漫画おもしろそ
ネットで注文はしない主義なので、大きな本屋で探してみます。
けど、そっこさん、珍しい本をよく見つけますね。
そう言えばソーキチ君干し芋大食い事件後元気にしてますか?
三つ子の魂百までと云いますから、貯め食い癖はなかなか直らないかな。まあ、元気なら良いですね(~_~;)

投稿: ako | 2006年4月24日 (月) 01時14分

「猫本」は発売したてのホヤホヤです(^^♪。

くりにゃーさん

くりにゃーさんのお友達にいっぱい出会えますよん(^・^)。アマゾンだと配達されるまでちょっと時間がかかりそうですね。札幌なら大きな本屋さんで買ったほうが早いかもしれません。


あきちゃんさん

ネコ好きさんはとことんネコが好きだから、愛情がマンガに現れて面白いものができるのかも。私も昔は犬派だったのに、今じゃすっかりにゃんこ派です(^_-)-☆。


akoさま

うちは夫婦揃って本関係の仕事をしていたせいか、本屋が大好き。珍しいものを見つけると、ついつい買ってしまうのです^^;。
ソーキチのお見舞いありがとうございます!翌日にはケロッとして、いつもと同じようにご飯を食べ始めました。もう大丈夫。彼は意外とタフです、ハイ・・・(*^。^*)。


投稿: そこそっこ | 2006年4月24日 (月) 14時59分

ご心配かけました。今日から再開しました。
「猫本」ですか。面白そう!そうなんですよね。作家さんとか漫画家さんってネコ派が多いんですよね。お家でお仕事する人にとってはネコはいいパートナーなんだと思います。
昨年(だったかな?)町田康さんの「猫にかまけて」という本を読みましたが、写真もいっぱいで、笑えて泣けて、とてもいい読後感でした。

投稿: みやび | 2006年4月25日 (火) 23時02分

みやびさん、再開されてよかったです♪。

猫本、なかなか個性的なマンガですよ。「What's Michale」の作者の小林まこと氏は、個人主義なところが、猫と作家は似てるんじゃないかと言ってました。
「猫にかまけて」という本は初めて聞きました。探してみます。

投稿: そこそっこ | 2006年4月25日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/9725570

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫本」:

« 「ありがとう」という言葉 | トップページ | 旅バトン »