« 見下す人々 | トップページ | 諦めることと諦めないこと »

2007年1月30日 (火)

ありのままを認める

前回の続きです

プライドを捨てるのは大変な作業だった。それまで大切に育ててきたものを捨てる。これは想像以上の恐怖と戦わなければならない。何度も手放しかけて、またつかんで、再び手放して・・・最初はこの行為を繰り返すだけ。

何が怖いのか。それは、このプライドをなくしたら自分は生きていけなくなるのではないかという恐怖だった。だから、幻想的プライドを手放すと同時に、代わる何かを見つけて、新しい支えを持たなければならなかった。

必死で探し、そして見つけた新しい支え。それは、自分のありのままを認めること。上っ面ではなく、心から自分のありのままを認めること。

それまでの私は、自分のことが大嫌いだった。自分はどこかが足りないという思いでいっぱいだった。あの人のようになれたら、この人のようになれたらと、他人を羨むことと、憧れの誰かのコピーになることでしか自分を計れなかった。

でも、私は私にしかなれない。桜は桜として、薔薇は薔薇として、タンポポはタンポポとしてか生きられないように、私は私としてしか生きられない。私がどんなに嘆こうがもがこうが、私が私にしかなれないのは宿命であって、決して変えられるものではないのだ。

諦めようと思った。もう観念しようと。じたばたしたって、他人の人生を生きることはできない。

そう諦めがついて以来、烈火のごとく怒り狂うことは徐々になくなっていった。

またまた続きます

|

« 見下す人々 | トップページ | 諦めることと諦めないこと »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/13716751

この記事へのトラックバック一覧です: ありのままを認める:

« 見下す人々 | トップページ | 諦めることと諦めないこと »