« 日本西遊記-屋久島① | トップページ | 日本西遊記-屋久島③ »

2006年8月 6日 (日)

日本西遊記-屋久島②

今日は登山の日です。屋久島の自然遺産を堪能する日です。

大きな荷物はテントに残し、身軽で出発。靱帯を痛めている左足が心配。ということで、私は登山用ストックを2本持参。

Tozan_2 こんなかっこうです(恥ずかし~(^_^;)。
 ストックを2本も使っている人はさすがにいませんでしたが、持っていって正解。けっこう道が険しいの。

Tozanmap 今回は有名な縄文杉コースは取らず、地元の人オススメのコースを歩きました。もののけ姫のモデルになった白谷雲水峡を巡るコースです。

Rimg0038 Rimg0039_1 当たり前のように出てくる鹿さんたち。

Rimg0043 二本足杉。

Rimg0049 こけにかかった露が
キラキラ光ってとっても綺麗。

トイレは途中の避難小屋のみ。ペーパーは便器に捨ててはいけません。
トイレの中にあるゴミ袋に中に捨てます。

Rimg0080_1 水の透明度は素晴らしい。沢の水をたくさん飲みました。
 でもさすが南国。山の中の水もなんとなく温かい。

 造り酒屋の間では、屋久島の水が日本で一番キレイだといわれています。

太鼓岩から眺める風景は素晴らしい。そんな噂を聞いて、太鼓岩を目指しました。到着までの10分は本格的な登山道です。

あとは岩に登るだけ・・・そんな瞬間、突然雨が降り出しました。
急いでレインコートを羽織りましたが、雨はかなりの勢い。急な岩に登るのは危険です。
雨はやみそうにありません。しばらくその場で雨に打たれていました。

雨がやみはじめ、ガスが晴れるまでお昼を取ることにしました。木陰に腰を下ろし、シングルバーナーでお湯を沸かして、コーヒーとレトルトのおかゆをいただきました。体が冷えている今、あたたかいお昼がありがたい。雨が完全にやんでから岩に登ってみました。

Rimg0069 ←ガスがかかってまったく景色が見えません。それでも粘ります。

Rimg0070 ←強風が吹き、ガスが飛ばされ始めました。

Rimg0071 ←・・・・見えたっ!!
思わず拍手喝さい!

中央に川が流れています。素晴らしい景色です。写真では伝えきれません。森の深さ、広大さ。これこそ屋久島、まさに「神」が住んでいる森です。感動で涙が出そうでした。

Rimg0075 1時間待った甲斐がありました。

Rimg0078

屋久島の山ではガイドさんが大活躍。多くの登山者がガイドさんをお願いしていました。
さすが世界自然遺産ですね。

さて下山です。登りとは違うルートを選んでみましたが、それでもやはり道はキツイ。

あともう少しで登山口へ到着です。あとちょっとなのに、とうとうやってしまいました。階段を降りていたときです。

パキッ、という音とともに左足に違和感が走りました。その音は、前を歩いていた夫の耳にも聞えたようです。
「どうしたっ!!」と、夫が青い顔して振り返りました。近くのベンチで休みました。音の割には痛みはありません。何とか歩けそうだし、あと少しで駐車場。頑張って歩きました。

まだ旅は始まったばかりなのに。
再来週からは新しい仕事も待っているのに。
こうならないように、ストックを使って慎重に歩いてきたのに。

自分の不甲斐なさに、車に乗った途端、涙がこぼれました。

続く。

|

« 日本西遊記-屋久島① | トップページ | 日本西遊記-屋久島③ »

旅:世界遺産(国内)」カテゴリの記事

旅:日本西遊記」カテゴリの記事

コメント

すげぇ!!
なんか雄大な眺めですね。山登りってやったことないけど(高校生の時に十勝岳は登ったけど)、なんか気分爽快なんだろうなぁ。

シングルバーナーって、CanpingGazみたいなボンベの上にねじ込んで使う五徳付きバーナーですかな。なんか本格的ですね。山登りでも温かいご飯、てのは幸せだと思います。

足にはテーピングして固定とかしなかったのかな。緻密な事前準備を旨とする旦那様としては珍しい。スポーツテープでがちがちに固定していれば歩きやすかったと思うのだけど。

お怪我、大丈夫ですか??

投稿: くりにゃー | 2006年8月14日 (月) 21時27分

くりにゃーさん、楽しんでくださってありがとう☆。

太鼓岩からの眺め、すごいでしょ!?
これだから山登りはやめられません。あ~、足をちゃんと治してまた行かなくちゃ。

屋久島①の記事のテントの写真の右下にボンベが写っています。写真はランタンとして使用していますが、バーナーの場合はおっしゃるとおり、ランタンをはずして同じボンベに五徳を付け替えるだけです。軽くて携帯もラクなので、キャンプでは大活躍です。
ただしバーナーは飛行機に持ち込みできませんで、空港で没収されてしまいます。なのでいつも現地で調達するのですが、これがけっこうタイヘンだったりするのです。

テーピングかあ・・・そうですねえ、やっぱりそうしたほうが良かったのかなあって今は思います。
最近は、ガチガチに固定することをあまりオススメしないお医者さんが多いみたいで、迷ってたんですよ・・・。でも、次はしっかり検討してみます。

投稿: そこそっこ | 2006年8月15日 (火) 22時41分

くりにゃーさん

間違えました。バーナーが没収されるんじゃなくて、ボンベが没収されるのでした。(ーー;)。

投稿: 訂正byそこそっこ | 2006年8月16日 (水) 01時28分

もう折角、もののけの世界に浸っていたのに。
ホンットそこつっこさんなんだから。
痛めた足での旅行となりましたのね。
この先拝見するのが心配になってきましたよ。
なんて。
夜になったらデイだラボッチが現れそうな神秘の世界ですね。
屋久島に切なく憧れています。
行けたとしても、mako亭主が歩くの苦手なので、山に入るのは無理だろうな。

投稿: ako | 2006年8月17日 (木) 16時41分

akoさま

本当にそこつっこです(いいなあ、このネーミング・・・)。
まだ旅の2日目なのに、これからどうしようと思いました。
でも、リタイアすることはまったく考えなかったですね。
屋久島の山は神秘ですよ。
どんな自然にも神さまが宿っていると信じているのですが、
屋久島は特にそんな気を強く感じました。

海もステキなので、ぜひ訪れてみてください。

投稿: そこそっこ | 2006年8月18日 (金) 13時17分

楽しいご旅行だったようですね。
最近は海外旅行が多い私ですが、屋久島は是非一度行ってみたいところです。
粘って素敵な景色が見られて良かったですね。

投稿: waternon | 2006年8月19日 (土) 15時17分

▼waternonさん
お久しぶりです。いらっしゃいませ☆。

屋久島はいいですよ。私が屋久島に行くと言ってら、行ってみたいという人、ずい分いました。
海外もいいですね。うちはまだ夫婦で海外に行ったことがありません。夫については生まれてから一度も行ってません。来年こそは・・・と、毎年言っているような気がします。
続きも楽しんでいただけたら嬉しいです。

投稿: そこそっこ | 2006年8月19日 (土) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/11431933

この記事へのトラックバック一覧です: 日本西遊記-屋久島②:

« 日本西遊記-屋久島① | トップページ | 日本西遊記-屋久島③ »