2007年5月 7日 (月)

生田緑地&最近のソーキチ

ソーキチはごちごちぶつかりながらも一人でトイレに行く方法を習得してくれました。ということで、せっかくのGWですから、午前中だけ生田緑地公園へプチハイキングに行って来ました。

今回は枡形山展望台に登ってみました。健脚向けとおすすめコースマップには書いてありますが15分ほどで登れてしまいます。

展望台は能舞台にもなっています。エレベーターで最上階まで登ると、都庁やみなとみらい、川崎市内が一望できます。もっと朝早ければ富士山も拝めたそうです。

高所恐怖症の夫はびびってました。自分から行こうと言ったのに・・・高いところ苦手なくせに山や展望台に登りたがるナゾの多い人です。ちなみにそこそっこは高いことろ大好き(^^♪。ひとりではしゃいでいました。

帰り道のあずま屋でネコちゃんたちに出会いました。

Rimg0329 のどか~~。




Rimg0330  

全部で4匹。みんなベンチを独占してすやすや。



Rimg0333 Rimg0334

Rimg0332





近づいてもまったく動じません。マイペースで眠っています。特にクロネコちゃんはツワモノでした。

Rimg0331 Nyan

一番愛想のよかったにゃんこちゃん。 スーパーモデルの素質十分。

公園内のレストハウスで早めのお昼を食べてたあと、例のごとくプラネタリウムへ。ここへ来たらメガスターを見るっきゃないでしょう!

これで3度目のメガスターですが、今回は製作者の大平さんを描いたドラマ「星に願いを」を前夜に見て予習(?)していきました。リアルタイムで見逃して悔しい思いをしていましたが、やっとDVDを借りることができました。なんとなくほのぼの、でもほろ苦く切ない青春ドラマという感じで、私はとても気にいりました。青少年科学館はロケにも使われてましたから、プラネタリウムの中に入るといっそう感慨深いものが。

GWということで子どもたちがたくさん見に来ていました。410万個の星が映し出されると、子どもたちから歓声があがりました。そっか・・・都会に住むこの子たちは満天の星を見たことがないんですね・・・。

それにしても相変らず綺麗な星空です。何回見てもあの天の川に感動!

さて、ここ1ヶ月はほとんど家に閉じこもっていたそこそっこ。久しぶりの自転車で山あり谷ありの道を走ったら、すっかり足が筋肉痛。ナサケナイ。

湿布をはりつつ、午後はソーキチの通院です。ガンの完治宣言は出ましたが、片腎になってしまったので定期的な腎臓のモニターが必要なのです。

結果は良好。手術以来、尿検査をするたびに毒素の数値があがっていて少し心配していたのですが、術後1ヶ月が過ぎた今回の検査の結果、毒素の数値は許容範囲に留まっています。これなら問題なし^o^! 

頭のおできの手術はとりあえず中止になりました。通院のたびにチェックした結果、今のところ成長が止まっているようなので様子をみることになりました。今後も定期的に腎臓の検査をするので、ついでにおできの大きさも調べ、もし再び成長の兆しが見えてきたら取ることになりました。手術しないで済むのならそれに越したことはありません。このまま小さくなってくれないかな。イフの威力とソーキチの自己治癒力を信じてみます。

今回のGWはのんびりまったり家で過ごしました。実家では久しぶりに親戚が集まったようで、会えなかったのは残念ですが、道路渋滞の話しを聞くと帰らなくて正解のだったのかもしれません。東京から私の故郷まで高速で4時間程度なのですが、このGWはなんと12時間かかったとか! 考えることはみんな同じなのね^^;。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

川崎大師へお参り

雨上がりの川崎大師です。

070311_16250001 川崎市民なのに、実は初めて訪れました。

 けっこう大きなお寺なのですね。駅を降りてすぐに長い表参道があって、さらに仲見世通りを抜けてやっと境内です。

070311_16330001  五重の塔。立派です。

 070311_16360002

雨あがりの夕暮れだったせいか、出店はほとんど閉まっていました。もつ煮込み食べたかったなあ・・・。

クロネコちゃんがたそがれてます。

070311_16350001

人懐っこいネコちゃんで、呼んだら足元にやってきました。でもカメラ目線は苦手みたい。

表参道や仲見世にはお店がたくさん並んでいました。のどあめ、おせんべいなんかが有名なんですね。おせんべいや飴の実演もやってました。

実家の母の誕生日なので、お守り、飴、おまんじゅうなどを買って、表参道にあった宅配便営業店から発送しました。

雨上がりの清々しい夕暮れでした。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年3月 5日 (月)

初春の鎌倉-その2

さて、周知のとおり、我が家の旅の計画担当者は夫であり、私はどこへ行くかほとんど知らされぬままに彼のあとについていきます。

こんなことを体験しました。

Rimg0277 浄明寺で枯山水を眺めながらお抹茶をいただきました。

そういえば、夫は昔から、「京都へ行って枯山水の庭を眺めながら縁側でのんびり読書でもしたい」と言っていました。

自宅から鎌倉まで約1時間半。京都みたいに大きな枯山水とまではいきませんが、十分趣がありました。こんな近くで叶うなんて、さすが小京都鎌倉です。

抹茶も久しぶり。祖母が表千家のお免状を持っていたので、そこそっこも小さい頃に少しだけ習いました。細かい作法はほとんど忘れていますが、思わず湯飲みを回したくなりました。少しは体が覚えているのですね。

次の報国寺の見所は、なんと言ってもこの竹林!

Rimg0280 かぐや姫を探したくなります。

 この季節だと寒いくらいの竹林の中。

 竹林のはずれに休憩所があり、ここでも抹茶をいただけます。夏はこちらでお抹茶を頂くほうが涼しいかも。

さて、旅も終わりに近づきました。鎌倉といえばやはりここへ行かなきゃ。

鶴岡八幡宮です。

そして出会いました、ホヤホヤのご夫妻で~す!!

まったくの他人が、親族のみなさまと混じって夢中でシャッターを切りました。Rimg0281

いいなあ、素敵だなあ。。。。

実はここ、私たちの結婚式候補の場所でもありました。諸々の理由で都内の式場になってしまいましたが、うーん、やっぱりここにしとけば良かったかなあ・・・。

でも私たち夫婦も、アツアツ度はこの新婚さんに負けてません!(←と願います)。

鎌倉にはこれまでも何度か来たことがありますが、お寺を巡るのは初めてで、とてもいいなあと思いました。まさに古都を巡る旅。日常を離れてゆったりした気分になれます。

日帰りでもたっぷり楽しめるので、これからも頻繁に訪れたいと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

初春の鎌倉-その1

鎌倉へ日帰り旅行に行って来ました。

さっそくまずはこちらから。

Rimg0257_1 あまりにも有名すぎる、鎌倉の大仏さま。

最初は木造だったのですが、わずか10年後に青銅で建て直されました。昔は大仏殿の中に納められていたそうですが、台風大仏殿が倒壊、最後は津波で押し流されてしまったそうです。

それでも大仏様は生き残りました。御年700歳以上。サバイバーですね。

Rimg0256_2 手乗り大仏にしたかったのですが、手の位置ちょっとずれちゃいましたね~。

中ものぞいてきました。今では地震が来ると大仏様も一緒に揺れる耐震構造になっているそうです。

大仏様を拝んだあとは、近所の長谷寺へ。歩いていけます。ここには大観音様がいらっしゃいます。

大観音様も素晴らしかったですが、それ以上に美しいのがこの庭です。

Rimg0260 こういう庭を見ると、日本人に生まれてよかったなあと(笑)。

 ここのお庭は四季折々の花が楽しめるそうです。そして本日満開だったのがこれ。

Rimg0263 「ボケ」と名札がついていました。ちょっと調べましたら、漢字で「木瓜」と書くバラ科の植物だそうです。梅とか桜っぽいけど。

Rimg0265 長谷寺にはお地蔵様もたくさんいらっしゃいました。ここだけじゃなくて、この後ろ側にもいっぱいいっぱい。数に圧倒されて思わずシャッターを切ってしまいました。

さて、長谷寺をあとにし、江ノ電に乗りました。てっきり鎌倉駅まで行くものと思っていたのですが、夫に促され、鎌倉駅のひとつ手前の和田塚駅で降りることになりました。

駅を降りて私たちを待っていたものは・・・

Rimg0272 甘味処「無心庵」。

写真、拡大してみてください。普通の民家です。さらにここのお店、思いっきり線路沿いにあるんです。線路を横切ってお店に入るんですよ~。

お汁粉をいただいている間も、江ノ電が脇を走ります。単線なので上り下りが交互に走ります。和と電車が融合された不思議なひととき・・・。

続きます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)