2006年8月23日 (水)

砂浜物語③~大航海~ byアンデルヘン

むかーしむかし、
子ガメのカァートルは海に出て、危機を乗り越えました。

一安心したカァートルはお腹が空いてきましたが、
ここは大海原の上。
手軽に食べられる貝などはありません。
仕方ないので
漂流している魚の死骸とか
クラゲを食べて過ごしました。

そうしてどの位の日が過ぎたでしょう。

手のひらに乗る大きさしかなく
軟らかかった甲羅も大きく堅くなった頃、
日本の南の島を出発したカァートルがいる場所は
どこだと思います?

日本?Rimg0103_1 いいえ。

なんと、
海流に乗って
アメリカのまでやってきたのです。
でも、まだ航海は路半ばなんですよ。

太平洋の海流は日本の沖縄あたりから
四国沖、千葉、東北、北海道、ロシア、
アラスカ、カナダ、アメリカ、メキシコへと
一筆書きのようにつながっています。

この先は?

ハワイや赤道近くです。
そして、東南アジアを経由し、
また日本へと戻ってきます。

と、いうことは?

そうです。この海流に乗って海亀は成長し、
生まれて何年か何十年か後に
日本の南の島に再び帰ってくるのです!!

うさぎもびっくりの大航海ですよね。

再び帰ってきたアカウミガメたちは、
春から夏にかけて砂浜に卵100個位の産卵を、
20日おき位に数回繰り返すのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

砂浜物語②~船出~ byアンデルヘン

むかーしむかし、
子ガメが一匹、砂浜を越えて海まで辿り着きました。

アカウミガメの子・カァートルは、
歩かなくてよくなったので一瞬ホッとしましたが、
水の中では息ができないことに気付き
すぐに慌てました。

もがいているうちに頭が水面より上になったので、
こうすれば息が吸えるんだと
わかりました。

泳ごうと試みましたが、思ったように進みません。

そのかわり、
カラダが勝手に移動しているのを感じます。
そう、海流で流されているのです。

カァートルはどうしようもなく、
ただ流れに身を任せるしかありません。

この先どうなるのやら・・

Rimg0160_1 夜が明けて朝になりました。

カァートルのまわりに
小魚の大群がやってきました。
と同時に何かの鳴き声がし始めました。

バシャ!ジュボッ!

カァートルの近くで
何かが水中に飛び込んでは
飛び出していきます。

そう小魚を狙う鳥の大群です。

「自分も食べられてしまう!」

カァートルは必死にもぐりました。
小魚の群れがすごい勢いで散ったかと思ったら、
次の瞬間、
今度はサメが歯をむきだしてやってきました!

カァートルは驚いて水面まで逆戻り。

絶体絶命!?

しかし、幸いに鳥山はすでに移動して、
サメも小魚を追ってどこかへ消えていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

砂浜物語①~無数の足跡~ byアンデルヘン

夫が旅の思い出に童話を書いたので公開したいと思います。
屋久島は、彼にとってもお気に入りの場所になったようです。

ちなみに、「アンデルヘン」がペンネーム。
有名な童話作家とは一切関係ありませんので、ご注意を・・・(^_^;)

----------------------------------------------------

むかーしむかし、
ある島に美しい砂浜がありました。

浜を歩くと、
やがて交互に丸い足跡らしきものがありました。

たどってゆくと
波打ち際から離れた砂浜に、
こどもが寝転んだぐらいの大きさで
深さ15センチ程度の窪みがたくさんあります。

Rimg0088_1 何でしょう?

誰かが落し穴にハマったのでしょうか?

いいえ、
足跡の正体は海亀で、
窪みは海亀が産卵した跡なのです。

砂浜は500メートルくらい続いていますが、
窪みも足の踏み場もないほどあちこちにあり、
ずっと続いています。

窪みをよく見ると
小さな小さな足跡がたくさん
放射線状に延びています。

これは?

そう、子ガメが出てきた足跡です。

足跡たちは窪みの山を乗り越えると、
一目散に海へ向かっています。

海亀たちはどんな一生を送るのでしょうね?
少しばかり覗いてみましょうか。

ちょうど日が暮れて暗闇になりました。
月の光を海面が反射して明るく見えます。
子ガメは明るい方に進んでくるようですよ。

ほら、また1匹子ガメがやってきました。

必死に歩いているので、
ウサギが歩くくらいのスピードがあります。
波打ち際までやってきて、
打ち寄せる波が消えたとき、子ガメの姿もなくなりました。

さあ、大航海の始まりです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

3つの扉バトン

みやびさんからいただきました。
「3つの扉バトン」。なんだかロマンチックなネーミングですね★。

バトンの決まりごと

①、②、③は回してくれた人の質問に答える。

④で、次にの人への質問を考える。

⑤で、回してくれた人へのメッセージ。

⑥で、次に回す人を3人挙げる。

だそうです。ではさっそく、みやびさんからいただいた質問です。

① 最近頑張っていることは?

★英語の勉強。
毎日少しでもやるようにしています。

★ダイエット
できるだけラクに痩せたい。何とも姑息なそこそっこ。
でも、以前に決心したプチダイエット作戦もなかなかうまくいかず、その後、やり方を↓のように変えました。

これまたテレビで知った3分間エクササイズを1日2~3回。
3分といえども、有酸素&無酸素運動を組み合わせた全身運動なので、最後には息が上がります。
これにプラスウエストひねり100回。

ダイエットのモットーは、
3分でもやらないより全然マシっ!
そう言い聞かせ、騙し騙し、1ヶ月ほど続けてみました。

そして、昨日のこと。

お気に入りのキャミソールを着たとき、少しゆるい気が。
鏡に向かった自分の姿が、いつもと何か違っている感じが。
夫に「どう?」と聞いたら、「うん、確かにスッキリしてきてる!」という返事が。

本当に痩せてきました!
食事制限も全くしてないし、例の痩せる漢方薬も飲んでないのに、です!

おまけにこの全身運動で、肩こりが解消されてきました。

1ヵ月後がさらに楽しみ♪。

② 忘れられない恋の思い出はありますか?

一人の相手をなが~く思い続けるほうなので、
苦い思いでも嬉しい思いでもたくさん。
振られてばっかりでしたけど(^_^;)。

③ 今一番欲しいものはなんですか?

来週末から夏休み♪。
旅のタイトルが決まりました。

西日本世界遺産巡り&名物料理食い倒れ

ルートは、

屋久島→阿蘇→博多→秋芳洞→宮島→原爆ドーム→京都→奈良→熊野→白浜→大阪。

青春18きっぷとキャンプ&安宿を利用して、ちょこちょこっと色々なところを回るつもりです。例えば京都は「泊まるだけ」とか(笑)。

おっと、今一番欲しいものが質問でしたね。

ということで今一番欲しいものは、

「適度によいお天気」。

寝袋とテントを虫干ししなくちゃ。
台風よ、来ないでくれ~。
夜はなるべく涼しくなってね。西日本でキャンプするのは初めてなの。寝苦しそう(>_<)

④次の人への質問3つ

そうですねえ・・・。

①恋人が待ち合わせ場所になかなか来ません。携帯もつながりません。あなたならどうする?

②会社の入社面接のとき、面接官の前でつまづいて転んでしまいました。あなたらどうする?

③一週間後に地球が滅亡! 残りの時間、あなたならどうやって過ごす?

⑤ バトン回してくれた人へのメッセージ

みやびさんですね。
ゴージャスな方、というイメージがあります。
これからも、ゴージャスな日常をぜひリポートしてください。

また、すごい努力家なんだろうなとも感じています。
努力する人は輝いているんじゃないかと思います。

ゆるゆるを忘れずに、マイペースで色々チャレンジしてくださいね。
長崎、楽しんできてください★。

⑥ 次に回す人3人

お時間のある方、
質問に答えてみたい方、
興味のある方、

遠慮なくもっていってくださいませ(^o^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

水害

中南信が大変なことになっています。

昨日はほとんどニュースを見ないまま夕方から出かけ、帰宅してから夕刊で知りました。実家が気になりました。でも、夜もすでにふけていたし、逆にこちらへ連絡がないし、立地的にも大丈夫だろうと考え、そのまま休みました。

つい先ごろ、実家へ電話してみました。
予想どおり、大丈夫とのこと。ただ、天竜川沿いが今にもあふれそうになっていて、近隣の住民は心配で大騒ぎしているそうです。

岡谷がボロボロです。死者も出ました。

新聞の報道によると、あっという間に濁流に飲み込まれてしまったそうです。中央道がなければ町は全滅だったかも、というコメントも載っていました。今年のGWは訪れた諏訪大社も飲み込まれたのでしょうか。

雨はまだまだ続きそうです。梅雨明けの見通しも立っていません。

これ以上被害が出ないことを祈ります。

PS
何かと忙しくしていて、更新がなかなかできません。週1回ぐらいのペースになってしまっていますが、細々とでも続けていきたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)