« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

やっと気持ちの整理ができました。

ソーキチが糖尿病になって、ちょうど半年が過ぎました。

ソーキチの病気がわかったとき私はまだ仕事をしていて、残り一週間ほどで退職することが決まっていました。

最初の数日は治療の都合により半日入院が必要だったので、ソーキチを病院へあずけたあと職場へ、仕事帰りにソーキチを引き取り、翌朝もあずけ・・・という感じで仕事をこなしていました。

しかしあるとき獣医師に、病院がストレスになって糖尿病が進行しているようなので、できるだけ早く在宅治療に切り替えたい、あと数日の通院ももたないかもしれない、と言われてしまいました。

こちらも一瞬困りました。あと数日で退職の日です。引継ぎもまだ終わっていません。あと数日で、2年間勤めた会社を円満に退職できるのです。

それでも決断は早かった。あと2日を残して、引継ぎもしないで退職しました。猫の病気で早めに辞めたいなんて、今の日本の社会では堂々と言えません。ウソをついて辞めました。

後味の悪い辞め方でした。2年かけて築いてきた上司との信頼を、最後の最後で失ってしまったのを感じました。でもソーキチの命には代えられないって思いました。

猫の糖尿病は治る可能性が低く、残りの猫生を、毎日インスリンを打ちながら過ごさなければならないと知ったときは、実はかなり動揺しました。

というのも、仕事を辞めたのはスキルアップのためであり、一年後には再び就職するつもりでいたからです。

しかし、インスリンによる低血糖の不安を抱えている限り、飼い主(私)の行動はある程度制限されてしまいます。夫婦ふたりだけの生活ですから、どちらかがメインで世話をしなければなりません。

私たち人間より寿命の短い生きものを飼うと決めたとき、老後や病気の世話については、ある程度覚悟をしていました。でもその時期が予想以上に早く来てしまったのです。

タイミングが悪すぎたのかもしれません。「仕方がない」と思い込むしかありませんでした。長い人生、思いがけないことが起こるのは当然なんだとあきらめるしかない、私なんて大して稼いでないんだから、これで正解なんだって思い込もうとしました。

でも、どこかでこの正解に納得できない自分がいました。未来図を失って、絶望的になっている自分がいました。

私はまだまだ、ソーキチへの愛情が足りないのかもしれない。ソーキチだけではなく、もしかしたら夫への愛情も足りないのかもしれない。だから今は、仕事より家族に愛情を注ぐために与えられた時間なのかもしれない。

放送大学を卒業したけど、大学の勉強だけじゃまだ物足りない気がする。だから今は、神さまがプレゼントしてくれた貴重な「勉強時間」なのかもしれない。

ソーキチの糖尿病から半年がたった今、やっと気持ちの整理ができ、こんな風に考えられるようになりました。

治療はまだまだ続きますが、夫や主治医の力を借りながら、ムリしないでやっていきたいと思います。

この記事のコメントの受付はいたしません。ご了承ください。

PS ワクチンの副作用がやっぱり出ました~。食欲がなくなり、低血糖にハラハラドキドキ・・・でも山は越えたようで、少しずつ元気になっています!

| | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

ソーキチの近況

暑さにもめげず、とても元気ですnote

しかし体重が・・・先日の通院で6.44キロ。

ちなみに退院後からの体重推移は、

5.55.76.06.26.4

この間、わずか3ヶ月ですよ~sweat01

糖尿病食なのに。しかも時間を決めて、(病院で教えてもらった)一定量しか食べてないのに、どーゆーことsign02

ヘンだよね~、ソーキチくん・・・。

糖尿病猫がこれ以上太るとやばいよ、と病院から言われてしまったので、泣く泣くご飯の量を減らしました。

でもソーキチは意外と平気みたいだから、今までの量は少し多かったのかな。

ともあれ、ソーキチの最新写真です。眠そうですね~。

080724_23160001 去年の夏に買ったウォーターマット、気に入ったみたいで、毎日使ってます。

来月、夫の夏休みに長野へ帰省します。ソーキチは3日ほど動物病院でお泊りすることになりそうですが、大丈夫かな~despair

でもお泊りついでに健康診断をしてもらいます。退院してからは血糖値しかはかってないけど、片腎だから血液検査や尿検査もマメにしておいたほうがいいみたい。
(もっとも体重が増えているということは、ガンの再発は今のところないってことでしょうscissors)。

最初は、お泊りのときにワクチン接種もしてもらうつもりでした。ワクチンで食欲がなくなるとインスリン投与が難しいので、病院で様子をみてもらったほうが安心かなと考えて。でも前回のワクチンからすでに1年が経過しているので、8月の接種では遅いって言われてしまったのです。

というわけで、あさってはワクチンのために通院です。ワクチン後、何事もなければいいのですが。ドキドキキ・・・heart02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

迷路と隠し絵―ブックフェア2008

さて、今年もブックフェアの季節がやってまいりました。

しかし今年は下ろしたての靴を履いてしまったせいで、靴ずれによる足の痛みがひどく、洋書バーゲンもざっと流した程度で昨年ほど精力的には動けず、夫の会社のブースに寄ったあとは途中で休んでばかりでした。

それでも、女芸人にしおかすみこさんのサイン会があると聞きつけ、痛む足を引きずってワニブックスのブースへ。人ごみにまぎれてお顔拝見(本の購入やサインはなしcoldsweats01にしおかさん、ごめんなさい)。

顔小さ~い(でも化粧ちょっと濃い~かな)。

テレビで観るよりずっときれいな人でしたよshine
夫の顔の筋肉が少しゆるんでます。
「おれ、実はけっこう好きなんだheart」とのたまう。
何年一緒にいても、彼の女性の好みがいまだによくわからないツマであります・・・・・・。

まあそれはいいとして、今回のブックフェアの(私たちの)目玉はこちら。down

アマゾンのサイトでサンプルページを見てもらうのが一番わかりやすいと思いますが、これただの絵本ではないんです。タイトルにあるとおり、「迷路」を楽しんだり謎ときをしたり。そして何より楽しいのが、 「隠し絵」を探すこと!

ブックフェアの帰りの電車のなかで夫と二人、周りに他の乗客がいるのも忘れて夢中になって探しました。

あまりに面白いので、翌日の盆のお墓参りの帰り、本屋で同シリーズのこちらも購入。down

義母、義姉、そして私たち夫婦と、家族4人でさっそく隠し絵を探しました。

「あっ、こんなところにキツネが!」
「キリンはどこ?」
「カブトムシ?え~、わかんない。見つからな~い!」
「クジラ見っけ!」
「うわっ、ワニはそこにいたかっ!」

大人の集まりとは思えないほどのはしゃぎぶりsweat01

ブックフェアで初めて手にとってページをめくったとき、イラストが細かくてすごく凝っていて、これだけでも買っていいかなって思いました。
でもまさか隠し絵あるなんてまったく気がつかなくて、版元のスタッフさんが教えてくれたときは「うわ~っ、ホントだ!」。

版元さんのお話しによると、迷路や隠し絵探しで脳が活性化され子どもから大人まで一緒に楽しめるそうですが、まさにそのとおり、大人だってはまりますっ!

近いうちに小さな子どものいる友人宅へお邪魔するので、一冊プレゼントしようと思います。子どもはどんな反応するかな~。

そこそっこはすっかり夢中です。他のも欲しいよ~~

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年7月 5日 (土)

色々まとめてご報告。

1ヶ月以上も更新しなかったのは、ブログを書き始めてから初めてかも。サボっていた理由は以下(つまり近況報告coldsweats01)。


相変らずネットワークの調子が悪いので、閲覧や書き込みがおっくになっていたから(英語ブログに使っているココログフリーなんて特に最悪だから、まったく手をつけてない。ウチのPCが悪いんですけどネ)。


日がな一日家に籠っていて変化のない生活にストレスをためたのか(ぜーたく!)、めまいが再発。幸い二日ほどで治りましたが、念のためしばらくは薬を飲みPCも禁止。今回も耳石が揺れまくっていたようです。
運動はずっとしていたのですが、エクササイズの最中に足を痛めて運動を中止することになってからストレスが一気に加速し、食欲もかなり増進、果ては胃を壊しました。悪循環からやっと少し落ち着いていたところです。


8月に受験予定だった通訳ガイド試験、受験やめちゃいました。
あまりの準備不足をわれながら痛感したので、今年は受験しても無駄だろうと、願書さえ出しませんでした。また来年目指して頑張ります。ソーキチも安定してるし、勉強のために近所の公立図書館へ通いはじめました。


ということで、英語便というのに入会し、英文メールや英文日記を書き始めました。こちらに時間をとられてブログまで手が回らないのが一番の理由かもしれません。

先日、楽しみにしていたかもめを見に行ってきました! 
近いうちにレポートアップしたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »