« 初春の鎌倉-その1 | トップページ | 映画「マリー・アントワネット」 »

2007年3月 5日 (月)

初春の鎌倉-その2

さて、周知のとおり、我が家の旅の計画担当者は夫であり、私はどこへ行くかほとんど知らされぬままに彼のあとについていきます。

こんなことを体験しました。

Rimg0277 浄明寺で枯山水を眺めながらお抹茶をいただきました。

そういえば、夫は昔から、「京都へ行って枯山水の庭を眺めながら縁側でのんびり読書でもしたい」と言っていました。

自宅から鎌倉まで約1時間半。京都みたいに大きな枯山水とまではいきませんが、十分趣がありました。こんな近くで叶うなんて、さすが小京都鎌倉です。

抹茶も久しぶり。祖母が表千家のお免状を持っていたので、そこそっこも小さい頃に少しだけ習いました。細かい作法はほとんど忘れていますが、思わず湯飲みを回したくなりました。少しは体が覚えているのですね。

次の報国寺の見所は、なんと言ってもこの竹林!

Rimg0280 かぐや姫を探したくなります。

 この季節だと寒いくらいの竹林の中。

 竹林のはずれに休憩所があり、ここでも抹茶をいただけます。夏はこちらでお抹茶を頂くほうが涼しいかも。

さて、旅も終わりに近づきました。鎌倉といえばやはりここへ行かなきゃ。

鶴岡八幡宮です。

そして出会いました、ホヤホヤのご夫妻で~す!!

まったくの他人が、親族のみなさまと混じって夢中でシャッターを切りました。Rimg0281

いいなあ、素敵だなあ。。。。

実はここ、私たちの結婚式候補の場所でもありました。諸々の理由で都内の式場になってしまいましたが、うーん、やっぱりここにしとけば良かったかなあ・・・。

でも私たち夫婦も、アツアツ度はこの新婚さんに負けてません!(←と願います)。

鎌倉にはこれまでも何度か来たことがありますが、お寺を巡るのは初めてで、とてもいいなあと思いました。まさに古都を巡る旅。日常を離れてゆったりした気分になれます。

日帰りでもたっぷり楽しめるので、これからも頻繁に訪れたいと思いました。

|

« 初春の鎌倉-その1 | トップページ | 映画「マリー・アントワネット」 »

旅:プチ旅行」カテゴリの記事

コメント

枯山水でお茶とは風流ですね。
さすが、人生経験の重みが風流を愛でる心に現れていらっしゃいます。

八幡様というと、どうしても神前結婚式を思ってしまうのでけれど、えーと、全国の八幡様って、なんで八幡様なんだっけな。源氏の守護神なのか。だから、武家の信仰が厚いのでしょうね。
いいなー、結婚式。リキシャで引っ張ってもらうのは、気持ちよさそうですね。

投稿: くりにゃー | 2007年3月 5日 (月) 21時50分

今晩は~
鎌倉は私も大好きです。
何度か訪れましたが、つい欲張ってあの寺この店と歩いてしまって、ゆっくり味わう所まで行きませんでした。着物でゆっくり歩いてみたいとかねがね思っています。
結婚式は私も、昨年の五月にツアー旅行に行った時、八幡宮で見かけました。
直通電車も通って、時間も短縮されたようですし、是非ゆっくり訪れたいと思います。

投稿: ako | 2007年3月 6日 (火) 22時01分

▼くりにゃーさん、まいど~♪

鎌倉は抹茶がよく似合うと思いました。和菓子も楽しみだし(笑)。
実は私の実家が源義仲(木曽義仲)の家系なもので、鶴岡八幡宮には親近感を感じます。
もっとも、義仲さんは悪行がたたって身内に討たれてしまうのですが・・・^^;。
人力車、一度は乗ってみたいですね。

▼akoさま、こんばんは★。

着物姿でお抹茶をいただき、枯山水を堪能できればまさに風流ですね。ぜひぜひ浄明寺でのんびりしてみてください。
私にとっても鎌倉は、これからもたびたび訪れたい場所になりました。

投稿: そこそっこ | 2007年3月 7日 (水) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/14141334

この記事へのトラックバック一覧です: 初春の鎌倉-その2:

« 初春の鎌倉-その1 | トップページ | 映画「マリー・アントワネット」 »