« 草野球公式戦ついでにお花見 | トップページ | ルーヴル美術館展@国立新美術館 »

2009年4月12日 (日)

BRASSERIE PAUL BOCUSE@国立新美術館

金曜日にとうとう大台の誕生日を迎えcrying嘆くツマを、夫がお出かけに連れてってくれました。

最初に東京国立新美術館へ行きました。建築家・黒川紀章氏デザインの建物はかなり近代的でユニーク。

まずはお昼です。3Fのレストラン、ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ

人気レストランで、混雑時は50人待ちwobbly。2、3時間待ちはけっこうザラらしい。 

この日も並んでいましたが、お昼には遅い時間だったせいか、食事を終えるお客さんがどんどん店から出てきて、15分くらいで席に着くことができました。

フランスパン、メインディッシュ、デザートのランチセットを頼みました。

なんて美味shine

メインディッシュは、白米の上に鶏モモ肉が丸ごと乗り、クリーミーなゴマだれソースがかかっています。付け合せの野菜はブロッコリー。ゴマだれがなぜか白米にぴったり。

デザートはババロアと果物とシャーベット。ババロアの甘さとシャーベットの酸っぱさ、お互いの口直しになってぴったり。ババロアなんて、口の中でとろとろにとろけるんですよ~shine

これがミシュランで三ツ星を40年間にわたり獲得している味がなのかっ。しかもこれで1500円なんて、アンビリバボーhappy02

デザートを食べ始めてから写真を撮り忘れたことに気付きましたsweat01。レストランのホームページの写真を見ながら豪華な食事内容をご想像ください。

食後は展示を見に行きました。目当てはこれ。

ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち

次の記事へ続きます。

|

« 草野球公式戦ついでにお花見 | トップページ | ルーヴル美術館展@国立新美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや、まず展示の話から入るのかな、と思ったら、いきなりランチの話からなんですねぇ。
そこそっこ先生らしいや。
でも1500円で、大満足できる3つ星ってのはいいですね。お値段お手頃で。
食べ物の写真を撮ってこないって所がブロガーとしてどうなの、て感じもしますが、それだけおいしかったということなんでしょうね。
決して、大台に乗ってぼけた、なんてことではないですよねー。
ヌーベル・キュイジーヌなんですね。だから白米かぁ。フランス料理ってぽくないフランス料理なのですね。

投稿: くりにゃー | 2009年4月15日 (水) 11時50分

▼くりにゃーさん、やっほ~

写真を撮らなかったこと、ホントに後悔しましたよ~sweat02しかも写真に気付いたのはブロガーじゃないダンナだったしgawkこれから食べる人の写真を撮らせてもらおうかと思ったほど(できっこないが)。
あのおいしさとお値段に目がくらみました。決して大台に乗ってぼけたわけではありませんから、肝に銘じといてくださいねっsign03scissors

投稿: そこそっこ | 2009年4月21日 (火) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130204/44647422

この記事へのトラックバック一覧です: BRASSERIE PAUL BOCUSE@国立新美術館:

« 草野球公式戦ついでにお花見 | トップページ | ルーヴル美術館展@国立新美術館 »