« 点滴がはずされました。 | トップページ | ソーキチ入院続行中。 »

2008年2月27日 (水)

ルーヴル美術館展

最近のソーキチ。

ケトアシドーシスから無事脱却できました!

そしてやっと病院にも慣れてきました。目の輝きが家にいるときと同じ感じになり、ご飯もたくさん食べています(このまま病院のネコになっちゃいそうで、飼い主としては少々フクザツ)。

しかしご飯を食べ始めたら、今度は血糖値が上がり始め(食べてるから当然なのですが)、これまでの最高値の記録更新(>_<)・・・ということで、インスリンの量を増やしたり減らしたり、まだ試行錯誤が続いています。

前の病院のモニター半日入院は3日間。ネコがストレスに弱いからという理由で早目の自宅治療に切り替わったわけですが、それが裏目に出て低血糖の発作を起こしてしまいました。血糖値が一番低くなる時間で測定不能だったとしても、病院にいるときはストレスがかかり実際の血糖値は少し上がるみたいです。だから家に帰ってリラックスしたとたん、低くなりすぎて倒れてしまったのだと想像しています(現在のドクターも同じ見解)。

しかし今回は病院の環境に慣れました。ということは、ストレスフリーの状態、つまり自宅にいるときと近い状態でインスリンの量をモニターできるということでもあります。自宅治療のリスクが軽減されますから、もう少し時間をかけて、きちんとモニターしてもらうことにしました。
(※病院で写真をいっぱい撮っているのですが、ケトアシドーシスでかなり痩せて、ブログに載せるのはちょっと忍びないです。もう少し元気な姿になるまでお待ちください)。

こんな感じで私もやっと少し安心したので、ソーキチのいぬ間に、友人を誘ってルーヴル美術館展に行って来ました。

大盛況。平日の昼間なのに入場制限が入っていました。テーマは「フランス宮廷の美」。フランス国王ルイ15世からルイ16世のフランス革命までの宮廷の調度品や小物を展示していました。

ルイ16世・フランス革命といえば、王妃マリー・アントワネット。贅沢三昧で国民の生活を苦しめた王妃としても有名です。ロココの王妃、とも呼ばれていました(以上、漫画「ベルサイユのばら」からの知識)。

そんな時代だけあって、小さな嗅ぎ煙草入れひとつとっても、金やダイヤモンドを散りばめた豪華品が!目がチカチカしそう。

銀であしらわれた食器や前菜入れなんかを見ても、「こんな大きいもの、置き場所に困るよね」。

これが庶民の感覚というものでしょう。

メチャでかい中国製の壷なんか見ても、繊細に彫刻された置物を見ても、「埃がたまって、掃除が大変そう」。

・・・私は絶対、大富豪にはなれませんね。

こんな風に書くと、「つまんなかったの?」と言われそうですが、いえいえどうして、十分楽しんで参りました!金・銀・ダイヤ、繊細で精巧な調度品、女性なら一度は憧れるものだと思うから・・・かくゆう私も、小さい頃はマリー・アントワネットの寝室のような天蓋付きベッドに憧れ、どうやってベッドにカーテンをつけてやろうかと幼い頭をひねっていたのですから。

入場者の9割が中高年のおばさまたちなのも頷けます(って、私もそのひとりcoldsweats01???)。きっとみんな、子どもの頃の憧れを胸に秘めてため息をついていたのでしょうね。

小さな肖像画がはめ込んである小物入れや煙草入れもありました。これって、現代人が愛する人の写真を定期入れに入れたりするのと同じ感覚なのかしら。ひと昔前は、ロケットペンダントも流行ってたし。

人間の求めるものって、今も昔もさほど変わらないのかもしれませんね。

|

« 点滴がはずされました。 | トップページ | ソーキチ入院続行中。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

猫の糖尿病闘病記」カテゴリの記事

コメント

ソックス猫ソーキチ、病状が安定したのですね。適切なインスリン量が決まるといいですね。
早く退院して、おうちでそこそっこ先生に甘えられるといいにゃ。
でも、病院の猫になってもいいのかもしれないにゃ。病院のマスコットにしてもらえばいいのかもしれないにゃ。

ルーヴル美術は、素直に「わー、綺麗、わー、豪華」って思っていればいいのにゃ。
大富豪はメイドさんを雇うから、掃除については心配しなくてもいいのにゃ。
メイドさん。憧れだにゃー。

投稿: くりにゃー | 2008年2月28日 (木) 05時50分

▼くりにゃーさん、やっほ~♪。

病状は大分安定しましたよ!
皆様のお見舞いのおかげです♪。

毎日1時間くらい面会に行ってますが、もうソーキチが恋しくて恋しくてたまらくなってきましたweep
早く抱っこしたい、一緒にお昼寝したいですcrying
だから病院のマスコットなんて絶対ダメ!pout

そうか。
大富豪はメイドを雇えるのか。
メイドさん。憧れだにゃー。
(くりにゃーさんとは違う意味で…(笑))

投稿: そこそっこ | 2008年2月28日 (木) 16時07分

こんばんはご無沙汰しています。
ソーキチ君もそこそっこさんもよく頑張りましたね。
ソーキチ君の病状も落ち着いてきたようで、本当に良かった。
無事に退院できる日を愉しみにしています。
>ルーブル美術館展は良い気晴らしになりましたね。
私はご丁寧に又風邪をひいたり、しんどい2月だったので、ルーブル美術館展を全然知りませんでした。
春はもう少しですね。

投稿: ako | 2008年2月28日 (木) 20時56分

▼akoさま、いらっしゃいませ。

ソーキチはすっかり病院の猫になりつつあります。これからが長い自宅闘病生活に入ると思うと、安心半分、不安半分が正直なところです。先輩ママのakoさん、色々ご教授ください。

季節の変わり目は体調も変わりやすいですね。ご自愛ください。

投稿: そこそっこ | 2008年2月29日 (金) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/40291391

この記事へのトラックバック一覧です: ルーヴル美術館展:

» 大富豪の無料オンラインゲームをやろう! [大富豪の無料オンラインゲームをやろう!]
『革命起こそ♪』無料の大富豪オンラインゲームを探しているならココ!登録してスグに遊べる。オンラインの世界でトップを目指せ [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 01時48分

« 点滴がはずされました。 | トップページ | ソーキチ入院続行中。 »