2008年7月30日 (水)

やっと気持ちの整理ができました。

ソーキチが糖尿病になって、ちょうど半年が過ぎました。

ソーキチの病気がわかったとき私はまだ仕事をしていて、残り一週間ほどで退職することが決まっていました。

最初の数日は治療の都合により半日入院が必要だったので、ソーキチを病院へあずけたあと職場へ、仕事帰りにソーキチを引き取り、翌朝もあずけ・・・という感じで仕事をこなしていました。

しかしあるとき獣医師に、病院がストレスになって糖尿病が進行しているようなので、できるだけ早く在宅治療に切り替えたい、あと数日の通院ももたないかもしれない、と言われてしまいました。

こちらも一瞬困りました。あと数日で退職の日です。引継ぎもまだ終わっていません。あと数日で、2年間勤めた会社を円満に退職できるのです。

それでも決断は早かった。あと2日を残して、引継ぎもしないで退職しました。猫の病気で早めに辞めたいなんて、今の日本の社会では堂々と言えません。ウソをついて辞めました。

後味の悪い辞め方でした。2年かけて築いてきた上司との信頼を、最後の最後で失ってしまったのを感じました。でもソーキチの命には代えられないって思いました。

猫の糖尿病は治る可能性が低く、残りの猫生を、毎日インスリンを打ちながら過ごさなければならないと知ったときは、実はかなり動揺しました。

というのも、仕事を辞めたのはスキルアップのためであり、一年後には再び就職するつもりでいたからです。

しかし、インスリンによる低血糖の不安を抱えている限り、飼い主(私)の行動はある程度制限されてしまいます。夫婦ふたりだけの生活ですから、どちらかがメインで世話をしなければなりません。

私たち人間より寿命の短い生きものを飼うと決めたとき、老後や病気の世話については、ある程度覚悟をしていました。でもその時期が予想以上に早く来てしまったのです。

タイミングが悪すぎたのかもしれません。「仕方がない」と思い込むしかありませんでした。長い人生、思いがけないことが起こるのは当然なんだとあきらめるしかない、私なんて大して稼いでないんだから、これで正解なんだって思い込もうとしました。

でも、どこかでこの正解に納得できない自分がいました。未来図を失って、絶望的になっている自分がいました。

私はまだまだ、ソーキチへの愛情が足りないのかもしれない。ソーキチだけではなく、もしかしたら夫への愛情も足りないのかもしれない。だから今は、仕事より家族に愛情を注ぐために与えられた時間なのかもしれない。

放送大学を卒業したけど、大学の勉強だけじゃまだ物足りない気がする。だから今は、神さまがプレゼントしてくれた貴重な「勉強時間」なのかもしれない。

ソーキチの糖尿病から半年がたった今、やっと気持ちの整理ができ、こんな風に考えられるようになりました。

治療はまだまだ続きますが、夫や主治医の力を借りながら、ムリしないでやっていきたいと思います。

この記事のコメントの受付はいたしません。ご了承ください。

PS ワクチンの副作用がやっぱり出ました~。食欲がなくなり、低血糖にハラハラドキドキ・・・でも山は越えたようで、少しずつ元気になっています!

| | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

ソーキチの近況

暑さにもめげず、とても元気ですnote

しかし体重が・・・先日の通院で6.44キロ。

ちなみに退院後からの体重推移は、

5.55.76.06.26.4

この間、わずか3ヶ月ですよ~sweat01

糖尿病食なのに。しかも時間を決めて、(病院で教えてもらった)一定量しか食べてないのに、どーゆーことsign02

ヘンだよね~、ソーキチくん・・・。

糖尿病猫がこれ以上太るとやばいよ、と病院から言われてしまったので、泣く泣くご飯の量を減らしました。

でもソーキチは意外と平気みたいだから、今までの量は少し多かったのかな。

ともあれ、ソーキチの最新写真です。眠そうですね~。

080724_23160001 去年の夏に買ったウォーターマット、気に入ったみたいで、毎日使ってます。

来月、夫の夏休みに長野へ帰省します。ソーキチは3日ほど動物病院でお泊りすることになりそうですが、大丈夫かな~despair

でもお泊りついでに健康診断をしてもらいます。退院してからは血糖値しかはかってないけど、片腎だから血液検査や尿検査もマメにしておいたほうがいいみたい。
(もっとも体重が増えているということは、ガンの再発は今のところないってことでしょうscissors)。

最初は、お泊りのときにワクチン接種もしてもらうつもりでした。ワクチンで食欲がなくなるとインスリン投与が難しいので、病院で様子をみてもらったほうが安心かなと考えて。でも前回のワクチンからすでに1年が経過しているので、8月の接種では遅いって言われてしまったのです。

というわけで、あさってはワクチンのために通院です。ワクチン後、何事もなければいいのですが。ドキドキキ・・・heart02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

近況報告色々まとめて

久しぶりの更新です。

更新できなくて自分でもずっと気になっていたんですけど、いかんせんPCの調子が悪いっす。騙し騙し使ってますけど、ネットワークのフリーズ頻度が高いので、ブログ書くのがおっくになっています。

とりあえず近況報告です。

ソーキチの退院から1ヶ月。自宅治療の最初の頃は、やはり家に帰ってきて安心したのか、ちょっと低血糖気味の様子を見せていたため、インスリンの量を減らしたり、マメに通院して血糖値を測ったり、少しだけ緊張の日々(もっともあの頃に比べたら全然ラクでしたが)。

そして今では血糖値も安定し、ケトアシドーシスで重症だったのがウソのように飛び回っています。すっかり元気な頃のソーキチに戻りました~happy02

ご飯をもりもり食べてくれているので、インスリンを打っても低血糖の心配もさほどなくなったので、注射と注射の間の12時間なら、ひとりでお留守番もしてくれるようになりました。

というわけで、土日は私たちもちょっぴり息抜き。夫の草野球の応援に行ったり、GWの最後の日は高尾山へ行ったりもできています。

そのへんの詳しい話はまたおいおい、PCが良くなったらということで・・・
(夫がシステムの再インストールを試してみたいといってますが、いったいいつのことやらsweat01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

未知との遭遇⑬三香温泉の朝

今週に入ってやっとソーキチの体重が元に戻りました。元気で食欲も旺盛。ご飯を欲しがってなくようになったそうです。家にいるときと同じように甘えてくるようになりました。血糖値も安定し始めているのですが、大事をとってモニター入院継続中。

ソーキチが戻ってきたらまた忙しくなりそうなので、中断していた冬の道東旅行記を書き上げてしまうことにしました!(←果たして覚えているか?

前回の記事はこちら。最初から読みたい方は、「旅:道東未知との遭遇」のカテゴリーからどうぞ!

2008/1/2(水) 朝

三香温泉の翌朝、朝食をいただいてから再び露天風呂へ。これがご主人自慢の露天風呂です。

Rimg1032 立派です。朝からこの広さで貸切露天風呂~!

 Rimg1033 女湯は周りを背の高い柵で囲まれていましたが、男湯からは屈斜路湖が一望できるのです。ご主人にお願いして男湯で家族風呂させてもらえば良かったかなー。

 お湯の温度は熱めなので、雪が積もっていてもゆっくり浸かればぽっかぽか。

それに・・・

Rimg1031 脱衣所には薪ストーブもあります。薪をくべてみたかったけど、小心者のそこそっこ、怖くてできませんでした(>_<)。

 休憩所の窓から見えるエサ台にエゾリスがやってくるそうです。私たちが起きる少し前に来ていたみたい。

 Rimg1027

 ここでエゾリスさんがご飯を食べていたんですね。会えなくて残念。

 でも他のエサ台にコガラ、コジュウカラ、ミヤマカケスが来ていました。

連泊したい気持ちを抑えながら、とうとうチェックアウトです。玄関の外で、ご主人ご夫妻とお母さまが見送ってくださいました。ああまた涙が・・・そういえば屋久島のキャンプ場でもこんな別れだった。たった数日なのに、たった一泊なのに、旅先での別れってどうしても泣いてしまうんです。

宿に着いてから知ったのですが、ご主人は年内でこの宿を手放すつもりだったそうです。でも売却がなかなか進まず、春まで延期になったとか。

偶然とはいえ、閉鎖される前に滞在できてよかったと思う反面、この個性あるあたたかな宿がなくなってしまうのはとても残念です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ソーキチ最新画像公開!

今日の面会のとき、痩せていたソーキチの背中が、ほんわり丸みを帯びてきたのを感じました。
そういえば、顔も再び横長になりつつある・・・・happy02
足も、以前のようにタラバガニの太さに・・・lovely

嬉しくて、やっと写真を公開する気持ちになれました~。

080308_15450001

 こんなドアップ、携帯カメラでは初めてかも。

 でも今日はちょっと食欲なかったんです・・・
   明日はたくさん食べようね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

ソーキチ入院続行中。

ケトアシドーシスからは完全に脱し、やっと体重も増え続けています。元気なときの体重が5キロ。重症時が4キロ。そしてただ今4.5キロ。

しかし・・・・・・・・

体重が増える=食べる量が増えている→血糖値が上がる=インスリンの量が安定しない!

今はこういう感じで、インスリンを増やしても血糖値が上がっております。まだまだ試行錯誤中。入院もまだ続きそうです。

インスリンのコントロールはまだまだですが、本猫はすっかり元気です。家にいるときみたいにスリスリしたり、伸びをしたり爪とぎしたり。ご飯ももりもり食べてくれています。毎日1時間くらい会ってスキンシップしてるんですが、最近では私が帰ろうとしても、「あ、帰るの。ボクはこのまま寝るよ~」という態度です。寂しさはありますがdespair、それだけ元気になり、病院にも馴染んだという証拠でもあります。

新しい病院の様子も少しずつわかってきました。

病院には当然ながら、猫、犬、鳥など、たくさんの動物がいます。たいていゲージのなかに閉じ込められいるのですが、この病院では、元気な動物たちは院内を歩きまわっています。動物が生活のなかに溶け込んで伸び伸び暮らしている雰囲気。夫もこの風景がとても気に入っていて、「今日はあの猫がどうだった、この犬がこうだった」と毎晩報告して、二人で大笑いしています。

スタッフの方が「ごゆっくりどうぞ」と言って、ソーキチと二人だけの時間を作ってくれるのもありがたいです。新聞紙のトイレに慣れない頃は、自宅からもっていったタオルを毎日汚して、看護士さんが毎日消毒して洗ってくれていました(他の病院ではどうなんでしょう)。

面会に行くたびに院長先生が病棟まで来て状態を説明してくれます。そして出て行くときは必ず、ソーキチの頭やあごをなでてくれます。そんな院長先生のしぐさに動物への愛情が感じられて嬉しくなります。見知らぬ人がいるとご飯を食べないソーキチですが、今日は院長先生がいる前でもバリバリ食べていました。

心配性の私を安心させようと、同じく糖尿病の重体から復活して退院が決まった猫ちゃんに会わせてくれたこともありました。

長期入院は初めてなので、その点は他の病院と比べようがないのですが、ソーキチを慎重に診てくれているのが伝わっています。

初めて病院を訪れたその日、夫はすぐに院長先生の経験の豊富さと人柄を見抜き、ここにお願いしようと即決していました。心配性の私は不安のほうが大きかったのですが、今では安心してお任せしています。おまけに自宅から通いやすくて治療費も良心的。そして何より、ソーキチがゆっくりではあるけど、確実に毎日元気になっている事実。

ソーキチ、これからも毎日会いに行くよ。だからもう少し病院で頑張ろうね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

ルーヴル美術館展

最近のソーキチ。

ケトアシドーシスから無事脱却できました!

そしてやっと病院にも慣れてきました。目の輝きが家にいるときと同じ感じになり、ご飯もたくさん食べています(このまま病院のネコになっちゃいそうで、飼い主としては少々フクザツ)。

しかしご飯を食べ始めたら、今度は血糖値が上がり始め(食べてるから当然なのですが)、これまでの最高値の記録更新(>_<)・・・ということで、インスリンの量を増やしたり減らしたり、まだ試行錯誤が続いています。

前の病院のモニター半日入院は3日間。ネコがストレスに弱いからという理由で早目の自宅治療に切り替わったわけですが、それが裏目に出て低血糖の発作を起こしてしまいました。血糖値が一番低くなる時間で測定不能だったとしても、病院にいるときはストレスがかかり実際の血糖値は少し上がるみたいです。だから家に帰ってリラックスしたとたん、低くなりすぎて倒れてしまったのだと想像しています(現在のドクターも同じ見解)。

しかし今回は病院の環境に慣れました。ということは、ストレスフリーの状態、つまり自宅にいるときと近い状態でインスリンの量をモニターできるということでもあります。自宅治療のリスクが軽減されますから、もう少し時間をかけて、きちんとモニターしてもらうことにしました。
(※病院で写真をいっぱい撮っているのですが、ケトアシドーシスでかなり痩せて、ブログに載せるのはちょっと忍びないです。もう少し元気な姿になるまでお待ちください)。

こんな感じで私もやっと少し安心したので、ソーキチのいぬ間に、友人を誘ってルーヴル美術館展に行って来ました。

大盛況。平日の昼間なのに入場制限が入っていました。テーマは「フランス宮廷の美」。フランス国王ルイ15世からルイ16世のフランス革命までの宮廷の調度品や小物を展示していました。

ルイ16世・フランス革命といえば、王妃マリー・アントワネット。贅沢三昧で国民の生活を苦しめた王妃としても有名です。ロココの王妃、とも呼ばれていました(以上、漫画「ベルサイユのばら」からの知識)。

そんな時代だけあって、小さな嗅ぎ煙草入れひとつとっても、金やダイヤモンドを散りばめた豪華品が!目がチカチカしそう。

銀であしらわれた食器や前菜入れなんかを見ても、「こんな大きいもの、置き場所に困るよね」。

これが庶民の感覚というものでしょう。

メチャでかい中国製の壷なんか見ても、繊細に彫刻された置物を見ても、「埃がたまって、掃除が大変そう」。

・・・私は絶対、大富豪にはなれませんね。

こんな風に書くと、「つまんなかったの?」と言われそうですが、いえいえどうして、十分楽しんで参りました!金・銀・ダイヤ、繊細で精巧な調度品、女性なら一度は憧れるものだと思うから・・・かくゆう私も、小さい頃はマリー・アントワネットの寝室のような天蓋付きベッドに憧れ、どうやってベッドにカーテンをつけてやろうかと幼い頭をひねっていたのですから。

入場者の9割が中高年のおばさまたちなのも頷けます(って、私もそのひとりcoldsweats01???)。きっとみんな、子どもの頃の憧れを胸に秘めてため息をついていたのでしょうね。

小さな肖像画がはめ込んである小物入れや煙草入れもありました。これって、現代人が愛する人の写真を定期入れに入れたりするのと同じ感覚なのかしら。ひと昔前は、ロケットペンダントも流行ってたし。

人間の求めるものって、今も昔もさほど変わらないのかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年2月19日 (火)

点滴がはずされました。

ソーキチの入院から6日目。毎日お見舞いに行っています。

FIV病棟には他のネコちゃんも入院しているのですが、昨日私が病棟に入ると、猫ちゃんたちがいっせいに「ふ~~~っ!」とうなりの大合唱。ショックだったのは、ソーキチも一緒になってうなっていたこと。もっとも、すぐに私だと気がついたみたいですが、噛まれるんじゃないかと手を出すのを少しためらってしまいました。他の猫ちゃんに刺激されて、ソーキチが野生に戻っているような気が・・・^^;。

そして今日、やっと点滴がはずされ、伴ってエリザベスカラーもはずされていました。静脈点滴でカリウムを注入していたのですが、身体の電解質のバランスが徐々にとれてきたみたいです。インスリンの量も少しずつ決まってきて、血糖値が安定してきました。

私が行くと、いつもお皿にご飯がたくさん残っています。病院はやはりストレスみたいで、院長先生のお話だと朝はあまり食べないとか。人の出入りが少なくなる夜に食べ始めるみたいですが、今日は私の手から全部食べてくれたので、ホッとひと安心。身体をなぜるとゴロゴロ甘えてくれるようにもなりました。あ~、抱っこしたいっ!

退院はまだ未定ですが、早ければあと1週間くらいとの話しも。早く帰ってきて欲しいと切に願う一方で、中途半端な状態で自宅療養しても、コントロールができずに再びパニックになってしまう可能性もありますから、血糖値が安定し、自力で電解質のバランスがとれるようになるまではソーキチに我慢してもらうことにします。

ソーキチ、明日も会いに行くからね。また身体をいっぱいなでるから、一緒に頑張ろう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

ごはんを食べています。

ソーキチのお見舞いに行って来ました。

点滴をはずさないようにエリザベスカラーをつけたソーキチは、ケージのなかですごく拗ねた目をして、恨みがましい声で泣いて私を迎えてくれました(>_<)。

「ごめんね、ごめんね~」と謝りながら身体をさすると、少し落ち着いた目になりました。私のことがわかったみたいです。

院長先生がやってきて、今の様子を説明してくれました。インスリンを打ち始めたので、昨夜に比べて今日は血糖値が少し下がっていました。ただ、今はケトアシドーシスから復活するのが第一目標。ひたすら輸液をして代謝を良くしながら、少しずつ増やしていくそうです。

院長がソーキチの頭をなぜながら、「環境にはすぐ慣れると思いますよ。でも元気になったら暴れそうな目をしているな」と笑っていました。

院長先生が去ったあともひたすら身体をなでていると、ソーキチは突然むくっと起き上がり、お皿に入っていた療養食を食べ始めました。 

がつがつと食べています。久しぶりに見る食べっぷりを夫に伝えなくてはと、急いで携帯動画に撮影。ご飯の残りが少なくなるとエリザベスがひっかかって食べにくそうなので、手ですくって口元にもっていきました。指までかじられてしまいそうな勢いで食べています。

「たくさん食べて、元気になって早く帰ろうね!」と何度も声をかけながら身体をさすると、やがて眠くなってきたのかボーっとしてきました。だるそうな「ボー」ではなく、眠そうな「ボー」なので、またまた少し安心。

1時間ほど話しかけながら身体をなぜていました。そしていよいよ帰ろうとしたとき、ソーキチが目を開けました。不安そうな目の色です。私が帰ろうとするのがわかったのでしょうか。「また明日来るから、ご飯しっかり食べてね!」。後ろ髪引かれながら、ゲージの扉を閉めました(ゲージには、ソーキチの首輪がかけられていました)。

帰り道、動画を夫の携帯にメールしました。元気に食べている様子を見て、彼もかなり安心したようです。

明日は夫婦で会いに行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

ソーキチ入院しました。

ソーキチが今朝、新しい病院に入院しました。

あれから症状に好転が見られず、どんどん悪くなっていく(もしくは停滞)が続き、毎日の点滴通院も追いつかなくなっていました。

今の病院では詳しい原因が今ひとつ掴めず。とはいっても、決して悪い病院ではないし、腎臓ガンの手術からお世話になっていてトータル的にソーキチをわかってくれている病院なので、転院にはかなり迷いました。夫と何度も、夜の2時3時まで話し合いました(単に夫の帰りが遅いからそんな時間になってしまうだけですが^^;)。

そして、改善しないままの状態では不安、未知の病院へかかるのも不安。どちらも不安要素が残るなら、いっそ別の病院でいちから治療をやり直すのも手ではないかとの結論に達しました。それに今後の長期療養で通院に時間がかかるのは、ソーキチにも私たちにも負担になります。

長期療養が分かった時点で転院のことが頭にあったので、なるべく近くて評判の良い病院について色々と情報を集めていました。セカンドオピニオンを求めて2度ほど電話をした病院があり、好印象をもっていたので、思い切って出かけてみました。

「動物大好きおじさん」という印象の院長先生の説明は明快でした。猫のことをよく知っている感じで、糖尿病の猫ちゃんも他にたくさん通院・入院しているようです。これまでの経緯、ソーキチの様子、口臭で、ケトアシドーシスという高血糖のひどい症状であると判断されていました。

すぐに入院治療をしてもらうことになりました。高血糖を防ぐにはインスリンを打つしかないのですが、脱水・食欲のない状態で自宅でインスリンを打つなど、危なくてとてもできませんから・・・。

そうそう、入院の際に首輪をはずすように言われたのですが、首輪についていたイフのペンダントを見た院長先生が、

「あ~これつけてるんだ。つけている子多いね~。いいよいいよ、首輪は危ないからはずすけど、ペンダントはゲージにぶらさげておこう」

こういうものにも柔軟に反応してくれる先生に、ちょっと嬉しくなりました。

新しい病院へソーキチをあずけたその足で、前の病院へ転院の報告とこれまでのお礼に行きました。突然の転院で担当医はちょっと動揺を隠せないようでしたが、通院に時間がかかることはドクターも気にしていたようで、ソーキチが良くなるならと快く同意してくださいました。そして、何かあったらまた力になりますとも言ってくれました。ガンを治してくれた担当医だったので、思わず涙が出ました。

今日は朝から泣いてばかりです。病院でソーキチと別れるとき、これまでの担当医に別れを告げるとき、そして家に帰ってきて、ソーキチがいないのだと気づいたとき・・・。

ソーキチに忘れられないように(笑)、毎日お見舞いに行きます。

一日も早く帰ってきて欲しいです。

※イフでお世話になったOrangeCafeさんからお見舞いのお花をいただきました!
080214_16370001

 じっくり眺めていると、鮮やかなオレンジが、疲れた心身を癒してくれます。

 あたたかい心遣いに、お花を見たとき、またまた涙がこぼれました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)