« 指定バトン | トップページ | 水害 »

2006年7月13日 (木)

国際ブックフェア

またしても更新ご無沙汰。
更新したいと何度かトライしたのですが、ココログの動きがメチャ遅かったのに我慢できませんでした。そうこうしているうちに2日間のメンテナンスに突入。
今はスムーズに動いています。これが続いてくれるといいんだけどな~。動きが遅いって、とってもストレス(>_<)。

さてさて、先週末の話しになってしまいますが、東京ビックサイトで行なわれた国際ブックフェアに行ってまいりました!

ブックフェア、大好き。毎年行ってます。本が好きというのもあるけど、なにより雰囲気が好き。世界中の本屋さんが集まってワイワイしている感じが楽しいのです。

でも夫は、「本屋に行ったほうがたくさん本があるじゃん」。
なんて味気ない発言。自分の会社が出展してるっていうのに。

招待券は事前に手に入れてありました。夫は出展者として、私は一般ユーザーとして入場。差し入れを手に、まずは夫の会社のブースへ。

夫の会社とはつまり、私の以前の勤め先でもあります。ブースには懐かしい顔がチラホラ。挨拶をして、お客さんの様子を眺めていました。他のブースに比べてけっこうな人の入りです。書籍の2割引き販売がきいているのでしょうか、レジにも人が並んでいます。

眺めているだけで邪魔になりそうなので、会場内をひと回りすることにしました。私のターゲットは語学関連の出版社。前置詞の使い方に関する本を1冊購入。洋書バーゲンも覗いてみましたが、すごい人だかりで断念。

夫の今年の狙いは北海道新聞社。この会社が出してる北海道関連の書籍が好きなのです。

いつもはシャイな夫が、今日はなぜかとってもアクティブ。ひとりのスタッフさんをつかまえて、あれやこれや話し込み始めました(といっても、お互い仕事とはおよそ関係のない話しばかり)。北海道新聞社の出展は今年が初めてだとか。そしてついに名刺交換にまで発展していました。

スタッフの方に、毎年といっていいほど北海道を訪ねるんですよと話したら、札幌に来たときはぜひ訪ねてくださいと答えてくださいました。社交辞令だと知りつつも、北海道+北海道新聞社ファンの彼はホクホク。本もしっかり買い込んでいました。

同じ本でも、いつもと違った環境で眺めると楽しみもひとしお。こうした国際見本市って、世界規模な文化祭という感じで、わくわくします。

でも、主催者は大変なんだろうなー。実はずっと昔、イベント企画会社で派遣スタッフとして働いたことがあるのですが、その忙しさは想像以上でした。

だからこそ、本番はわくわくどきどきするのかもしれません。

|

« 指定バトン | トップページ | 水害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本屋さん?のコンベンションてのがあるのですか。出版社さんって、自分の書籍を広告する手段って、新聞の一面の下に広告打つか、本屋さんに並べてもらうかぐらいしか思いつかないです。
本好きにとってはたまらないコンベンションなんでしょうね。きっと、展示会場の宅配便窓口は大盛況なんでしょう(本って重いからね。)
道新の本ですか。あまり気にしたことはないけど、確かに北海道をテーマにした本ですね。道新の連載を本にしたのもあるし。
また北海道に来るのですね。来いばいいっしょ。

投稿: くりにゃー | 2006年7月14日 (金) 05時00分

う~ん(^0^)
本がたくさんあるところに居ると本当に気分いいよね。部屋がたくさんあれば、本棚だけの部屋と服だけの部屋が欲しい。

そして速読を身につけたい。
速読の本を読んだり、フォトリーディングを実践しようとCDなんかも買ったけど、結局できず。
図書館で本を10冊借りても期限内に読めず、いつも図書館から「期限切れてます。早く返してください。」という電話を頂きます。

そこそっこちゃんは読むの早いよねえ。

投稿: kayoko | 2006年7月17日 (月) 13時58分

この3連休、亭主にPCを占領されてお返事遅くなりました。ごめんなさい


くりにゃーさん

書籍の広告、最近はネットでの広告・販促も増えているようですよ。書店に並べるにしても、目立つところに平積み+ポップで置いてもらうのがベストなんですけどねー。
宅配窓口、ダンボールがいっぱい並んでましたよ。宅配屋さんもホクホクっしょ。
道新、北海道をテーマにしたよい書籍をたくさん出してますよ。さすが地元。本屋で見つけたら眺めてみてください。
次の北海道は来年かな。すでに楽しみ~~。


Kayokoさん

本だけの部屋、私もほしいな~。
我が家のミニ図書館。憧れ☆彡。

>そこそっこちゃんは読むの早いよねえ。

う~ん、どうでしょう。
本をつくる仕事をしてましたので、活字を読みなれているというのはあるかも・・・。

投稿: そこそっこ | 2006年7月18日 (火) 00時29分

そこそっこ様、ご本と関係ないご報告ですみません。
チョンが終に虹の橋を渡って逝ってしまいました。
沢山のお心遣いをありがとうございました。
チョン太は幸せ者でした。

ソーキチ君がそしてそこそっこさんの大切な方々が、ご多幸でありますよう、お祈りさせて戴きます。

とりあえずご報告させて頂きました。

投稿: ako | 2006年7月18日 (火) 20時36分

ご無沙汰しました。楽しそうなイベントですねぇヾ(=^▽^=)ノいいなー。世界中の本屋さんってすごいですね。私も行ったら目についたものあれこれ全部買ってしまいそうです(;^_^A

投稿: みやび | 2006年7月19日 (水) 03時00分

akoさん

悲しみのなか、わざわざお知らせくださってありがとうございました。
akoさんご夫妻がチョン太くんになさったように、私もソーキチを大切にしていきたいと、改めて思いました。
ご冥福を心からお祈りいたします。


みやびさん

いらっしゃいませ。
ブックフェア、楽しいイベントでしたよ♪
本が展示されているだけなのに、なぜかワクワクするのは、やっぱり本好きだからなんでしょうね。
洋書フェアをじっくり見れなかったのがちょっと残念(^_^;)。

投稿: そこそっこ | 2006年7月19日 (水) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/10914244

この記事へのトラックバック一覧です: 国際ブックフェア:

« 指定バトン | トップページ | 水害 »