« 日本西遊記-屋久島④ | トップページ | 日本西遊記-博多へ向かう »

2006年8月 7日 (月)

日本西遊記-屋久島⑤

午後から車で屋久島を1周しました。屋久島は海岸線沿いに県道(国道だっけ?)が走り、ノンストップなら3時間ほどで一周できます。

屋久島の中心部、つまり山の部分が世界遺産に指定された主な場所ですが、西側にある西部林道は世界遺産に登録されており、車でも走れるのです。

Rimg0102 ←サルが車道端でノミ取りをしています。車が通ってもまったく動じません。

 Rimg0100 鹿とサルが出会ったらケンカになるのかあ・・・と夫と話していたら、さっそく見つけました、鹿とサル。ケンカするどころか、仲良く(?)散策していました。

大川の滝です。名滝ですね。流れの力強さが圧巻。

Rimg0107 人間の大きさと比べると、滝の迫力が一目瞭然。
 夫の説得も聞かず、ゴツゴツした岩を歩いて近づいてみました。どうしても近くで見たかったのです。

Rimg0106 滝の入口で売っていたジュース。ラベルは紙に印刷されていて、あとではがせるようになっています。リサイクルに熱心な屋久島です。

ジュースを売っていたおじさん、屋久杉の木工細工も売っていました。私たちの屋久杉キーホルダーを見て、「それよりこっちの方がいいよ」と笑って言いました。「自分たちで作ったの」と答えると、おじさんは「どこで!?」と目を丸くしてビックリ。自分たちの商売、あがったりですものネ。

滞在中のキャンプ場のことを話すと納得していました。そして教えてくれました。屋久島の宿泊所はけっこう極端で、「ここが部屋だから」みたいなぶっきらぼうな場所がある一方で、とても面倒見のよい所もあるとか。つまり私たちはとてもよいキャンプ場を選んでいたのですね。こうやって赤裸々に語ってくれたおじさんも、車を止める場所や涼しい昼寝の場所を教えてくれたり、面倒見のよい方でした。

人のみならず、屋久島は気候も極端なようで、山をはさんだ上と下(地元の人はこういう表現をしていました)では、天気がまるで違うみたいです。一方が大雨のとき、一方はピーカン。こんなに小さな島なのに・・・不思議です。山と海が共存して、まるで日本の縮図のよう・・・。

さて、のんびりとドライブを楽しみ、再び宮之浦に帰り、町で見つけた総合病院へ。痛みや腫れは少ないものの、やはり気になりレントゲンを撮ってもらいました。

骨に異常なし。大きな腫れもなし。多分捻挫だろうということになりました。充分に休ませるのが一番です、とお医者さん。まだ旅が一週間残っているのですがと伝えると、お医者さんは呆れ顔(^_^;)。でもそれならばと、包帯による足の固定の仕方や、10日分の湿布と痛み止めを処方してくれました。

屋久島の病院でもらった診察券は、もう二度と使うことはないかもしれません。でも、しっかり旅の思い出の品になりました。

同じキャンプ場で、広島からバイクでやってきた大学生と出会いました。彼は屋久島がすっかり気にいって、もうしばらく滞在するそうです。山もすでに2回登っていました。

すっかり仲良くなり、夜はキャンプ場で簡単な料理を作って、3人でいただきました。おばさんが、たくさんはないから他の人にはナイショねと、自家製のラム酒をご馳走してくれました。

砂浜での食事は最高です。ウミガメのために、砂浜では照明の使用が禁止されています。でも、月明かりが私たちをくっきりと照らし、影さえも作ってくれました。

明日はとうとう屋久島とさよならです。でも、旅はまだまだ続きます。

Rimg0029_1

Sunsetwithshogo

|

« 日本西遊記-屋久島④ | トップページ | 日本西遊記-博多へ向かう »

旅:世界遺産(国内)」カテゴリの記事

旅:日本西遊記」カテゴリの記事

コメント

屋久島って、低層域から山頂まで、綺麗に亜熱帯・温帯・冷帯と気候・植生が分布してて、それゆえ世界遺産なんですよね、確か。
だから、島の中でも気候ががらっと変わるのかな。海風がぶつかるほうは雨で、その反対側は山からの吹き下ろしで晴れになったりするんじゃないかと思います。
いいなー、屋久島。世界遺産の旅ですもんね。
続きもわくわくo(^-^)o

投稿: くりにゃー | 2006年8月14日 (月) 23時29分

おかえりー!!

写真がきれーね!そして、読みながらワクワクしてしまいました。レポート読むのって楽しいです♪

足、骨に異常がなくてよかったね。
でも、これからも安静にね。

投稿: シュガコ | 2006年8月14日 (月) 23時36分

▼くりにゃーさん

屋久島に関する見事な解説、ありがとうございます!亜熱帯の植物も確かに自生してました。雨が一日に何度も降ったり、まるでスコールのようでした。
いいですよ、屋久島。色々な風景が楽しめます。ぜひいつか行ってみてください。

▼シュガコさん

ただいまー!!

デジカメに慣れてなくて、なかなか難しかったよ。
足、あれだけポキっと音がしてたのに、骨の異常がなかったのはフシギ。いや、ラッキーだったと言うべきですね。
今週はおとなしくしてます。

投稿: そこそっこ | 2006年8月15日 (火) 22時56分

解ってきました。
親切な暖かい人と出会えるのはそこそっこさんご夫妻の人柄の所為に違いないと。
ふ~んロマンチックな夕暮れの浜辺で甘~いお酒を戴いたのですねえ。
ご馳走さまでぇす~!

投稿: ako | 2006年8月19日 (土) 00時03分

▼akoさま

旅の醍醐味のひとつはやっぱり出会いですね。特にキャンプなんかだとキャンパー同士で会話を交わす機会も多いんですよ♪。
夕日を拝みながら日本酒をいただきました。最高の贅沢ですよね(^o^)。

投稿: そこそっこ | 2006年8月19日 (土) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/11433541

この記事へのトラックバック一覧です: 日本西遊記-屋久島⑤:

« 日本西遊記-屋久島④ | トップページ | 日本西遊記-博多へ向かう »