« 梅雨入りです | トップページ | 青春18きっぷの旅2003-その2 »

2006年6月21日 (水)

青春18きっぷの旅2003-その1

そろそろ夏休みの計画を立てなければなりません。
しかし、夫の夏休みがいつになるのか、今年もギリギリまで確定しそうにありません。
となると、今年も海外はムリなようです。多分、青春18きっぷの旅になるでしょう。

ということで、Mental Circus 時代に書いた、青春18きっぷの思い出を再掲したいと思います。
(単にネタ切れ、という理由もあるけど^^;)

----------------------------------------

2003年夏、青春18きっぷを使って各駅停車の旅をした。出発前、夫は時刻表を片手にかなり綿密なスケジュールを立てていた。各駅停車は本数が少ないし乗り継ぎの都合もあるから、いつものような無計画な旅はできない。最後は

18切符と地元名物料理の旅

なんてタイトルの「旅のしおり」まで出来上がっていた。
コースはざっとこんな感じ(↓見出しコピー:そこそっこ亭主作成)。

1日目  喜多方でラーメン・裏磐梯で火星を見る

東京を出発。会津の喜多方でお昼にラーメンを食べ、その足で磐梯高原へ行きキャンプ泊。
高原には天文台があった。ちょうど火星が地球へ最接近していたときなのに、曇ってて残念。


2日目  駅弁を食べながら海の幸が待っている三陸海岸へ

磐梯高原を出発、三陸のリアス式海岸を楽しみながら電車の中で駅弁。
ところが電車にボックス席がない!
ローカル列車には必ずボックス席があると信じていた私たちが浅はかだった。
周囲の視線に耐えながら駅弁をほおばる(泣)。
夜は宮城県志津川町の民宿へ。夕食に「ほや」と「まんぼう」を食す。
前もってメールで「食べたいです!」と書いて出したら、私たちのお膳にだけ用意してくれたのだ。
民宿は清潔感があって、食事もおいしかった。車じゃない私たちのために、おかみさんが自家用車で駅まで送迎してくれた。


3日目  海岸沿いと山間のローカル線の旅 & わんこそば

再び電車にゆられながらリアス式海岸を眺め、釜石でサンマのお昼を堪能する(ちょうど季節だったのです)。
夕食は盛岡の「直利庵」でわんこそば。夫婦そろって50杯。
八戸の駅前の素泊まりビジネスホテルで一泊。「家族風呂」があってびっくり。
八戸駅前のコンビニのおじさんに
「大きなリュックだね。何が入ってるの?」
と聞かれる。
もちろん寝袋と衣料です。死体など決して入っていません、ハイ。


4日目 八甲田と奥入瀬渓流と十和田湖と。
フェリーでいざ北海道へ!

レンタカーを借りて奥入瀬・十和田湖を巡る。
酸ヶ湯温泉で湯につかり昼食。
再び八戸に戻り、フェリー埠頭へ。待合室のレストランで夕食をすませる。
もちろん2等客室。フェリー初体験の私、気分はタイタニック? 
本州脱出成功。

以下、続く。

|

« 梅雨入りです | トップページ | 青春18きっぷの旅2003-その2 »

旅:青春18きっぷ2003」カテゴリの記事

コメント

酸ヶ湯というと、中学の修学旅行で行ったにゃ。温泉にはつからなかったけど、峠の茶屋で「一杯飲めば三年、二杯飲めば六年、三杯飲めば死ぬまで長生きできる」というお茶を飲んだにゃ。長生きしているにゃ。

投稿: くりにゃー | 2006年6月21日 (水) 03時13分

くりにゃーさん、やっほー。

中学の修学旅行が青森ですか!
私たちはお決まりの奈良・京都(笑)。

酸ヶ湯温泉の混浴に行こうと主人には言われたのですが、さすがにその勇気はありませんでした。

お茶飲んで長生き決定!
これからもくりにゃーさんのブログが楽しめる。やったーヽ(^o^)丿。

投稿: そこそっこ | 2006年6月22日 (木) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/10615099

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷの旅2003-その1:

« 梅雨入りです | トップページ | 青春18きっぷの旅2003-その2 »