« 未知との遭遇①出発 | トップページ | 未知との遭遇③アニマの里 »

2008年1月 9日 (水)

未知との遭遇②呼人半島

2007/12/29(土) 午前~午後

呼人半島でのスノーシューです。 出発前のブログに、今回は○○をもって行くので荷物がタイヘンと書きました。この○○とは、スノーシューのことだったのです。

071229_12300001_2

←足元の装備はこんな感じ。冬の北海道&スノーシューのために、出発前にソレルの「カリブ」というブーツを購入しました。夫がずっと昔から欲しがっていたブーツで、アウトドアショップの店員さんもオススメでした。このブーツ、インソールがメチャクチャあったかい!

Rimg08921 呼人半島はいろいろな鳥がやってくる森。「とりぱん」を読むようになってから鳥にも興味をもちはじめたそこそっこ夫婦(特に亭主)。とりぱんで仕入れた知識は活躍してくれるでしょうか?

森の歩道に人間の足跡がありません。ここ数日では私たちが初めて歩くようです。パウダースノーを想像していたけれど、網走の雪は湿っています。

動物のあしあとを見つけました。もしかしてキツネ?森の奥まで続いています。

Rimg0889_2 ←向こうまで続く平野は、実は雪が積もった網走湖。湖上に棒が立っています。湖を氷を四角くくり抜いて、ワカサギ漁をやっているようです。

途中で休憩をして、家からもってきた温かい紅茶を飲みました。ところがここでハプニング勃発! 

Rimg0891 夫のスノーシューが壊れた(@_@;)。 靴を固定するバックルの部品が切れてしまったのです。まだ一日目なのに(T_T)。

スノーシューを脱ぎ、脇に抱えて歩くことになりました。 ブーツだけでも何とか歩ける雪の量だったのが幸いです。

吹雪いてきたので車に戻ることにしました。アカゲラ、クマゲラ、ミヤマカケスなどの鳥さんたちとの出会いを期待していたのですが、残念ながら遭遇はかないませんでした。でも新雪を雪を踏みしめる感覚はなかなか爽快です。

続きます(この旅行記、長丁場になりそうです^^;)。

|

« 未知との遭遇①出発 | トップページ | 未知との遭遇③アニマの里 »

旅:道東未知との遭遇」カテゴリの記事

コメント

スノーシューというのは西洋かんじきですか?ワラでなくてアルミかなんかでできているのかな。
新雪を踏みしめて歩くのですね。
誰も入らない新雪の山の中には、もしかしたら冬眠に入れなかったはらぺこ熊さんがいるかもしれません。出逢えたら幸せですね。

ソレルのブーツというのはそんなに暖かいのですか。冬の北海道でも平気なんですね。いいなー。でも高いなー。

あらあら(゚д゚)!だんな様のスノーシュー、壊れちゃったのですね……。治るのかなー。悲しいです。太りすぎなのかなー。

投稿: くりにゃー | 2008年1月10日 (木) 01時21分

こんばんは~。
こんな素敵なブログも持ってらしたのですね。
お知らせありがとうございます。
早速RSSリーダーに登録しました。(^-^)
冬の北海道旅行とはスゴイ!
子供の頃6年ほど北海道に住んでたし、
仙台暮らしも長いのに寒いのは非常に苦手で・・・(苦笑)
これから旅行記、その他の記事もじっくり読ませて頂きますね。

投稿: そら | 2008年1月10日 (木) 18時18分

▼くりにゃーさん、やっほ~♪。

おっしゃるとおり、スノーシューとは西洋版かんじきです。素材については不明ですが、何年も前にネットオークションで購入したものなので、使わないうちに劣化していたようです(T_T)。(ちなみにダンナはうらやましいほど痩せ型体型です)。
ソレルのブーツは雪仕様ですからあったかいですよ~。女性にとってはごっつくて重いのが難点ですが。価格はそれでも昔に比べればかなり安くなってようです。
でも北海道でこんなごっついブーツを履いている地元の方はいませんでした(T_T)。


▼そらさん

いらっしゃいませ!
登録ありがとうございました♪。こちらでは「そこそっこ」というHNで書いていて、例のごとくのんびり更新です。
北海道も仙台も食べ物がおいしいので、そらさんは口が肥えてらっしゃるのでは?でも寒いのはタイヘンですよね。
今年もよろしくお願いします!

投稿: そこそっこ | 2008年1月10日 (木) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/17631079

この記事へのトラックバック一覧です: 未知との遭遇②呼人半島:

« 未知との遭遇①出発 | トップページ | 未知との遭遇③アニマの里 »