« 未知との遭遇⑦友人を探せ!その1 | トップページ | 未知との遭遇⑨大晦日は旅先でもやっぱり紅白 »

2008年1月15日 (火)

未知との遭遇⑧露天風呂とビーフシチューと捜索その2

2007/12/31(月) 昼~午後

弟子屈のコタン(古丹)に到着しました。

コタンには思い出がたくさんあります。屈斜路湖畔にテントを張ったときは、ここの共同浴場やトイレを利用させてもらいました。夫のバックパックの紐が切れたときは、ここの芝生の上に座って縫い合わせ、かたわらで夫は日光浴を楽しんでいました。

アイヌ民族資料館も、丸木舟のライブも見学しました。何度も来ているコタンですが、実はまだ未経験のものがひとつだけ。

屈斜路湖畔の露天風呂です。

Rimg0997 ←岩をはさんで左側が女湯。

↓右側が男湯。Rimg0998

 冬の北海道で水着なんて持ってきていません。でも誰もいないし、今回は思い切って入ってみることにしました!


 

Rimg0999 目の前に屈斜路湖。白鳥さんが私たちを見ています。彼らなら許してやろう(笑)。

 Rimg1000_2 この開放感、たまりません。人間は自然の一部なのだとしみじみ。

ところが途中で男湯に男性が。急いで岩場に隠れ、声と顔だけで会話に入れてもらいました。

 釧路で漁師をやっているおじさんは毎年、お正月を奥さんと一緒に川湯で過ごしているそうです。「年に一回ぐらいは、かあちゃんにラクさせてやらないと」。この男気、さすが海の男!

ちょっとぬるめのお湯だったけど、たっぷり時間をかけて浸かったので身体はポカポカ。おじさんと白鳥さんに別れを告げ、お昼を食べに行くことにします。

川湯でお昼といったらここしかないでしょう。毎度お馴染み、川湯温泉駅のオーチャードグラスです。

Rimg1002 今回はしっかり写真を撮ってきました。これこれ、このビーフシチュー!ハンバーグとかハヤシライスとか、ほかのメニューも試してみたいと思いつつ、けっきょくやっぱりビーフシチュー。ここへ来たら最低限これを食べないと後悔しそうなのです。味は相変らずサイコ~、日本一!。

夫がレジで精算しているとき、厨房にいたマスターがカウンターに出てきました。実はこの喫茶店、捜索中の友人の行きつけでもあるのです。さっそくマスターに友人の行方を聞いてみたところ・・・

「あ~彼ね。鶴居村に引っ越したんですよ」。

初耳!

マスターも新しい連絡先は知りませんでした。でも共通の友人の話しだと、新しい土地で元気でやっているそうです。マスターも彼からの連絡を待っているみたいでした。

私たちを気の毒に思ったのか、マスターが別の心当たりを教えてくれました。友人の身内の電話番号です。ラッキーなことに、私たちも電話番号の主に会ったことがあります!

車に戻ってさっそく番号を押しました。しかし応えは再び「使われておりません」。

陽が暮れかけてきました。今日はもうあきらめて、静かに大晦日を過ごしたほうが良さそうです。

|

« 未知との遭遇⑦友人を探せ!その1 | トップページ | 未知との遭遇⑨大晦日は旅先でもやっぱり紅白 »

旅:道東未知との遭遇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
いやー相変わらず盛り沢山な旅になりましたね。
雪景色の仲で釣りたてのワカサギの天婦羅!美味しかったでしょうねぇ、垂涎ものです。
屈斜路湖へは結婚して間もなくの夏行きました。あの頃は湖畔の浜砂を掘るとお湯が湧き出していました。自分達で掘って温泉につかったものでした。勿論水着を着てね。今でも掘って入れるのかしら?

シマフクロウウオッチングも凄いし、ビールも、そして又あの美味しそうなビーフシチュウ。ため息がでちゃう。
その後お友達の捜索はどうなったのかな?
合えたのかしら。楽しみです!

投稿: ako | 2008年1月15日 (火) 23時36分

大晦日に温泉とはいいですねぇ。
屈斜路湖には、私もバイクで行きましたよ。バイクをキャンプ場の浜まで持ち込んで、どえらい目に遭ったのが思い出です(笑)。
それにしても、ご友人とは連絡がなかなかとれずで大変でしたね。その後、どうなったのかは、続編を楽しみにしようと思います。

投稿: あきちゃん | 2008年1月16日 (水) 00時01分

男湯と女湯がつながっているのですね。混浴というわけじゃないけど、奥に行くと自然と混浴になっちゃうのですな。
和琴半島には温泉がいくつも沸いているから、ほかにもたくさん入ってくれば良かったのに。
オーチャードグラス、また行きたいなー。ビーフシチュー、とてもおいしそうです。
鶴居村に引っ越しなんですね。あそこにはまだコタンがあるのかな。
川湯からはちょっとありますから、また後日ってことですね。

投稿: くりにゃー | 2008年1月16日 (水) 14時05分

目の前が湖なんて、いいですね~!
こうして見ると、私が入った露天風呂は
小さい感じがしちゃいました。(*^_^*)
屈斜路湖の方は行った事がないので、
チェックしておかなきゃ!
この後、お友達には会えたのかな?
続きが楽しみです♪

投稿: しろぱん | 2008年1月17日 (木) 22時21分

▼akoさま、いらっしゃいませ。

お湯が湧き出る砂浜は「砂湯」というところですね。何度も行っているのにまだ掘ったことないんですよ。今でも夏になると大勢の人が掘っていますよ。
相変らず食い倒れの旅です(笑)。


▼あきちゃんさん

そうか、私たちは大晦日に温泉入ったんですね。旅をしていると大晦日という実感がほとんどなくて…。
バイクで屈斜路湖ですか。キャンプ場の浜とは、砂湯ですか?和琴にもキャンプ場がありますものね。
釧路発着のフェリーがなくなってしまって、今の屈斜路湖観光はけっこう打撃を受けていると思います。

▼くりにゃーさん、やっほ~。

あの露天風呂は限りなく混浴に近いですね(笑)。和琴半島は最終日に行きましたよ。続きをお楽しみに♪。
オーチャードグラス、ぜひまた行ってください。今度こそビーフシチューを!


▼しろぱんさん、いらっしゃいませ。

屈斜路もぜひ行ってみてください。夏は砂湯で砂風呂、冬はダイヤモンドダストが楽しめますよ。
友人の捜索はいかに!?

投稿: そこそっこ | 2008年1月18日 (金) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/17706638

この記事へのトラックバック一覧です: 未知との遭遇⑧露天風呂とビーフシチューと捜索その2:

« 未知との遭遇⑦友人を探せ!その1 | トップページ | 未知との遭遇⑨大晦日は旅先でもやっぱり紅白 »