« GW・里山と焼肉 | トップページ | 歌のレッスン再開 »

2006年5月 8日 (月)

GW・諏訪大社と帰宅の途

とうとう帰宅する日です。

高速の渋滞を避けるため、電車で帰ることにしました。

茅野駅に向かう途中、両親と一緒に諏訪大社の下社秋宮へ立ち寄りました。

御柱祭で奉納された倒木を見ていると、「お宅たち、よそから来なすったね」と、ひとりのおじさんが近づいてきました。
地元の人らしいおじさんは、私たちの歩みに合わせて、歴代の御柱の樹齢や境内の中にある植物の説明をしてくれました。お宮に飾られたしめ縄は御柱を引いた引き綱とか。ものすごく太くて大きくて、お祭りの度に地域で長さを決めて縄を編むそうです。

境内の中にある白松は、三葉の松とも呼ばれ、白い肌をしています(リンク先の写真よりもっと白い肌をしていました)。めずらしくて縁起のよいものなので、観光客が樹皮を直接はがして持っていってしまうそうです。おじさんは言いました。「自然に落ちたものを拾ってな。自然に落ちたものなら神さまがくださったものだから大丈夫」。

ひと通り見終わってゆっくり歩いていたそのとき、事件は起きました。おじさんが突然、倒れてしまったのです。

父がおじさんを抱きかかえるように起こしました。母が目の前にあった売店の巫女さんに救急車を呼びかけました。夫と私はおじさんの様子をうかがっていました。意識はあるようですが、おじさんの手が上下に大きく揺れています。

巫女さんからの連絡を受けて、3人の若い神主さんが急ぎ足でやってきました。おじさんはきょとんとして一点を見つめていました。記憶が混濁しているようです。あんたたちは誰だ?というような顔をして私たちを見ています。やがて震えが治まると無言で立ち上がり、振り向きもせずに歩いて去ってしまいました。

神主さんたちの話によると、おじさんは毎日のようにここへ来てお参りしたり、参拝客のガイドを買って出ているそうです。そして、同じように倒れたことが何回もあったようです。でも誰もおじさんの名前や住処を知りません。夫がポツリと言いました。「不思議な時間だったなあ」。毎日この聖地を守るおじさんは、まるで神さまの代弁者のようでした。

スムーズに電車を乗りつき、帰宅しました。
ソーキチは「シャー」と怒って出迎えてくれました(^_^;)。
シッターさんが毎日、写真添付のメールで様子を知らせてくれたので、何も心配はしていませんでしたが、怒られるとさすがにショックです。
ソーキチはシッターさんに甘えまくっていたようです。猫じゃらしで遊ぶより甘えるのが先!という感じで、シッターさんの膝にゴロンと頭をつけたり抱かれたり。
飼い主は誰でもいいんかい!と叫びたくなるほどの甘えん坊ぶりだったようですが、元気がなくなるより全然マシなので、叫ぶのは我慢します。

こんな感じでGWは終わりました。

|

« GW・里山と焼肉 | トップページ | 歌のレッスン再開 »

ペット」カテゴリの記事

旅:故郷」カテゴリの記事

コメント

諏訪大社かぁ。すごく近いところで仕事してたけど、一回もお参りしませんでした。
おととしが御柱祭でしたね。御柱もまだ新しい感じでしたか?
ボランティアのおじさん、不思議ですね。神様の使いなのかな。下社は女神さまですから、お仕えの爺、て感じかな?

ソックス猫ソーキチくんは、シッターさんがお気に入りなのですね。そこそっこ先生はしばらくは触らせてもらえなさそうです。

投稿: くりにゃー | 2006年5月 8日 (月) 17時32分

諏訪大社でのこと、何とも霊的な出来事でしたね。今度行ったときも、おじさん居て欲しいですね。それだけで充分思い出になるでしょう。
ソーキチくん、お留守番ご苦労さまですね。
いい子にしていたんですね。一応怒ってみたかったんだよね(゚ー゚)(。_。)ウンウン
充実のGWになりましたね。何だか私も行った気分で読ませていただきました。ありがとう!

投稿: みやび | 2006年5月 8日 (月) 23時16分

ご無沙汰しました。
楽しいお里帰り、充実したゴールデンウイークでしたね。
諏訪湖には行った事あるのですが、大社には詣でたことがありません。御柱も是非見てみたいと思っていました。
お父様植物博士なのですね、良いな~っ、教えて欲しい事が山ほどあるのです。
ソーキチ君は気の毒でしたね。そこそっこさんの膝が一番に決まってるのですから。
其れほどソーキチ君は寂しかったのですよ。
それから、ボランティアのおじさん、チョン太と同じ病気ですよ。神秘を破ってすみません(;^.^;)

投稿: ako | 2006年5月 9日 (火) 00時43分

くりにゃーさん

御柱は新しいという感じはありませんでしたが、どれも太くてたくましかったですよ。
私も幼い頃に諏訪に住んでいたことがありましたが、諏訪大社は初めてだったかも。諏訪湖の白鳥丸も乗ったことないし。
おじさん、お仕えの爺という雰囲気たっぷりでした。
ソーキチは毎日私に抱かれています。触らせてもらってホッとしています。
長い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました♪。

みやびさん

おじさん、いつまでもああして神さまを守ってほしいなあと思いました。
また行ったら会えるといいなあ。
長期で留守するとソーキチは必ず怒ります・・・。
やっぱり寂しかったんでしょうね・・・。
こちらこそ、長いのに読んでくださって、ありがとう!


akoさん

お久しぶりです。チョンおじいちゃん、ちゃんと食べているようで良かったですね。
諏訪大社、いつかぜひ行ってみてください。上社と下社、全部回れるといいですね。
父は植物のこと、何でも知っていますが、私はからっきし・・・。だから帰省すると毎回勉強になります。
うちは割りと旅行が多いので、ソーキチのお気に入りのシッターさんが見つかって安心しています。

>ボランティアのおじさん、チョン太と同じ病気ですよ。
>神秘を破ってすみません(;^.^;)

いえいえ、同じようなことを家族とも話していました。
でもなんというか・・・おじさんとの時間は、なんとなく異次元の世界にいたような感じがして・・・ふと現れて、何も言わずに消えてしまったからなのかもしれませんが。
とにかく不思議な感覚だったのです(^・^)。

投稿: そこそっこ | 2006年5月 9日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/9959628

この記事へのトラックバック一覧です: GW・諏訪大社と帰宅の途:

« GW・里山と焼肉 | トップページ | 歌のレッスン再開 »