« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年9月

2007年9月 9日 (日)

仙台⑤帰宅

山寺を堪能し、いよいよ帰宅です。

2日間お世話になったAさんと奥さんに別れを告げ、新幹線に乗り込みました。夕食は駅で購入した駅弁です(これがまた楽しみなんですよね~♪)

070909_19330001 おいしそうな牛肉の味噌焼き。香りもそそります。二人して同じお弁当を買いました。どうせなら違うものを買えって分け合えばいいのにねえ・・・^^;。

070909_19370001_2 「ずんだ餅」。枝豆をつぶして甘みを加えたあんをお餅にまぶしてあります。駅の構内にこれを売っているお店がたくさんあって、仙台に到着した日からずっと気になっていました。

 この色、うぐいす豆を想像させてます。うぐいす豆大好き。さっそく試食。

 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」。

思いっきり枝豆の味です。枝豆はキライではないのですが、砂糖を加えるとなんかビビョー。残念ながら、口に合いませんでした。トホホ。

あっという間に家に着き、ソーキチが元気に迎えてくれました。今回は旅の途中で一度帰宅しているので、お留守番もまったく心配していませんでした。

信州にいるときも、シッターさんがマメに写メールをしてくれました。

070904_1347001 すっかり太ったソーキチです。まるでタヌキだわ。

 それにしてもこの姿、どこかで見たことがあるなあ・・・。

Mat_3 これだ!!

 もう何年も前に、近所のホームセンターの折込広告でこのマットに一目ぼれした夫が、自転車を走らせて買ってきたものです。

ガンの手術をして以来、ソーキチが甘えん坊になったような気がしていましたが、シッターさんもやはり同じことを感じたようでした。それにしてもあれ以上べったり甘えるって、いったいどんな風に・・・!?

夏の旅行記もようやく終わりました。季節はすでに秋。かなりのんびり更新だった旅行記に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

今年も残すところあとわずかですが、できるならもう少し更新頻度を上げたいところです・・・(^_^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仙台④山寺を甘くみちゃいけない!

昼食後、Aさんが「山寺へ行こう!」と言いました。
(この出だし、まるで小学生の作文だわ・・・・^^;)

夫「山寺って、歌になかったっけ?」

わたし「あったね~。♪山寺のおしょさんが~、鞠をつきたし鞠はなしぃ~♪ってヤツでしょ」

車のなかでこんなのん気な会話を交わすそこそっこ夫婦を、Aさんがニヤニヤしながら見ています。まるで「はしゃいでいられるのもいまのうち~♪」とでも言いたげ・・・・。

「着いたよ。うちらはここで待ってるから、上についたらメールして。30分くらいかな。登山口あっちね」。

上についたら? 30分?? 登山口ぃ~???

Map_ymdr1 ←こんな山のてっぺんまで30分で登れるもんなのでしょうか。階段いくつ登ればいいんだろう~~(泣)

立石寺(りっしゃくじ)・通称「山寺」。天台宗の高僧が開山した東北の霊場です。断崖絶壁の所々に伽藍が建てられています。かの有名な松尾芭蕉が、旅の途中でこのお寺のことを人づてに聞き、わざわざ訪れた場所でもあります。

登り始めたとき、すれ違った見知らぬオジサマから、「上まで30分だよ、ほれ頑張れ!」と声をかけられ、一気に気合いが入るそこそっこ。実は忍者だったのではないかと噂される芭蕉さんと違って私たちはごくごくフツーの一般人。ゼイゼイ息を切らせながらひたすら登る登る。だけどこの間、「風流」などという言葉は、少なくともそこそっこの辞書には存在せず・・・。

どうにか折り返し地点の「奥の院」に着き、やっとひと息。夫が一句詠みました。

山寺の 岩に染み入る 滝の汗
     舐めてかかると 膝もガクガクゥ~
(ーー;)

安産祈願のお守りを買いました。下で待っているAさん夫妻へのおみやげです。奥さん、お腹に赤ちゃんがいるのです。苦労して手に入れたから絶対ご利益があるに違いない(笑)!

降りるときにはすでに足がガクガク。山道より階段のほうが数倍もキツかったりするのですが、その苦労が報われる瞬間がとうとうやってきました!

Rimg0741 Rimg0742

←五大堂から見渡せる絶景。眺めがすごくいいよとAさんが教えてくれたけど、ここだったのですね(てっきり奥の院のことだと思っていたマヌケな私たち^^;)。

 「登って良かった!」と心底感じた瞬間でした。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

仙台③大露天風呂&おそば

この記事を書いている今日は10月9日です。しかし9月の旅行記の続きを書くため、記事の日付は旅行の日程と合わせ、9月になっていますのでご了承ください。

実は9月の下旬から、某エクササイズDVD(ビリーではありません!)を始めました。あっという間に背筋・腕筋が筋肉痛(+_+)、キーボードを打つのもひと苦労。そんな中、いつの間にか月が変わり季節はすっかり秋に移ってしまいましたが、時間を巻き戻して仙台旅行記を再び。。。。
(エクササイズDVDについては旅行記が終わってから報告予定ですが、待ちきれない方はこちらへジャ~ンプ!)

さて、御釜を見たあとは、蔵王温泉大露天風呂を見学。硫黄のにおいがぷ~ん。男湯が外から丸見えできちゃうという大胆な露天風呂ゆえ、写真撮影は控えさせていただきました(●^^;●)。

なんというか、自然そのもののお風呂・秘湯という感じですね。こんな中でくつろいだら、誰とも仲良くなれてしまいそう。冬は閉鎖されているらしいのですが、誰もいないときにこのお風呂を覗いたら、野生動物や修行帰りの山伏(?)さんがくつろいでいるかもしれないな~。冬に入ってみたいなあ~。

硫黄のにおい=ゆで卵を連想し、そろそろお腹がすいてきました。山形まで足を伸ばし、そば処三津屋へ。このおそばやさんの何が珍しいって・・・・

Rimg0738 元祖大板そば
 その数なんと12山!3人で分けていただきました。鍋ならずそばをつつき合うって珍しいなあ(笑)。
 (←すでに食べ終わるところ・・・・^^;)

そこそっこは日本そばがあまり好きではありませんで、お蕎麦屋さんに行くとたいていうどんを注文します。そんな私も、さすが信州そばは別格で、特に戸隠そばは日本一!

・・・・・・・そう信じていたのですが、いやここのおそば、戸隠そばに匹敵するくらいおいしかった! おそばそのものに自信があるから薬味は希望者のみ別売り。もちろん薬味がなくても大満足。

4人のうち一人が別のメニュー(やはりざるそば系)を注文していて、少しおすそ分けしてもらったのですが、大板そばのほうがこしがあってうまかったんです。差別化してるのでしょうか。あっという間にたいらげてしまいました。

余談ですが、夫が山形出身の同僚に、休み明けの職場でこのおそばの話しをしたら、やはり有名なお店なんだそうです。しかもその同僚のお友達が学生の頃、このお店でアルバイトをしていたとか。世の中、狭いものですね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仙台②御釜さん

さて仙台2日目(すでに最終日)。

朝から車で蔵王に向かってゴーゴー!
標高が高いのでこの時期の蔵王は寒いはず。と思いきや長袖なんか不要でした。やっぱり異常気象?

Aさんが「お釜に行ってみようか」と奥さんとお話ししてるのですが・・・お釜?? 石川五右衛門??と、私の頭ははてなマーク。

その正体はこれ↓

Rimg0735 ライトグリーンがきれい・・・・。

 自然の神秘です。

 Aさんご夫妻が冗談で「お釜」と呼んでいるのかと思ったら、本当に「御釜」という名前だったのですね^^;。

Rimg0734 そういえば以前、草津白根山で湯釜というのを見たことがあります。初めて湯釜を見たときも感動しましたが、こちらはもっと大きくて壮大な感じ。「釜」と呼ばれるのもわかる気がします。

 いつも霧がかかっていてこんなにはっきりした姿は滅多におがめないそうです。日頃の行いがいいのですね、ふふふ・・・(^^)v。

日頃の行いといえば、御釜の前に寄った「不帰の滝(かえらずのたき)」でも、最初は霧でまったく見えなかったです。

しかし粘っているうちに・・・

Rimg0724 ガスが動き始め、ほらぼんやり滝の姿が・・・。

 Rimg0726

だんだん・・・

 徐々に・・・・・・

Rimg0725 とうとう見えましたーーーっ。

 屋久島の太鼓岩といい、きわどいところでいつもラッキーな私たち。

不帰の滝の綺麗な写真はこちらでどうぞ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

仙台①牛タン・松島・お寿司!

台風でフェリーの旅が中止になったものの、仙台はあきらめません。しかし陸路を使うのならば東京経由のほうが断然近いので、金曜日はいったん自宅に帰り、翌日土曜日に新幹線で仙台へ向かいました。

東京駅から1時間半。都会の通勤時間並み。故郷に帰るより全然近いよ~。

仙台では、夫の幼馴染のAさんにお世話になる予定。Aさんとの待ち合わせの時間まで、仙台名物牛タンをいただくことにしました。

Aさんおすすめの利久へ。

Rimg0711 夫は定食。




Rimg0710 私はビーフシチューを。シチューの中に牛の旨味がこってり。
 うま~~っ!

昼食後、Aさんと合流。地下鉄に乗ってAさんの自宅へ向かいます。
仙台が初めてのそこそっこですが、かなりの都会ぶりにオドロキです。それにしても相当蒸し暑い仙台。「いつもこんなに暑いの?」と聞くと「今日は特別だよ」とAさん。台風一過せいなのでしょうか。

Aさんの奥さんとも合流して、Aさんの車で松島に行きました。数年前に転勤で越してきたAさんはすっかりここが気に入っている様子です。都会なのに、ちょっと車を走らせるとすぐ海や山に出られるから、暮らしやすい土地なのかも。

日本三景のひとつの松島(他に京都の天の橋立、広島の厳島があります)。

Rimg0717_2 瑞厳寺本堂へ向かう参道です。立派な杉の木。戸隠にちょっと面影が似てるかな。

Rimg0712
 五大堂をつなぐ橋の上で。実はツーショットの写真はめずらしいのです。今回はいっぱい撮ってもらいました。

Rimg0713 Rimg0714 Rimg0716

近くから見た松島なんですが・・・・正直、素晴らしさが今ひとつ実感できず^^;。

そんな私たちの心を見透かしたように、Aさんがとっておきの場所に案内してくれると・・・

Rimg0718 おおおおーーっ!
 パンフレットで見かける風景だ。これぞ松島!

 Rimg0719

Rimg0720

 夕暮れであまり写真うつりがよくないですが、実物はもっとくっきりはっきり。

夕飯は、これまたAさんおすすめのお寿司屋さんに。海の近くなので魚介類が新鮮なのね。

メニューのなかに“ぶどうえび”というのがありました。どんなえびだろう。さっそく調べてみると、幻のえびといわれるもので、北海道の海に多いのかな?
夫が食べたがっていましたが、今回は台風のため水揚げなし。時価ということは、けっこうお高いのでしょうか。あまり獲れないのでしょうね。

夜はAさんのおうちでリラックス。夫にしてみれば幼馴染との久しぶりの再会で(なんと小学生からの付き合いだって!)、積もる話しもあったようで、夜中にオトコ二人して近所の290円ラーメンを食べに言っていたようです(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

南信州番外編・にゃんにゃんにゃん!

実家の庭(というか外の物置)に野良ネコたちが住み着いています。あまりにもかわいすぎて、写真をいっぱい撮ってきました。一挙公開!

070906_16020002

3きょうだいのポートレート。

このまま額縁に入れたいですね~。
(しかしなぜにパルックの箱が・・・)



070906_16040001  こちらお母さんネコ。





 

Rimg0671

 

物置のなかでりら~くす。
 このなかなら台風も平気にゃ。

Rimg0676「これこれ、仲良く遊びなさい」

 お母さんの尻尾が呼びかけています。

Rimg0675

特に大人気の三毛ちゃん4連発!

Rimg0673

Rimg0674_2  Rimg0672_2

きょうだいのなかで一番小さくて食べるのも遅い彼女。連れて帰りたかったな~~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

南信州③ラーメン&人形美術館

実は前日の午前中、夫の携帯にお知らせが入りました。

「台風のため、フェリーは欠航いたします」。

そうです。今回のサプライズとは、21時間のフェリー旅を楽しむだったのです。

飯田から名古屋までバスで約2時間移動し、名古屋港から仙台まで向かう予定でした。太平洋フェリー「きそ」の洋室一等客船も予約してたんですよ~~(しかも窓側)。タイタニック気分を目いっぱい味わおうとしていたのに・・・とってもとっても悔しいっ!

自然には逆らえないからしかたがないですね。ネットで「きそ」の内部の様子をアップしたサイトを見つけたので、リンクさせていただきます。みなさんもこちらでお楽しみください。ぐっすん。

台風で中央道・中央本線ともに不通になってしまったので、実家への滞在を一日伸ばしました。風雨がひどくならないうちに、飯田の街を楽しみましょう。

さて、私は故郷へ帰ると必ず寄るところがあります。それが、

新京亭のラーメンを食べる!!

生まれて間もない頃から、祖父に連れられて通ったラーメン屋さん。もう大好きです。これ以上の味のラーメンに出会ったことがないと感じるくらい。

もっとも、夫にしてみればメチャクチャおいしいというわけではないようで、私にとっての「おふくろの味」みたいな存在なのでしょうね。これを食べると「故郷に帰ってきた~」という実感がわくのです。

ラーメンを食べたあとは川本喜八郎人形美術館へ。今年できたてのホヤホヤ美術館です。

ほとんど知られていないのですが、飯田市は別名人形劇の街と言われています。古来から人形浄瑠璃が盛んで、20年くらい前から毎年1度、世界人形劇フェスタというお祭りも開催され、世界中の人形劇団が集まります。

このほかにも飯田市は、水引の生産量も全国の70パーセント以上を占めています。実は私も高校生の頃、水引の内職を経験したことがあります(笑)。

こういった伝統芸能や伝統工芸が存在し、城下町でもあることから、飯田市は全国京都会議から小京都として選ばれています。
(もっとも、こういう知識は故郷を離れてから知ったことなのですが)。

母の話しによると、このところ飯田・下伊那地区がけっこう注目を集めているとか(何で集めているかはよくわかりませんが(笑))。

そういえば先日、通訳案内士試験を受けたとき、日本地理の試験でしょっぱなから飯田・下伊那の設問が出てきたのにはびっくりしました。かなりマイナーな土地なのに・・・思わずラッキー!と心の中で叫んでしまいました。

話しがそれましたが、川本喜八郎さんとはNHKの人形劇ドラマ「三国志」の人形を作った方で、人形劇フェスタで飯田市を訪れて以来この地に興味をもったそうです。

Rimg0709 美術館の中には川本さんから寄贈された人形がたくさん展示されています。

 平日の午後、しかも台風前だったのでお客は私たちだけ。ガイドさんがつきっきりで解説してくれました。でも三国志って難しい~(+_+)。人間関係やら政治が複雑で、ほとんど理解できませんでした。

三国志マニアの方から突っ込んだ質問が来るといつも困ってしまう、とガイドさんから思わずホンネも聞かれました(笑)。

夕方くらいから雨が降り始めました。台風はちょっとそれたみたいで、さほど強い風と雨は感じられませんでした。夜中だったからかな?

フェリーはダメになってしまったけれど、旅はまだまだ続きます。お楽しみに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

南信州②天竜ライン下り

南信州に18年も住みながら、母が水嫌いのせいで一度も経験したことがなかった天竜舟下り。今回の旅はこのイベントを楽しむ絶好のチャンスでした。なぜなら、母が仕事で同行できないから(笑)。

リンク先は30分の短いコースを紹介していますが、私たちは50分の長いコースを選びました。天竜峡駅近くから泰阜村(やすおかむら)唐笠港へ向かうコースです。

Rimg0708 こちらが天竜川でございます。

 Rimg0683

 出発進行!

 Rimg0688

船頭さんとガイドさん。ガイドさんはお話し上手、歌上手。

途中で、船頭さんが投網で川魚を獲り、ガイドさんが船の上で焼いてくれます。いいにおい~~!

漁獲4匹。ガイドさんいわく、「今日は大漁です」(笑)。10人で乗っていたので、グループごとに分けていただきました。

Rimg0690 川面に浮かぶ船の売店。ジュースやビールを売っています。船頭さんが店員さんに早代わり。

Rimg0684 時にこんな荒波も。一瞬身構えます。
 実はこの舟下り、過去に何度も転覆事故が・・・(+_+)。

陽射しが強くてかなり暑い日です。水面の照り返しがツライ(・。・;。
水の上は涼しいにちがいないと誰もが期待していたのですが、はかなく砕け散りました。風がないのも暑い原因のひとつ。すっかり日に焼けてしまいました。

でも晴れた分、景色は堪能できました。

Rimg0694

Rimg0696_2 Rimg0697



唐笠港が見えてきました。パンRimg0700パンっという爆竹(?)で帰りを迎えてくれるのです。

お迎えは音だけでなく・・・・

Rimg0702
 あひるさんも。

 船が港に到着したとたん、ガアガアいいながら川に飛び込んで来ました。

Rimg0704  
 そしてネコちゃんも飛んできてくれました。

 この動物たちも、天竜舟下りの従業員だそうです(笑)。

最寄の唐笠駅から、車を置いてある天竜峡まで電車で戻ります。

Rimg0706

 無人駅に3両編成。JR飯田線は鉄道マニアに人気のエリアです。

 

  蒸し暑いこの日は嵐の前の静けさ。台風が近づいています。明日は仙台へ向けての移動日で、しかもこの移動が今回の旅の大きなサプライズなのですが、果たして台風の影響はいかに!?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年9月 4日 (火)

まったり南信州①

長野=ウィンタースポーツ

というイメージがあるようで、長野出身の私も、「スキーできるんでしょ?」とよく聞かれますが、それは中信から北信出身の人だけの特権であって、南信州のニンゲンはあまりスキーが得意ではありません。いえ厳密にいうと、得意な人ももちろんいるけれど、南信州はほとんど東海地方よりの気候なので雪があまり降らないから、スキーが身近なスポーツではないのです(ちなみに北信は北陸より。長野は縦長なので、北と南では気候も習慣も違うんですね~)。

前置きが長くなりましたが、夏休み、南信州の実家に帰りました。で、なんで気候の話しを持ち出したかというと、故郷がメチャクチャ暑かったから!! 信州は涼しいだろうという期待は見事に打ち砕かれました。長袖しか持って行かなかったから、1日目の移動日から汗だくです。

少しでも涼を求めて、2日目はしらびそ高原へドライブ。

かなり標高が高いんでしょうか。ガスがかかっていて、せっかくの南アルプス大パノラマが拝めません。

Rimg0669 かろうじて見えたのが、南アルプスの前山である伊那山脈。

 まったくといっていいほど山が見えないので、泣く泣く下界へ降り、おそばを食べました。そば処村の茶屋。クリックしてみてください。建物が雰囲気ありますよ~。

家に帰り、実家の畑で野菜を収穫。夕方の畑の暑さはタダゴトではない。ナス、トマト、ゴーヤが大きく育っていました。夕食は大好きな馬刺しと、採れたての野菜の天ぷらに舌鼓。

なんのサプライズもないまったりな2日目が終了です^^;。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

明日を越えたら明後日から旅行

なんともバタバタな一週間。

月曜日、体調が今ひとつで昼は寝ていました。夜はシュガコさんと舞台鑑賞(身内が出演していたので絶対見たかった)。劇場のロビーで、テレビで見知った顔がちらほら。ミーハーの私はちょっとコーフン。もちろんお芝居も、サスペンス仕立てでコメディも入ってて面白かったですよ~。

火曜日は久しぶりの歌のレッスン。去年の発表会以降、ワンレッスンに切り替えたのですが、あれよあれよと期限が押し迫り、慌てて予約しました。その後、買い物。

水・木曜日は仕事。

昨日は恒例の旅行前の大掃除。夕方、シッターさんが打ち合わせと鍵の受け取りに来てくれました。ソーキチはシッターさんのことを覚えていたらしく、おとなしく身体をなぜられていました。来客があるとたいていどこかに隠れてしまうのですが、シッターさんなら平気なのね。これなら安心して旅に出られます。

今週からかなり涼しくなってきて、この調子なら停電対策も必要ないかな。ひんやりハウス、無駄になっちゃったかなあ。

・・・・・・と思いきや。

070901_00140001 070901_00160002

入った入った!!

折りたためるので、お正月に実家へ連れて帰るときに持って行けば、ソーキチも安心して過ごせるかも・・・・・・。

そして今日。

明日は試験だというのに、この一週間が(私にしては)忙しかったせいか、かなりのほほんと過ごしてしまっています。

試験は朝の10時スタート(◎o◎)!
仕事に行くより早いじゃん・・・(T_T)。

終わるのは夕方。その後、義母の古希のお祝いのディナーに出席する予定。

いよいよあさってから久しぶりの旅立ちです!
今回の旅はどんなサプライズが待っているのでしょうか!?

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »