« 自然に触れた1日 | トップページ | バトン »

2006年5月25日 (木)

かすかな不安

Mental Circus 時代に勉強した統一場心理学の活動をやめてしまったのは今年の2月。

当時、いつかは統一場心理学を仕事に・・・と考えていた。実際、その一歩手前まで行っていた。

やめた理由は色々あるし、個人的なことも含むので多くは語れないけれど、気持ちが整理された今、改めて自分を見直したとき、やはり「家族」をとった気持ちが大きいのかなと思うときがある。

家族といっても、うちには夫と猫のソーキチしかいない。時間はたっぷりあるし、家のことと両立だって不可能じゃないと、端から見たら思うかもしれない。夫も好きなようにしていいと言ってくれていた。

それでも家族を選んだ。そしてその選択は間違いじゃなかったと感じている。

夫の帰りが毎晩遅い。今に始まったことではないが、最近は特にひどい。毎日のように終電、夜中の1時過ぎに帰ってくる。どうしてこんなに遅いの、と面と向かって責められない。飲んだりしているわけではなく、純粋に仕事だと知っているから。同じ職場にいた私には、彼の大変さがよく分かる。それでも、土曜出勤さえもしている彼を見て、会社は私の夫を殺す気か、と憤りを感じるときが多々ある。

彼が眠るのは当然、2時とか3時とかになる。そして朝は8時には出かけている。明らかに寝不足だから、朝食は食べない。というか、体が受け付けないらしい。昼ぐらいは外に出たいといって、お弁当も持っていかない。

そんな風だから、私としてはせめて夕食ぐらいしっかり食べてもらおうと考える。だから彼が帰るまで起きて待っていて、彼よりも遅い時間に床に就く。当然、朝は早く起きられない。

とてもじゃないが、夫の生活に合わせながら仕事と家事を両立するなんて、私には無理だ。もちろん、超がつく忙しさの彼に、家事のシェアを頼んだって、実行できるわけがない。
(と言いつつ、朝のゴミ出しは進んでやってくれてる。助かってます)。

今の生活に不満はない。忙しいからといって給料があがるわけではないけれど、それでも私は自由気ままにやらせてもらえて、心から感謝している。夫の身体は心配だから、食事を気をつけたり、なるべく話し聞いてストレス解消の手助けをしたいと思っているし、彼がグチを吐き出せるのは私しかいないという自負もある。私自身がそうしたい、と強く願っている部分もある。

それでも・・・統一場心理学はやめてしまったけれど・・・ホンネを言うと、私には他にやってみたい仕事がある。そして今、その目標に向かって年単位の準備を始めた。でもその仕事、数年後には果たして実行できているのだろうか?

リアルな世界の多くの人は、私が仕事も家事もバリバリこなせるタイプだと感じるらしい。

でも実際は違う。私はとても不器用で融通のきかない人間。片方に夢中になると、片方がどうしてもおろそかになる。その落差は激しい。もしホンキで仕事を始めたら、家事は絶対にこなし切れない。そして、そんな自分が許せなくなってしまうかもしれない。

ときどきこんな風に、見えない未来に迷うことがある。毎晩疲れて帰ってくる夫の姿を心配しながら、こんな生活がいつまで続くのだろうかと、かすかな不安を感じてしまう。

久しぶりに単発の仕事が入ったので、いつもより早起きをした。今、洗濯機を回している。これから干して、夕食の下ごしらえをして・・・。今日は午後からだから良いけれど、もしフルタイムでしかも毎日働いているとしたら、どうなるのだろう。そう考えたら、PCに向かわずにいられなくなった。

|

« 自然に触れた1日 | トップページ | バトン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そこそっこさんのお気持ち良く解ります。
ご主人様忙し過ぎて本当、健康が心配ですね。
未だお若いので直ぐに病気と結びつく事はないでしょうが、何とかお休みを取れると良いですね。
そこそっこさんのお仕事について、難しいですね。
それだけお忙しいご主人の為には、今のように単発のお仕事位で、様子をご覧になるほうが、家庭円満だと思います。
両立はお互いに負担がきついでしょう。
力を蓄えておいて、もし何らかの状況の変化があった時には、力を発揮する、そんな具合に行くと良いのですが。

我が家も去年から亭主が自営業になったので、時間がもの凄く不規則です。
亭主の時間に合わせると、私の時間は細切れで、睡眠も細切れになったり、難しいのです。
最近慣れてはきましたが、未だ未だなところもあります。

投稿: ako | 2006年5月25日 (木) 22時11分

難しい問題ですねぇ。
うちは子供もいて共働き。しかも同じ会社。
だから、お互いの職場のこともよく分かるので、多少の融通は利きます。でも、子供のイイベントがあったりする時に限って二人とも忙しかったりするんですよねぇ・・・。
うちの場合は、私も休職中(もうすぐ復職しますけど)なこともありますが、元気なときでも何とか家事のシェアをして、お互いカバーしていました。
ただ、帰りが午前様になると、カバーしたくてもカバーできないでしょうね。
家族を優先されたこと、大変悩まれたことだとは思うんですが、家族を取ったことで自分に使える時間は確実に増えるでしょう。それを有効に使ってみてはいかがでしょうか?

投稿: あきちゃん | 2006年5月25日 (木) 23時28分

先ほど夫から電話があり、今日は終電が免れたようです♪。

akoさん

コメントありがとうございます。
そうですね。今は単発のお仕事に留めて、家庭に集中したいと思います。どちらにしても、私のやりたい仕事はそれなりの準備期間が必要なので、今はその時期だと思っています。そして、状況が変化したときに動けるようにしておきます。
自営業も大変そうですね。仕事とプライベートの折り合いが難しそうです。akoさんmakoさんとも、お体に気をつけて。商売繁盛をお祈りします♪。


あきちゃんさん

アドバイスありがとうございました。
確かに、これだけ自由な時間が取れるのはラッキーです。前向きに捉えて、有効に使えるように頑張ります!→元気が出てきた(^o^)。
あきちゃんさんも職場結婚ですか。しかも同じ姉さん女房・・・ふふふ、面白いですね。
共働きはも、それはそれで大変なことが多いとお察しします。特にお子さんがいるおうちは、だんなさまの協力が不可欠です。その点、あきちゃんさんは良いだんなさまなのですね。

投稿: そこそっこ | 2006年5月26日 (金) 00時24分

こんばんは。
そこそっこさんのお気持ち物凄~く
わかります。
むしろ多くの日本人女性が抱いている
気持ちなのかもしれません。
まさに、私も、仕事か家庭かという問題で
ここ数年悶々とした日々を過ごしてきました。
そんな中、blogで漠然とした不安な気持ちを
整理したり、キャリアカウンセラーの勉強の中で
わかってきたことがあります。
働いている時間、専業主婦の時間、子育てを
している時間・・・
全てひっくるめてその人自身の立派なキャリアなんだということ。
臆病にならず自分の選択した時間、今置かれている
状況下で、誇りをもって頑張ろうと思うようになりました。
何だって無駄な時間ってないと思います。
特にそこそっこさんは、ご主人への愛情一杯で
ご主人のために何ができるだろうと日々考えて
おられるし、日常のなかでのご自身のお勉強や
ご趣味もきっと将来どこかで役立つ情報であったり
支えになりうることなのだと思います。
(これはいつも自分にも言っている言葉でもあります^^;)
人生の先輩に向かって生意気なことをいってしまい
申し訳ありませんでしたm(_ _)m

投稿: M子 | 2006年5月27日 (土) 23時11分

お気持ち、分かります。でも無理はいけませんから。私も結婚して数年は共働きでした。フルタイムで働いているのに、仕事のせいで家事がおろそかになってはいけないと、家事を完璧にこなすことばかり考えていました。主人に手伝ってと言ったことはありませんでした。手伝おうかと言われても、私がやるからいい!と言うほど頑固でした。でも仕事と家庭の両方の重圧に押しつぶされてしまったのですからね。もっと上手に手抜きとかできれば良かったんですけど、性格上それができなくて。できる時に、できることをやればそれでいいんじゃないでしょうか?そこそっこさんの新しい目標が実現するよう、祈っています。

投稿: みやび | 2006年5月28日 (日) 00時03分

M子さん

コメントありがとうございました♪。

昨年の秋まで大学生をやりながら仕事をしていました。
ところが語学学校の仕事だったので夜が遅く、夕食の支度などがほとんどできなくて、主人はそれでもいいと言ってくれていたのですが、申し訳なくて仕事を辞めてしまいました。
そのとき、けっこう彼ともめたりもしたので、卒業したら昼間の仕事を・・・と考えていたのですが、けっきょく両立する自信がなくて諦めました。仕事は学業みたいにノンビリマイペースで進めることができませんから。
当時はそんな自分に落ち込みもしましたが・・・徐々に、私には私の生き方があるかなと思えるようになりました。
M子さんのご意見を聞いて、また元気が出てきました。私の選んだことに間違いはないと思えました。
どうもありがとう。さすがキャリア・カウンセリングの勉強をされているだけあるワ。説得力ありましたよ(^o^)。


みやびさん

そうなんです。私も頑固なところがあって、何事も完璧にしなければと自分を追い詰めてしまうんです。
そんな自分の性格を考えると、やはり今はどちらかを選ぶしかないかなって思います。選ぶとしたら、やはり家庭だなあ・・・。甘えん坊のソーキチのそばについていてやりたいとも思うし・・・。
新しい目標の達成は、どちらにしても時間のかかることなので、ゆるゆるとやっていきたいと思います。
貴重なご意見、ありがとうございました。みやびさんも無理なさらないでね。


投稿: そこそっこ | 2006年5月29日 (月) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/10231530

この記事へのトラックバック一覧です: かすかな不安:

« 自然に触れた1日 | トップページ | バトン »