2007年9月 9日 (日)

仙台⑤帰宅

山寺を堪能し、いよいよ帰宅です。

2日間お世話になったAさんと奥さんに別れを告げ、新幹線に乗り込みました。夕食は駅で購入した駅弁です(これがまた楽しみなんですよね~♪)

070909_19330001 おいしそうな牛肉の味噌焼き。香りもそそります。二人して同じお弁当を買いました。どうせなら違うものを買えって分け合えばいいのにねえ・・・^^;。

070909_19370001_2 「ずんだ餅」。枝豆をつぶして甘みを加えたあんをお餅にまぶしてあります。駅の構内にこれを売っているお店がたくさんあって、仙台に到着した日からずっと気になっていました。

 この色、うぐいす豆を想像させてます。うぐいす豆大好き。さっそく試食。

 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」。

思いっきり枝豆の味です。枝豆はキライではないのですが、砂糖を加えるとなんかビビョー。残念ながら、口に合いませんでした。トホホ。

あっという間に家に着き、ソーキチが元気に迎えてくれました。今回は旅の途中で一度帰宅しているので、お留守番もまったく心配していませんでした。

信州にいるときも、シッターさんがマメに写メールをしてくれました。

070904_1347001 すっかり太ったソーキチです。まるでタヌキだわ。

 それにしてもこの姿、どこかで見たことがあるなあ・・・。

Mat_3 これだ!!

 もう何年も前に、近所のホームセンターの折込広告でこのマットに一目ぼれした夫が、自転車を走らせて買ってきたものです。

ガンの手術をして以来、ソーキチが甘えん坊になったような気がしていましたが、シッターさんもやはり同じことを感じたようでした。それにしてもあれ以上べったり甘えるって、いったいどんな風に・・・!?

夏の旅行記もようやく終わりました。季節はすでに秋。かなりのんびり更新だった旅行記に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

今年も残すところあとわずかですが、できるならもう少し更新頻度を上げたいところです・・・(^_^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仙台④山寺を甘くみちゃいけない!

昼食後、Aさんが「山寺へ行こう!」と言いました。
(この出だし、まるで小学生の作文だわ・・・・^^;)

夫「山寺って、歌になかったっけ?」

わたし「あったね~。♪山寺のおしょさんが~、鞠をつきたし鞠はなしぃ~♪ってヤツでしょ」

車のなかでこんなのん気な会話を交わすそこそっこ夫婦を、Aさんがニヤニヤしながら見ています。まるで「はしゃいでいられるのもいまのうち~♪」とでも言いたげ・・・・。

「着いたよ。うちらはここで待ってるから、上についたらメールして。30分くらいかな。登山口あっちね」。

上についたら? 30分?? 登山口ぃ~???

Map_ymdr1 ←こんな山のてっぺんまで30分で登れるもんなのでしょうか。階段いくつ登ればいいんだろう~~(泣)

立石寺(りっしゃくじ)・通称「山寺」。天台宗の高僧が開山した東北の霊場です。断崖絶壁の所々に伽藍が建てられています。かの有名な松尾芭蕉が、旅の途中でこのお寺のことを人づてに聞き、わざわざ訪れた場所でもあります。

登り始めたとき、すれ違った見知らぬオジサマから、「上まで30分だよ、ほれ頑張れ!」と声をかけられ、一気に気合いが入るそこそっこ。実は忍者だったのではないかと噂される芭蕉さんと違って私たちはごくごくフツーの一般人。ゼイゼイ息を切らせながらひたすら登る登る。だけどこの間、「風流」などという言葉は、少なくともそこそっこの辞書には存在せず・・・。

どうにか折り返し地点の「奥の院」に着き、やっとひと息。夫が一句詠みました。

山寺の 岩に染み入る 滝の汗
     舐めてかかると 膝もガクガクゥ~
(ーー;)

安産祈願のお守りを買いました。下で待っているAさん夫妻へのおみやげです。奥さん、お腹に赤ちゃんがいるのです。苦労して手に入れたから絶対ご利益があるに違いない(笑)!

降りるときにはすでに足がガクガク。山道より階段のほうが数倍もキツかったりするのですが、その苦労が報われる瞬間がとうとうやってきました!

Rimg0741 Rimg0742

←五大堂から見渡せる絶景。眺めがすごくいいよとAさんが教えてくれたけど、ここだったのですね(てっきり奥の院のことだと思っていたマヌケな私たち^^;)。

 「登って良かった!」と心底感じた瞬間でした。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

仙台③大露天風呂&おそば

この記事を書いている今日は10月9日です。しかし9月の旅行記の続きを書くため、記事の日付は旅行の日程と合わせ、9月になっていますのでご了承ください。

実は9月の下旬から、某エクササイズDVD(ビリーではありません!)を始めました。あっという間に背筋・腕筋が筋肉痛(+_+)、キーボードを打つのもひと苦労。そんな中、いつの間にか月が変わり季節はすっかり秋に移ってしまいましたが、時間を巻き戻して仙台旅行記を再び。。。。
(エクササイズDVDについては旅行記が終わってから報告予定ですが、待ちきれない方はこちらへジャ~ンプ!)

さて、御釜を見たあとは、蔵王温泉大露天風呂を見学。硫黄のにおいがぷ~ん。男湯が外から丸見えできちゃうという大胆な露天風呂ゆえ、写真撮影は控えさせていただきました(●^^;●)。

なんというか、自然そのもののお風呂・秘湯という感じですね。こんな中でくつろいだら、誰とも仲良くなれてしまいそう。冬は閉鎖されているらしいのですが、誰もいないときにこのお風呂を覗いたら、野生動物や修行帰りの山伏(?)さんがくつろいでいるかもしれないな~。冬に入ってみたいなあ~。

硫黄のにおい=ゆで卵を連想し、そろそろお腹がすいてきました。山形まで足を伸ばし、そば処三津屋へ。このおそばやさんの何が珍しいって・・・・

Rimg0738 元祖大板そば
 その数なんと12山!3人で分けていただきました。鍋ならずそばをつつき合うって珍しいなあ(笑)。
 (←すでに食べ終わるところ・・・・^^;)

そこそっこは日本そばがあまり好きではありませんで、お蕎麦屋さんに行くとたいていうどんを注文します。そんな私も、さすが信州そばは別格で、特に戸隠そばは日本一!

・・・・・・・そう信じていたのですが、いやここのおそば、戸隠そばに匹敵するくらいおいしかった! おそばそのものに自信があるから薬味は希望者のみ別売り。もちろん薬味がなくても大満足。

4人のうち一人が別のメニュー(やはりざるそば系)を注文していて、少しおすそ分けしてもらったのですが、大板そばのほうがこしがあってうまかったんです。差別化してるのでしょうか。あっという間にたいらげてしまいました。

余談ですが、夫が山形出身の同僚に、休み明けの職場でこのおそばの話しをしたら、やはり有名なお店なんだそうです。しかもその同僚のお友達が学生の頃、このお店でアルバイトをしていたとか。世の中、狭いものですね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仙台②御釜さん

さて仙台2日目(すでに最終日)。

朝から車で蔵王に向かってゴーゴー!
標高が高いのでこの時期の蔵王は寒いはず。と思いきや長袖なんか不要でした。やっぱり異常気象?

Aさんが「お釜に行ってみようか」と奥さんとお話ししてるのですが・・・お釜?? 石川五右衛門??と、私の頭ははてなマーク。

その正体はこれ↓

Rimg0735 ライトグリーンがきれい・・・・。

 自然の神秘です。

 Aさんご夫妻が冗談で「お釜」と呼んでいるのかと思ったら、本当に「御釜」という名前だったのですね^^;。

Rimg0734 そういえば以前、草津白根山で湯釜というのを見たことがあります。初めて湯釜を見たときも感動しましたが、こちらはもっと大きくて壮大な感じ。「釜」と呼ばれるのもわかる気がします。

 いつも霧がかかっていてこんなにはっきりした姿は滅多におがめないそうです。日頃の行いがいいのですね、ふふふ・・・(^^)v。

日頃の行いといえば、御釜の前に寄った「不帰の滝(かえらずのたき)」でも、最初は霧でまったく見えなかったです。

しかし粘っているうちに・・・

Rimg0724 ガスが動き始め、ほらぼんやり滝の姿が・・・。

 Rimg0726

だんだん・・・

 徐々に・・・・・・

Rimg0725 とうとう見えましたーーーっ。

 屋久島の太鼓岩といい、きわどいところでいつもラッキーな私たち。

不帰の滝の綺麗な写真はこちらでどうぞ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

仙台①牛タン・松島・お寿司!

台風でフェリーの旅が中止になったものの、仙台はあきらめません。しかし陸路を使うのならば東京経由のほうが断然近いので、金曜日はいったん自宅に帰り、翌日土曜日に新幹線で仙台へ向かいました。

東京駅から1時間半。都会の通勤時間並み。故郷に帰るより全然近いよ~。

仙台では、夫の幼馴染のAさんにお世話になる予定。Aさんとの待ち合わせの時間まで、仙台名物牛タンをいただくことにしました。

Aさんおすすめの利久へ。

Rimg0711 夫は定食。




Rimg0710 私はビーフシチューを。シチューの中に牛の旨味がこってり。
 うま~~っ!

昼食後、Aさんと合流。地下鉄に乗ってAさんの自宅へ向かいます。
仙台が初めてのそこそっこですが、かなりの都会ぶりにオドロキです。それにしても相当蒸し暑い仙台。「いつもこんなに暑いの?」と聞くと「今日は特別だよ」とAさん。台風一過せいなのでしょうか。

Aさんの奥さんとも合流して、Aさんの車で松島に行きました。数年前に転勤で越してきたAさんはすっかりここが気に入っている様子です。都会なのに、ちょっと車を走らせるとすぐ海や山に出られるから、暮らしやすい土地なのかも。

日本三景のひとつの松島(他に京都の天の橋立、広島の厳島があります)。

Rimg0717_2 瑞厳寺本堂へ向かう参道です。立派な杉の木。戸隠にちょっと面影が似てるかな。

Rimg0712
 五大堂をつなぐ橋の上で。実はツーショットの写真はめずらしいのです。今回はいっぱい撮ってもらいました。

Rimg0713 Rimg0714 Rimg0716

近くから見た松島なんですが・・・・正直、素晴らしさが今ひとつ実感できず^^;。

そんな私たちの心を見透かしたように、Aさんがとっておきの場所に案内してくれると・・・

Rimg0718 おおおおーーっ!
 パンフレットで見かける風景だ。これぞ松島!

 Rimg0719

Rimg0720

 夕暮れであまり写真うつりがよくないですが、実物はもっとくっきりはっきり。

夕飯は、これまたAさんおすすめのお寿司屋さんに。海の近くなので魚介類が新鮮なのね。

メニューのなかに“ぶどうえび”というのがありました。どんなえびだろう。さっそく調べてみると、幻のえびといわれるもので、北海道の海に多いのかな?
夫が食べたがっていましたが、今回は台風のため水揚げなし。時価ということは、けっこうお高いのでしょうか。あまり獲れないのでしょうね。

夜はAさんのおうちでリラックス。夫にしてみれば幼馴染との久しぶりの再会で(なんと小学生からの付き合いだって!)、積もる話しもあったようで、夜中にオトコ二人して近所の290円ラーメンを食べに言っていたようです(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

旅バトン

シュガコさんのブログから拾ってきちゃいました~♪

旅バトンです。そこそっこの旅はちょっとフツーじゃないかも・・・?

1.今までに旅をしたことのある場所を教えてください。
国内
北海道、青森、福島、岩手、秋田、宮城、山梨、群馬、長野、富山、栃木、愛知、岐阜、福井、静岡、群馬、神奈川、千葉、八丈島、京都、奈良、和歌山、三重、大阪、兵庫、山口、香川、宮崎、鹿児島、沖縄、かな・・・。

家が料理店をやっていて、年に一回、社員旅行&家族旅行を兼ねてあちこち行きました。

海外
香港&マカオ、ハワイ。

香港は小学5年生の頃、父と二人だけの旅行でした。
しかしマカオのカジノは小学生にはタイクツだった記憶が・・・(^_^;)。
ハワイは中学のとき、英語の勉強で2週間滞在しました。
つまり、成人してから海外へ行ってない\(◎o◎)/!
しかも夫は日本から出たことがない!
ああ、今年こそは・・・・・・・・・・・・・・・・・・!

2.その中で一番よかったところはどこですか?
思い出はたくさんあります。

社員&家族旅行のとき。
小さかったんでどこかは忘れちゃったけど、海沿いのコンドミニアムを借りました。海辺でみんなで釣りをして、釣った魚を板前だった父がその場で下ろすとき、父の周りをお弟子さんたちが囲み、包丁さばきを真剣に学ぶのです。何しろ社員研修旅行を兼ねてましたから・・・子ども心に、今はみんなに近寄っちゃいけないんだな~って感じました。

青春18きっぷの旅!
削除前のブログでも紹介したことがありますが、夫と二人で青春18きっぷで鈍行列車を乗り継ぎ、日本海側を北上、フェリーで北海道上陸! いろんな所を少しずつ訪れて、すごく充実した旅でした。

北海道自転車旅行の旅!
MTBを分解して飛行機に積んで北海道まで持参し、釧路→屈斜路まで一週間ほどかけて、キャンプをしながらのんびり走りました。最後には足が筋肉痛になり、鎮痛剤を飲んで乗り切ったのも、今ではいい思い出です。

北海道はほぼ毎年行くのですが、そのたびに「テーマ」を決めています。登山&釣りの旅とか・・・山で死にそうになったことも・・・(@_@)。

3.もう一度必ず行きたいところはありますか?どこですか?
香港
当時は貧しい国でした。私と同じくらいの年頃の子どもが、観光客にモノを売っていました。水上生活者がたくさんいました。今はどうなっているのでしょう。

ハワイ
ハワイ島の自然はすばらしかった!
日本人の子どもばかり100人くらいと、ハワイ島にある私立学校の寮に宿泊しました。広大な敷地で浴びたスコールと、その後の美しい虹が忘れられません。願わくばあの学校へもう一度行きたい!

4.旅で起きたびっくりどっきりハプニングを教えてください。
これも書ききれないほど・・・(笑)。

自転車旅行のとき・・・
運動音痴の私は、MTBを上手に乗りこなせない(>_<)。
出発当日、自宅から空港直通便のある駅までMTBで行ったのですが、荷物は重いわ信号停止は多いわ、走り方が安定しないの・・・。何度も転びそうになり、とうとう「もう行けない!」と半べそ状態。練習したはずなのに・・・(泣)。主人はホンキで「こりゃ中止かな~」と思ったそうです。何とか駅に到着するも解体に時間がかかり、今度は出発便の急遽変更を余儀なくされました。
でも北海道に上陸したら、道は広いし信号はないし、スイスイ走れてほっとひと安心♪。
あ・でも、途中で夫婦喧嘩もしました。怒った私が踵を返し、せっかく登った坂をぴゅーっと降りてしまいました・・・(^_^;)。当然、夫も降りるハメになりました。

空港へ遅刻
一回や二回じゃありません。
遅刻してキャンセル待ちをしたことがあります。ラゲージが間に合わなくて、大きなバックパックを抱えて搭乗口まで走ったこともあります。チェックイン締め切り5分前に空港へ到着、荷物検査をする時間がなくて、ガスバーナーを積んだままのバックパックが機内に運ばれたことも・・・爆発しないでヨカッター。
空港関係者のみなさま、大変ご迷惑をおかけしました。。。(ーー;)。

清里まで釣りに行って
釣竿を持っていくのを忘れた。しかも入漁券を買ってから気がついた(ーー;)。

5.旅で出会った忘れられない人はいますか?
自転車旅行で出会ったバイク乗りのみなさま。
バイクツーリングはずっと憧れだったのですが、免許を取る自信がなく、チャリダーになりました。上り坂で懸命に自転車をこぐ私たちに、みなさんが激励の合図を送ってくださったのが、何よりの励ましでした。

つるいキャンプ場で出会った初老のご夫婦。
このご夫婦、自宅は釧路にあったようなのですが、夏はずっとキャンプ場に住んでいました(たまに洗濯をしに釧路の自宅へ帰っていたようですが・・・)。
ご主人が、テントを張るときのロープワークに独自のテクニックを持っており、若いキャンパーたちに色々アドバイスしていました。ご夫妻のテントの中をお邪魔しましたが、ものすごく快適!
キャンプ場のヌシのようなお二人でした。

6.旅するならどっち?
これは団体旅行か個人旅行のどっちかでいいのかな?
夫の厳然たるポリシーによると、個人旅行しかありえないそうです。
色々調べて計画を立てて、旅のしおりを作るのが何よりも楽しいらしい。
そして私は、その旅にくっついていくのが大好き(^・^)。

7.旅に必ず持っていくものを5つ教えてください。
え~、なんだろう。

①コンタクトレンズあるいはメガネ→これがなくては楽しめない。

②旅のしおり→夫が毎回作ります。

③ウェットティッシュ→山の中でテント泊するときは、これで身体を拭きます。

④熊除けのベル

⑤ホイッスル→方向音痴の私には必需品・・・

これって、登山のときの必需品ですね・・・(^_^;)。

8.新婚旅行に行くならどこに行きたいですか?
諸事情により行けなかったけど、今から行くなら・・・やっぱりハワイかな♪。

9.これから行ってみたいところはどこですか?
国内
白神、屋久島、小笠原・・・他にもいっぱい。リピートしたいところもいっぱい。

海外
カナダ、フランス、ドイツ、エジプト、ペルー(マチュピチュ)、アラスカ。

10.一緒に旅をした愛しい人にメッセージをどうぞ。
いつも楽しい旅をありがとう。
今年は夏休み取れますように、ぜひともガンバッテください。

11.旅バトンを5人に回してください。
やってみたい方、ぜひどうぞ!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年3月13日 (月)

スキーをやらないスキー旅行 その2

スキーをしないスキー旅行2日目。
朝食はバイキング。同じく朝からテンション高かった。みなさん元気です(^・^)。

午前中はスノーシューです!
(スノーシューってなに? という方はこちら

重ね着の上にさらに登山用のレインウェアを羽織り、マイ・ストック(登山用を持参)を手にして準備完了。
その姿を見た仲間のひとりが、

「そこそっこさん、今日はイキイキしてるね~」

もちろん!せっかくスキー場に来たのだから、ウィンタースポーツも楽しまねば。

スノーシューは2回目です。以前、夫と一緒に日光で経験しました。

今回は自然学校のスノーシュープログラムに申し込みました。2種類のプログラムのうち、「動物の足跡探検」を選択。コースがラクそうだから(^_^;)。
私たちのグループからは3名、他に女性が1名、合計4名。この人数にガイドさんがついてくれます。なんてぜいたく(^・^)。

リフトに乗っていざスタート!

深雪を踏みしめる音が響き渡ります。快感です。

上のほうから下へ歩いて降りるのですが、林の中はまるで自然を利用したアミューズメントパーク。

雪をかぶったトンネルの中を、小さな穴からすべり台のように滑りました。想像以上にスピードが速くて、気分はクール・ランニング映画、ご存知ですか?

あらゆるスロープがすべり台に早代わり。童心に戻ってきゃあきゃあ大騒ぎです(^O^)/

若い3人でスロープの駆け下り競争。よーいドン!

休憩時間、ガイドさんが雪に穴を掘って椅子を作り、コーヒーとクッキーをサービスしてくれました。クッキーは安比の牧場で作ったもの。おいしくて、あとでお土産用に買いました(もちろん自分用)。

動物の足跡があらゆるところに見えます。ウサギ、リス、キツネ・・・。日光でも足跡見ましたが、こんなにたくさんあるとは!

2時間、たっぷり歩きました。初心者コースだからへのカッパ、とタカをくくっていたのですが、けっこうな運動量。午後のきついコースを選ばなくて良かったです>^_^<。

スノーシューを終えて、スキー組と合流し、かまくらの中でお昼を食べました。

チーズフォンデュ。ガーリックトーストや野菜を、牧場で作ったまろやかなチーズにくるんでいただきま~す(~o~)。
目の前にコンロの火があるし、ひざ掛け毛布を貸してくれるので、さほど寒さは感じません。でも利用時間は1時間のみ。あまり長時間火を使っていると、かまくらがとけてしまうから(当たり前か)。

お昼を食べたあとは、私以外のメンバーはスノーモービルに興じていました。男性群は非情なるレースバトルに突入、スタート前から熱気むんむん。その間、私はインストラクターのお兄さんと雑談。偶然にも、前日にタンデムしてくれた人だったのです。

楽しい旅も終わりに近づき、みんなでお土産を買いました。夫にはビーフジャーキーとサラミ。ビールのおつまみです。

さてさて、気になるのは家に残してきた夫とソーキチ。夫を置いての旅行は初めてだったので、申し訳なさ半分、喜び(?)半分。
途中で何度か自宅に電話をしましたが、そのたびに聞えてくるのは彼の寝起きの声(^_^;)。のんびり体を休めていたようです。
2日間、何食べてたの?と聞いたら、「ひたすらカレー」。お鍋いっぱいのカレーを見事に平らげてくれたようで・・・。
おみやげのジャーキーをさっそくかじっていました。「私にもちょーだい」。しかし時すでに遅し。全部食べられていました。
ちなみにソーキチは、夜は私の枕に頭を乗せて寝ていたそうです。

初めてがいっぱいの旅は、こうして無事に終わりました。

スノーシューやチーズフォンデュのもっと詳しい様子や写真は、やはりシュガコさんのブログでお楽しみください(^^ゞ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

スキーをやらないスキー旅行 その1

安比リゾートへ男女6人で行って来ました\(~o~)/。
みんなほどほど年齢も近くて、まるでスキー合宿(笑)。

実はそこそっこ、男女のグループでワイワイ旅をするの初めてだったのです。この年でこんな楽しさを味わえるとは・・・人生、何が起こるかわかりません。

ダンナさまとソーキチはお留守番です。前日に山ほどのカレーを作っておいたから、飢えることはまずないでしょう、よしよし。

けっこう朝早い新幹線に乗り、3人がけのシートを向かい合わせて、朝から全員ハイテンション(^_^;)。

スキーがメインの旅行なんですが、私、スキー滑れません。しかも足の靱帯を痛めているので、転びやすいスポーツはちょっとやばい・・・。でもメンバーのなかにスキーをしない人がもうひとりいたので、スキー以外のことを楽しみました。
う~ん。スキー場へ行ってスキーをしない ・・・大胆な試みです。

幸い、安比リゾートは施設が充実してます。ラッキー(^・^)。

まず、スノーモービルを体験しました!

・・・ところがここにも障害が(>_<)。

そこそっこ、運転免許を持っていません。いえ、持っていなくても運転して良いのですが、とにかく「エンジン」みたいなものを載せた乗り物を運転するのが怖いのです。小学生のころ、鈴鹿サーキットのゴーカートでハチャメチャな運転をしたのがトラウマになっているらしく・・・。

でもそこはさすが安比リゾート。タンデムといって、インストラクターが運転してくれるコースがあるのです。やるじゃんっ。

せっかくだから、ちょっと足を伸ばして林間コースへGo!

ひょえ~、寒い!! でも気持ちいい~!!!

高原まで足を伸ばしました。雪をかぶった連峰(名前はわからない)が遠くに見渡せます。

自分で運転するのはダメだけど、後ろに乗って風を切る のは大好きなのです。バイクの後ろとか、ジェットコースターとか・・・。タンデムにして正解!

でも、スノーモービルはあっという間に終わってしまいました。
さて次はどうする。

なんと、スカッシュをすることに決まりました・・・。
(スキー場でスカッシュやるかー!???なんて言わないでネ(^_^;)。

テニスはやったことありますが、スカッシュもこれまた初めて。
まさスカッシュをやることになるとは思ってなかったので、Tシャツなんかありません。長袖・ジーンズで挑みました
暑~っ(;・_・;;)

でも楽しかったんです~。中学生のころ、あるテニスマンガに夢中になって、よく壁打ち練習してました。そのときの成果がこんなところで発揮されるとは!
それに、足を痛めて以来、激しい運動からわざと遠のいていたのですが、30分のスカッシュが平気だったので、自信がつきました♪

スキー組と合流して、夜。

おいしい焼肉をお腹いっぱい食べたあとは、もちろん卓球(^_-)-☆
(旅っていったら、夜はこれっきゃないでしょう!)

2組に別れ、ジュースを賭けた熱戦 が繰り広げられます!
してその結果は・・・
運動音痴のそこそっこが足を引っ張り、負けてしまいました。今、この場を借りて深くお詫び申し上げます・・・ゴメンなさい(>_<)。

大浴場で疲れを癒し、早々と休みます。

明日はスノーシューが待っています。続く。

写真は、一緒に行ったシュガコさんのブログで堪能してください(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)