« 日本西遊記-博多の夜 | トップページ | 日本西遊記-宮島・厳島神社① »

2006年8月 9日 (水)

日本西遊記-秋芳洞&秋吉台

うだるような暑さのなか博多を出発して、各駅停車で一路、山口県へ向かいます。電車の乗っている時間が長いときはできるだけ足のアイシング。電車の中で包帯をはずしてひたすら湿布で冷やします。

下関経由。関門海峡を越えます。ところが・・・。

関門海峡を見逃した(>_<)。

多分、二人してこれからの行程の確認に夢中なっていたのだと思います。ときすでに遅し。下関。関門海峡はどこ? いつ? ショック~~(T_T)!・・・まったく気がつきませんでした。

さて、次の目的地は、秋芳洞&秋吉台。特別天然記念物の鍾乳洞とカルスト台地です。

鍾乳洞の中はかなりひんやり、気温17℃。長袖がないと寒いです。でも一年つ通じでこの気温だそうで、冬は暖かいのですね。

Rimg0123 ←百枚皿と呼ばれる地形です。実際のお皿の数は100枚以上あるみたいですよ。

 石灰石が固まって色々な形の岩ができているのですが、昔の人は想像力をはたかせて、その形にさまざまな名前をつけました。百枚岩もそのひとつ。

Rimg0126 暗くてよく見えませんが、「マリア像」。他にも「岩窟王」とか「くらげの滝のぼり」とか、面白い命名がいっぱいありました。

 よい写真がなくてたくさん公表できないのが残念です。

 広い鍾乳洞のなかには「冒険コース」というちょっとスリリングなコースもあって(有料ですが)、子どもたちに人気のようです。

この地下水系はラムサール条約に登録されています。大きな洞窟です。大きな川が流れているのです。川の音が天井にこだまします。

洞窟からエレベータを使って地上に出ると、

Rimg0127 カルスト台地の秋吉台です。

 Rimg0128

石灰石でできた岩が草原にまばらに散らばっています。石灰石は水に溶けやすいので、こんな溶食地形ができるのですね。

ところで、秋芳洞は「あきよしどう」と読みますが、ここらの地名は「秋芳町(しゅうほうちょう)」と呼ばれています。これにはいわれがありました。

昭和天皇が皇太子だった頃、この洞窟を見学して「秋芳洞」と命名。しかし、名前は紙に書かれただけだったので、周りの人間はこれを「しゅうほうどう」と読み、地名も「しゅうほうちょう」としてしまったのです。

しかし後日、昭和天皇が「これは『あきよしどう』と書いたつもりだ」と発言、急遽洞窟の呼び名を変え、教科書やローマ字表記も変えるという大騒ぎになったのだそうです。

そんなエピソードを地元の人から聞きながら、秋芳町をあとにしました。でも、なんで秋吉台は「秋吉」と書くんだろう?? もともとの地名は「秋吉」なのかな。

次は広島に移動です。広島ではそれこそ世界遺産三昧です。

まだまだ続きます。

|

« 日本西遊記-博多の夜 | トップページ | 日本西遊記-宮島・厳島神社① »

旅:日本西遊記」カテゴリの記事

コメント

え、関門海峡ってトンネルじゃなかったっけ?だから、門司駅を出たらすぐに真っ暗になって、出たと思ったらすぐに下関駅なんじゃないかな。だから関門海峡は見えない。

鍾乳洞は良いですね。夏でもひんやりとして、涼しい気分になれます。いろいろと面白い岩があるのですね。楽しそう!

カルスト台地は、石灰岩。その石灰岩が浸食された結果、穴ぼこ(ドリーネ)ができたのですね。落ちれば良かったのに。イベントとして面白かったと思うんだけどなー。

え、しゅうほうどう、じゃないの??知らんかった……。がーん(゚_゚;)

投稿: くりにゃー | 2006年8月15日 (火) 22時17分

くりにゃーさん、関門海峡について取り急ぎ。
実はよく覚えてないんですよー。もしかしたらトンネル通ったかもしれない。でもあっという間だったんでしょうねえ。。。。

カルスト台地はちょこっと見ただけ。足が痛かったので、展望台でおとなしくしていました。馬に乗って台地を一周できたみたいなんですけどね、時間なかったんです。
絶対落ちるもんかーっ!!(^^)v。

投稿: そこそっこ | 2006年8月15日 (火) 22時22分

ここまで一気に読ませていただきました。
いろいろと楽しまれたようですねぇ。やっぱり、屋久島って自然の宝庫だからいいですよね。でも、きっと大人の旅になるんでしょうねぇ。子供がもう少し大きくなれば行ってみたい所ですね。
関門海峡はものすごく短いですよ。車で吸収に行ったとき「え?こんなに橋短いの?」って思いましたもん。
では、引き続きお土産話を楽しみにしています。

投稿: あきちゃん | 2006年8月16日 (水) 00時43分

あきちゃんさん

一気に読むの大変だったでしょう!? ありがとうございます☆。
関門海峡ってそんなに短いんだ。気づかなかったもの無理ないかなあ。
屋久島、いいですよお。バイクで来てる人も、車で家族連れで来ている人もたくさんいました。関西からだと比較的行きやすいんじゃないでしょうか?
ぜひぜひ訪ねてみてください。

投稿: そこそっこ | 2006年8月16日 (水) 02時12分

秋芳洞なつかしいです。九月の末頃訪れた事があります。
洞窟の中は寒い位だったと覚えています。
昭和天皇のエピソードは知りませんでした。

投稿: ako | 2006年8月19日 (土) 00時34分

▼akoさま

akoさまも秋芳洞に行ったことあるんですね。中がすごく広くてビックリします。寒いにもビックリです。地上とはちょっと違う生物がいっぱいいそう。こうもりを見かけましたよ。
名前の由来、鶴のひと声というものでしょうか。面白いですよね。

投稿: そこそっこ | 2006年8月19日 (土) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/11446013

この記事へのトラックバック一覧です: 日本西遊記-秋芳洞&秋吉台:

« 日本西遊記-博多の夜 | トップページ | 日本西遊記-宮島・厳島神社① »