« ルーヴル美術館展 | トップページ | ソーキチ最新画像公開! »

2008年3月 7日 (金)

ソーキチ入院続行中。

ケトアシドーシスからは完全に脱し、やっと体重も増え続けています。元気なときの体重が5キロ。重症時が4キロ。そしてただ今4.5キロ。

しかし・・・・・・・・

体重が増える=食べる量が増えている→血糖値が上がる=インスリンの量が安定しない!

今はこういう感じで、インスリンを増やしても血糖値が上がっております。まだまだ試行錯誤中。入院もまだ続きそうです。

インスリンのコントロールはまだまだですが、本猫はすっかり元気です。家にいるときみたいにスリスリしたり、伸びをしたり爪とぎしたり。ご飯ももりもり食べてくれています。毎日1時間くらい会ってスキンシップしてるんですが、最近では私が帰ろうとしても、「あ、帰るの。ボクはこのまま寝るよ~」という態度です。寂しさはありますがdespair、それだけ元気になり、病院にも馴染んだという証拠でもあります。

新しい病院の様子も少しずつわかってきました。

病院には当然ながら、猫、犬、鳥など、たくさんの動物がいます。たいていゲージのなかに閉じ込められいるのですが、この病院では、元気な動物たちは院内を歩きまわっています。動物が生活のなかに溶け込んで伸び伸び暮らしている雰囲気。夫もこの風景がとても気に入っていて、「今日はあの猫がどうだった、この犬がこうだった」と毎晩報告して、二人で大笑いしています。

スタッフの方が「ごゆっくりどうぞ」と言って、ソーキチと二人だけの時間を作ってくれるのもありがたいです。新聞紙のトイレに慣れない頃は、自宅からもっていったタオルを毎日汚して、看護士さんが毎日消毒して洗ってくれていました(他の病院ではどうなんでしょう)。

面会に行くたびに院長先生が病棟まで来て状態を説明してくれます。そして出て行くときは必ず、ソーキチの頭やあごをなでてくれます。そんな院長先生のしぐさに動物への愛情が感じられて嬉しくなります。見知らぬ人がいるとご飯を食べないソーキチですが、今日は院長先生がいる前でもバリバリ食べていました。

心配性の私を安心させようと、同じく糖尿病の重体から復活して退院が決まった猫ちゃんに会わせてくれたこともありました。

長期入院は初めてなので、その点は他の病院と比べようがないのですが、ソーキチを慎重に診てくれているのが伝わっています。

初めて病院を訪れたその日、夫はすぐに院長先生の経験の豊富さと人柄を見抜き、ここにお願いしようと即決していました。心配性の私は不安のほうが大きかったのですが、今では安心してお任せしています。おまけに自宅から通いやすくて治療費も良心的。そして何より、ソーキチがゆっくりではあるけど、確実に毎日元気になっている事実。

ソーキチ、これからも毎日会いに行くよ。だからもう少し病院で頑張ろうね!

|

« ルーヴル美術館展 | トップページ | ソーキチ最新画像公開! »

猫の糖尿病闘病記」カテゴリの記事

コメント

ソックス猫ソーキチも、もうすっかり病院の猫ですね。
おうちに帰るよりも、病院で飼ってもらった方がいいような気がします。
ソーキチも病院の方が過ごしやすそうですね。
祖こそっこ先生は、もう飼い主様とは思われてないんじゃないかなー。おうちに帰ってくると、病院に返してくれー、とみゃぁと鳴くに違いないのですにゃ。
ソックス猫ソーキチ、いい居場所が見つかりましたね。

投稿: くりにゃー | 2008年3月 7日 (金) 18時27分

▼くりにゃーさん、やっほ~。

さっそくのコメントありがとうございます。しか~し…

>おうちに帰るよりも、病院で飼ってもらった方が
>いいような気がします。

こらこらっ!punch

>祖こそっこ先生は、もう飼い主様とは
>思われてないんじゃないかなー。

そんなことはないっ!bomb

>おうちに帰ってくると、病院に返してくれー、
>とみゃぁと鳴くに違いないのですにゃ。

これは…ありうるsweat02

でもこれはむしろ安心材料なのかなと思います。家に帰ってきてまず一番に何が怖いかというと、リラックスして低血糖になることなんです。
でも逆に家がストレスになってくれたら、同じインスリンの量でも血糖値が若干上がってくれるので低血糖を防げます。そしてそのまま再び家に馴染んだ頃には、病院のときと同じリラックス環境になり、コントロールできるようになる。
猫はストレスに弱いから長期入院は避けるのが基本なので、最初は長期入院にかなり不安だったのですが(前の病院が特にそういう方針だったし)、しかし糖尿病コントロールに限っては、時間をとって病院に慣れさせたところで本格的にモニターするほうが、長い目でみると効果的なのかもしれないと思い始めています。
あくまでも素人考えなんですけどね。

投稿: そこそっこ | 2008年3月 7日 (金) 19時06分

病院を変えるのって、ちょっと不安や勇気がいりますが、
ソーキチ君にとって良い病院に出会えたようですね。
そして、ソーキチ君が元気になってきてる事が何よりですnote
そこそっこさんも、頑張ってねhappy01

投稿: しろぱん | 2008年3月 8日 (土) 12時19分

こんにちは☆
そこそっこさんお元気そうで何よりです。
ソーキチちゃんも安定してきたみたいで
もう嬉しくって感涙むせび泣いておりまっす~
すばらしい先生にめぐり合えて本当によかったですね。
胸をなでおろしています。
娘にもそんな獣医になってほしいです。
体に気をつけてがんばってくださいね。

投稿: OrangeCafe | 2008年3月 8日 (土) 17時35分

▼しろぱんさん、いらっしゃいませ★

お見舞いありがとうございます。
転院ってあんなにエネルギーがいるとは思いませんでした…。でも結果OKで、ソーキチが元気になっていくのを見ると、思い切って良かったと思いますwink


▼OrangeCafeさま、いらっしゃいませ。

その節はお見舞いのバラをありがとうございました。

長期入院はとても不安でした。病院に慣れるまでは気が気ではなく、あるとき院長先生に「猫ちゃんによって時間は色々だけど、絶対に慣れるから大丈夫だよ」と断言してもらい、やっと安心した次第です。
そしてここへきてようやく長期入院の意図を理解した私です(夫はとっくに理解していたようですが…)。
ナサケナイcrying

病気のときこそ近くにいて見守りたいのですが、今の私にできるのは、面会でめいっぱいスキンシップするだけ。あとは先生を信頼してお任せしています。

お嬢さん、きっと良い獣医さんになりますよ。だって、愛情いっぱいのOrangeCafeさんの娘さんですものwink

投稿: そこそっこ | 2008年3月 8日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/40413099

この記事へのトラックバック一覧です: ソーキチ入院続行中。:

« ルーヴル美術館展 | トップページ | ソーキチ最新画像公開! »