« ありのままを認める | トップページ | ロマンのゆくえ »

2007年1月30日 (火)

諦めることと諦めないこと

前回の続きです

この頃から私は物事に対して、「諦めるべきこと」「諦めなくていいこと」を無意識に分別しているような気がする。

諦めるべきこと=例えば、生まれを変えることはできない、人種を変えることはできない、他人には成り代われない、他者の気持ちは変えられない、など。

諦めなくていいこと=これからの自分、これからの未来、他者を思い通りにすることは至難の業だけど自分をコントロールすることはできる、など。

諦めるべきことはきっぱり諦めてあまり気にしない。諦めなくていいことには大いに期待を持って努力する。

自分のことを「好きです」と胸を張って言えるようになった訳ではない。でも少なくとも、自分という存在を掛け値なしで認識することはできるようになった。さらに不思議なことだけど、この分別が上手にできるようになってきたら、他者のありのままの存在も自然と認めることができるようにもなった。

私は夫のことを、私にとって最高の人だと信じている。かといって、彼が完璧な人間だとはまったく思っていない。彼にだって当然だけど欠点はある。お互いの欠点が原因でケンカになることもあるけれど、最後には許しあえる。それは、お互いがお互いを完璧でないことを承知しているからだと思う。

2つの殺人事件の加害者も被害者も、本当はタンポポなのに薔薇になろうとしたのかもしれない。そして今の世の中は、この事件の加害者と被害者予備軍で溢れている。そう感じるのは私だけなのだろうか。

タンポポでもいいじゃない。タンポポにはタンポポの良さがある。そんなタンポポを嫌いだと言う人もいるかもしれないけど、ダメだと言う人もいるかもしれないけど、言わせておけばいい、放っておけばいい。野に咲くタンポポを見てごらん。好かれようと嫌われようと、一生懸命その花を咲かせてる。ただ無心に精一杯、花を咲かせてる。それが本物のプライドだよ。

この種のニュースを聞くたびに、私はそう叫びたくてたまらなくなってくる。そして最後にはいつも、テレビの向こうの誰かに向かってではなく、自分自身に向かってこの言葉を叫んでいる。

※この記事のコメントは受け付けいたしません。

|

« ありのままを認める | トップページ | ロマンのゆくえ »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/13716851

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めることと諦めないこと:

« ありのままを認める | トップページ | ロマンのゆくえ »