« 日本西遊記-屋久島⑤ | トップページ | 日本西遊記-博多の夜 »

2006年8月 8日 (火)

日本西遊記-博多へ向かう

4日目です。屋久島に別れを告げる日です。ラッキーにさよならを言い、キャンプ場のおばんさんと広島の大学生が見送ってくれました。予想以上に屋久島を気に入ってしまったので、離れるのはかなり名残惜しく悲しくて、涙を必死でこらえました。

寂しさを抱えたまま、高速船トッピー号で鹿児島に向かいました。新たな出会いが待っているはずです。

Rimg0115

船の窓からなので、きれいに撮れませんでしたが、拡大してみてください。
遠くにぼやっと見えるのは、恐らく硫黄島。煙が上がっています。

船の内装は飛行機の中のよう。快適ですが、少々冷房がきつく、毛布を借りました。

Rimg0116 鹿児島に到着しました。はるかに見えるは桜島なり。

さて、鹿児島観光するまもなく博多へ向かいます。18きっぷを使った各駅&快速列車が今回の旅のテーマのひとつですが、なるべく早く博多の夜を楽しみたい。そこで、新八代駅まではちょっとズルをして、新幹線でワープすることにしました。

060808_13450001 新幹線つばめの中です。この豪華さに、ちょっと興奮。

060808_13470001 テーブルもオシャレです。

060808_13490001

←トンネルに入るとさらに豪華さが際立ちますネ。

鹿児島観光はしなくても、名物料理は堪能したい。駅弁を買って新幹線の中で食べました。Rimg0117

テーブルが美しいと、駅弁もおいしそうに見えます。いえ、実際おいしかったんですよ(笑)。

このままゆったり博多へ飛んでしまいたい・・・そんな衝動を必死に抑えて、新八代駅から各駅停車に乗り換えました。18きっぷの出番です。

ボックス席で向かいに座っていたおじさんに話しかけられました。私たちの大きな荷物を見て、興味をもったみたいです。

聞けばおじさんは埼玉の方だとか。育ちは九州で、休暇でこちらにやってきたそうです。九州の特産物である井草の話しや屋久島の水の話しに花が咲きました。都会の水を最初は飲めなかった、というおじさんと私の話しを聞いて、都会育ちの夫が驚いていました。

おじさんは途中の駅で、「楽しかったよ」と言って降りていきました。

長い列車の旅はときに退屈してしまいますが、こういう出会いこそが各駅停車の旅の醍醐味かもしれません。時間があるからこそ、のんびり語り合うことができるのですね。

今回の旅は、こんな出会いがいくつかありました。

続きもお楽しみください。

|

« 日本西遊記-屋久島⑤ | トップページ | 日本西遊記-博多の夜 »

旅:日本西遊記」カテゴリの記事

コメント

おぉ、トッピー号!!
あの、くじらと衝突して、失速、墜落した、怪我人たくさんのトッピー号ですね。なかなかに旦那様、チャレンジャーだ!!何事もなくて良かったですね。

硫黄島って、鬼ヶ島のモデルになった島ですよね。いまだに噴火してるんですか。

つばめって、これってグリーン車ですかい??すげぇリッチなんですけど。奮発しましたね。でも、そんなに時間かからないから、あっという間でなかったかな。

各停の旅は出逢いが基本ですよね。そこそっこ先生達が人なつっこさそうなオーラを出してたからでしょう。良いことですね。

投稿: くりにゃー | 2006年8月15日 (火) 22時02分

くりにゃーさん、取り急ぎつばめについて。

これ、普通の指定席なんですよん♪。
外から自由席も見かけましたが、自由席もこんな感じの豪華なシートでした。
JR九州、リッチですね。

投稿: そこそっこ | 2006年8月15日 (火) 22時11分

硫黄島遥かに浮かんでますね。
新幹線ツバメ号って豪華な仕様ですねぇ。
東日本の新幹線とは大違い!
気分だけでなく身体もゆったり旅が楽しめそう。
毎度お弁当が美味しそう。お摘みになるメニューですね。
くりにゃーさんの仰るように人懐っこいオーラが、良い人を惹き付けるのかもね。

投稿: ako | 2006年8月19日 (土) 00時16分

▼くりにゃーさん、ふたたび♪。

トッピー号、実は私もヒヤヒヤしてたんですが、何事もなく終わってホッとしました。
新幹線は駅弁を食べて終わり、という感じで、ちょっと残念でしたが、その代わり各駅で出会いがあったのはラッキー。各駅だと地元の人と話しができたりして面白いです。


▼akoさま

九州新幹線、リッチですよね~。
なぜでしょう。乗車率が高いんでしょうか。
色々なところをつまみ食いの旅ですから、当然駅弁もつまみ食い??
行く先々で駅弁を選ぶのも楽しいものです。

投稿: そこそっこ | 2006年8月19日 (土) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/11439999

この記事へのトラックバック一覧です: 日本西遊記-博多へ向かう:

« 日本西遊記-屋久島⑤ | トップページ | 日本西遊記-博多の夜 »