« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月15日 (金)

梅雨空の下の陽だまりに

むかーしむかし、雨の路地裏に、
自分の運命を悲観して斜に構えた態度をとる
小さな木がありました。

彼の名はパルプサン

彼の花が咲く時期は梅雨時。

でも、その時期が訪れても
花を咲かせることはありませんでした。

なぜでしょう?

他の花は春ののどかな陽の下で綺麗に咲くのに、
自分だけ毎日雨に打たれながら咲かなければいけないのが
納得いかないようです。

見かねてパルプサンの隣りに立っているお地蔵さんが
言いました。

『君は嫌かもしれんが、
君が花を咲かせると道ゆく人は喜ぶだろうなぁ』

パルプサンは聞こえないふりをして、
こころの中で答えました。

「なんで他人のために咲かなければいけないんだ、フン。」


緑色の大きな葉っぱの上にかたつむりが現われると、
やがて音も立てずに雨が降り出しました。

かたつむりのマイはつぶやきました。

『梅雨時にしか
姿を現わさない太陽があるって知ってる? パルプサン』

パルプサンは気になって考えました。

梅雨空なのに太陽が出ているわけがない。

どういうことなんだろう?

お地蔵さまがささやきました。
『自分の顔をみてごらんなさい』

パルプサンは水たまりに自分の姿を映しました。

でも、つぼみのままではよくわかりません。

パルプサンは白い花を少し咲かせてみました。

しばらく考えて、今度は花びらに色をつけて
全部咲かせてみました。

それでも、水面に映った自分の姿に
答えはないように思えました。

溜め息まじりで顔を上げたパルプサンは驚きました。

道ゆく人々が自分のことを見て
嬉しそうな顔をしているのです。

パルプサンは気づきました。

「梅雨がなくなることはないし、
  他の花になれるわけでもないか。
      自分にできることをしよう」

雨の裏路地に、小さな花が集まってできた
紫色や水色のかたまりが、あちこちに見られるように
なりました。

彼はそう、紫陽花(あじさい)の木だったのです。

彼の咲かせる花は、不思議と雨もまたいいものかもね、
と思わせる温かい雰囲気がありました。

まるで木漏れ日がモザイク状に照らしているようです。

梅雨時にしか現われない太陽とは、
誰もがこころの中に持っているものなのかもしれませんね。

それから毎年、
道ゆく人たちが足を止め集まるようになったそうですよ、
梅雨空の下の陽だまりに。

byアンデルヘン
(注;某有名童話作家とは一切関係ありません)

070612_080100010001_1

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

仕事復活

4ヶ月?5ヶ月?ぶりに仕事に行って来ました。

完全に季節労働者ですね。いつもこれくらいの時期から来年の年明けぐらいまで、ポツポツとスポットの仕事をいただいていますが、急な仕事の依頼にもなるべく対応するようにしているので、今の職場とはすでに3年近いお付き合いになります。

本当は、もう少し仕事を増やすつもりでいました。場合によってはスポットの仕事を辞めて、レギュラーで入ることも考えていました。

でも4月にソーキチが病気になってから、不測の事態に柔軟に対応できるようにしておく必要性を痛感し、現状に留まることにしました(というか、ダンナには何の相談もしてなくて、私が自分で勝手にそう決めてしまったのですが)。

相変らずおこずかい程度しかかせげないし、その分ダーリンに頑張ってもらわなくてはなりませんが、元気になったソーキチと過ごすこの時が、今の私にとってはとてつもなく貴重な時間に感じます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

今回の検査も問題なし。

1ヶ月ぶりにソーキチの検査に行って来ました。体重も少し増え、相変らず順調です。頭のおできも成長がストップしています。問題ナシ!

ただ、もう少し太ったほうがいいので、ご飯の量を少し増やすことになりました。

以前は太りやすくて体重を減らすのに苦労してましたが、片腎になって代謝が悪くなり、今は逆に太りにくくなっているのかもしれません。

でも、体が軽くなったせいか、動きに切れが出てきました。高いところへ登るときも、ねこじゃらしで遊ぶときも、以前より動きが俊敏です。

来月で手術から3ヶ月経ちます。ネコのガンは3が月が節目らしいので、血液検査、レントゲン、尿検査などの大きな検査をもう一度行い、異常がなければ万々歳です。

あと心配なのはやはりFIVだそうです。今後もどんなやんちゃをするかわからない。FIVの治療法がない以上、ソーキチの生命力とイフの効果を期待するしかないかなと思っています。

ソーキチは病院がすっかりトラウマになってしまったようで、二人して出かける準備をすると、いつなんどきも(病院じゃなくても)お風呂場に隠れておびえるようになってしまいました。

でも、病院の帰りの電車のなかで、隣に座ったおばさんが買い物袋をガサガサと鳴らしたとたん、キャリーバッグの中で立ち上がって鼻をピクピクさせたのには笑えました。食欲はいつなんどもきも健在のようです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

最近の休日は草野球

土曜日は夫の草野球の応援に行きました~。

結婚記念日をお祝いしてくれたメンバーです。最近、メンバー全員すっかりやる気になっていて、2週間に1回は試合を組んでいます。

前回はショートで活躍したらしいわが亭主どのですが、打線はいいとこナシ。悔しさのあまりバッティングセンターに行ってましたよ。しかも平日の夜10時過ぎにチャリンコで山越えて(笑)。さてその成果はいかに??

今回は相手チームのメンバーが少なくて、亭主どのは急遽、相手チームのピッチャーに派遣されました。

彼が投げるのを見るのは初めてのそこそっこ。高校の野球部のポジションはピッチャーだったらしいのですが・・・う~ん、うまいのかどうか、ツマには今ひとつわからない、ごめん^^;。きれいなフォームをしてるのかな、という気はしたのですが・・・。

彼が投げている1回裏の途中で、マウンドに人が集まりはじめました。そして夫がベンチに戻ってきます。どうやら足を痛めたみたいで、その日の試合は降板。はやっ!

・・・・・・・・・・・・・・日頃の運動不足が露呈された瞬間でした。

バシバシ打たれ、自分は打てなかったし、今日は(も?)いいとこナシでした。ツマが見てるとダメなのかもね~(T_T)。あ、でも降板後はカメラマンに徹し、面白い写真が撮れていたようです♪。

ケガもたいしたことなく、次の試合ではまた元気にプレーできそう。また見に行くからしっかり鍛えてね~~。

ところで。
いくら疲れていたからって、ネコじゃらしを握ったまま寝ないでほしい・・・。布団の上でソーキチと遊んでいてそのまま眠ってしまって、でも湿布しなきゃいけないし、起こすにひと苦労。本人は覚えてないだろうなあ・・・(ーー;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »